運営者 Bitlet 姉妹サービス
665件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-14 一関市議会 第68回定例会 平成30年12月(第5号12月14日) 安倍政権が行った金融緩和政策と円安誘導等により、輸出大企業は膨大な為替債権を手にしました。  既に470兆円にも達しております。  一方、労働者や事業主の生活と営業は停滞が続いております。  社会保障はどのように変化したか御存じでしょうか。  年金が既に1.4%も切り捨てられております。   もっと読む
2018-09-18 釜石市議会 平成30年  9月 決算特別委員会-09月18日−02号 復興事業とか、当市の場合、市内の主要企業の影響が大きいものだから、為替相場の変動とか、輸出型産業でもあるので海外の需要等によって主要企業の業績がふえたり減ったりしたことで、それが市の法人市民税に影響している状況である。29年度については業績がとてもよかったことで、このように伸びている状況である。 もっと読む
2018-06-07 紫波町議会 平成30年  6月 定例会(6月会議)-06月07日−02号 3点目は、国では農畜産物の輸出を積極的に推進しておりますが、それに対応できる当町の牛、豚、そして鶏等の飼育管理が求められることは当然のことであると思います。今までも家畜伝染病に対して、毎年、県の家畜保健所より飼育管理や衛生管理の調査が行われてきておりました。  今後、さらに家畜伝染病に対する侵入防止、防疫対策の強化・継続を徹底するべきではないでしょうか、お伺いいたします。   もっと読む
2018-03-15 紫波町議会 平成30年  3月 予算決算常任委員会(3月会議)(2)-03月15日−01号 また、輸出の拡大に向けまして、相手国先でありますが、その認定取得要件であるHACCPの認定施設にならなければならないということで、衛生環境も改善しなければならないという部分がございました。  海外につきましては、主にアジア地域を想定しているということでございますが、この輸出拡大に取り組む、そして国内外における、岩手県の肉豚の遊離販売を進めていくということでございます。 もっと読む
2018-03-13 滝沢市議会 平成30年  3月 予算決算常任委員会-03月13日−予算審査−04号 内訳は、小麦の41ヘクタール、大豆26ヘクタール、輸出米16ヘクタールの合計83ヘクタールを目標値と設定したものであります。  以上です。 ○委員長(遠藤秀鬼君) 仲田孝行委員。 もっと読む
2018-03-12 釜石市議会 平成30年  3月 予算特別委員会-03月12日−02号 さらに市内の主要企業の状況であるが、輸出型産業も堅調であることと、あと昨年度の大幅減少を見込んだ理由の一つとして為替相場の件もあったが、為替相場についても今のところ安定している。もちろん予算を見込んだ時点でも安定しているということで増額を見込んでいる。あと固定資産税についても復興がだんだん進んでおり、土地利用や家屋の建築の増加とかがあるので増収と見ている。 もっと読む
2018-03-08 釜石市議会 平成30年  3月 定例会(第1号)-03月08日−04号 釜石港でのサバを中心とした冷凍魚のコンテナ輸出は、昨年実績で370TEUで、4年前の約5倍と急伸しており、世界的な広がりとなっている和食ブームと相まって食の国際化が確実に進行していることを示すデータとなっております。  また、岩手県はブロイラーの出荷で全国第3位、牛の肉用飼養で全国第5位となる畜産県でもあり、冷凍魚と同様に畜産品の輸出にも視野に入れた港湾ソフトの整備が必要となっております。 もっと読む
2018-03-06 紫波町議会 平成30年  3月 定例会(3月会議)-03月06日−03号 台湾につきましては、今JAいわて中央のほうでリンゴの輸出をしているところでございます。また、県知事初めJAの組合長さん、振興局長さん、トップセールスなども行っているところであります。  リンゴにつきましては、かねてからベトナムに始まりましてタイ、そして今回台湾ということで拡大をしてきたという経緯があります。 もっと読む
2018-02-26 釜石市議会 平成30年  3月 定例会(第1号)-02月26日−01号 市税のうち固定資産税は、東日本大震災で被災した住宅の再建が進んだことなどから5200万円の増となり、個人市民税は、復興特需が落ちつきつつあるものの、全国的な景気回復による給与所得の向上や、雑損失繰越控除の終了などが影響し、また、法人市民税は、円相場が円安傾向で推移したことによる輸出型産業の増収などにより、市民税全体で4億7600万円の増となっております。   もっと読む
2018-02-26 一関市議会 第65回定例会 平成30年 3月(第4号 2月26日) 実際、情報通信政策研究所の発表によりますと、少し古いですが、2013年の日本の放送コンテンツ海外輸出額は約138億円で、このうちアニメーションが62%を占めるとあります。  また、過日フランスを訪れた方に伺った話ですが、パリの地下鉄のあちらこちらに日本のアニメがあふれていたというお話を伺いました。   もっと読む
2018-02-06 奥州市議会 平成30年  2月 定例会(第1回)-02月06日−06号 輸出の取組みの中で、特にこの商工観光部門において、農林部門は新しい動きが出てきているわけですが、商工部門においてもぜひとも積極的な動きをと思っていますが、平成30年度考えられていることがあるのかどうかお伺いします。 ○議長(佐藤修孝君) 渡辺維持管理課長。 ◎維持管理課長(渡辺恭志君) 除雪の委託業者の数、年々減ってきているということは先般の答弁でも申し上げさせていただきました。 もっと読む
2018-01-31 奥州市議会 平成30年  2月 定例会(第1回)-01月31日−03号 ◆11番(佐藤郁夫君) ちょっと質問、通告にはございませんでしたが、過般、部長はシンガポールのほうに、ふるさと農協さんのほうで、いわゆる輸出するために宣伝に行ったということだったんですが、これ輸出米はあれですね、この中には含まれないということですよね。たしかそうお聞きしましたので、状況は非常に、去年は江刺農協では台湾でしたか、行きませんでしたか、失礼しました。 もっと読む
2017-12-11 一関市議会 第64回定例会 平成29年12月(第4号12月11日) 次に、一関市産の農産物の輸出についてのお尋ねがございました。  安全・安心で品質のよい農産物の輸出は、人口減少等による国内市場の縮小が懸念される中で、多様な販路の確保による生産者の所得の安定や産地の評価の向上につながるものと考えられるため、今後検討すべき取り組みであると認識しております。   もっと読む
2017-12-11 滝沢市議会 平成29年 12月 定例会-12月11日−一般質問−02号 世界的には、明確に再生可能なエネルギー重視や脱原発の方向に転換しつつあるにもかかわらず、日本政府は原発再稼働や二酸化炭素の排出が多い石炭火力発電所の国内建設、原発や石炭火力発電所の国外輸出の政策に固執し、多くの自然エネルギー先進国や温暖化防止に取り組む国際NGO、NPOのひんしゅくを買う状況になっています。   もっと読む
2017-12-11 滝沢市議会 平成29年 12月 定例会-12月11日−一般質問−02号 世界的には、明確に再生可能なエネルギー重視や脱原発の方向に転換しつつあるにもかかわらず、日本政府は原発再稼働や二酸化炭素の排出が多い石炭火力発電所の国内建設、原発や石炭火力発電所の国外輸出の政策に固執し、多くの自然エネルギー先進国や温暖化防止に取り組む国際NGO、NPOのひんしゅくを買う状況になっています。   もっと読む
2017-12-08 金ケ崎町議会 平成29年 12月 定例会(第5回)-12月08日−一般質問−02号 東北で生産あるいは消費する外国貿易貨物の自地域取扱率、要するに東北で生産したものを東北地方の港湾から輸出するというふうな取扱率というのは全国最低水準だと言われております。ほとんどが東京港、横浜港を通じて輸入、輸出となっております。 もっと読む
2017-12-07 紫波町議会 平成29年 12月 定例会(12月会議)-12月07日−02号 この具体的な部分をお伺いしたいのですが、さらには農業生産工程管理としてギャップ、これは輸出とかいろいろなことに関しては重要であろうと捉えておりますけれども、その点にもついてお伺いしたいと思います。というのは、最近特に認定農業者の方々からお聞きいたしますのは、例えば一つの例でございます。機械の導入をしたいけれども、なかなかそういう事業が見えてこない、乗らない、乗ることができない。 もっと読む
2017-12-07 一関市議会 第64回定例会 平成29年12月(第2号12月 7日) そして、この食と農の景勝地に係る具体的な5年間の取り組みというような部分で申し上げさせていただきますと、もち食の魅力発信、それから新商品の開発ともち食の供給体制の強化、3つ目が農林畜産物等の安定供給や輸出に向けた対応、4つ目が地域連携による誘客の促進と受け入れ体制の整備、それから次世代を担う人材の育成といったようなものを柱に掲げてございます。   もっと読む
2017-12-01 一関市議会 平成29年第64回定例会 平成29年12月 質問通告書   ・ 上記の2点に新たな視点でどのように取り組むのか   ・ ILC(国際リニアコライダー)の誘致やエネルギー循環型    施設建設にどのように取り組むのか 2 国際化に対応した一関市の振興について  (1) インバウンド(外国人観光客の誘客)を増加させ、市内の   活性化を図る取り組みは  (2) 市内産農産物の輸出 もっと読む
2017-09-21 滝沢市議会 平成29年  9月 予算決算常任委員会第3専門委員会-09月21日−決算審査−01号 ◆委員(桜井博義君) 私からは、107ページ、6款1項、担い手支援育成事業、いわゆるさまざまな転作等に補助金出しているようですけれども、その状況、特に輸出米についてどのような状況になっているのか伺います。  そして、今後この手の見込みというか、実際伸びているのか、その点について。   もっと読む