32件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

花巻市議会 2017-12-04 12月04日-02号

在宅の障がい者が安心して暮らすための主なサービスとしては、自宅での身体介護家事援助等を行う居宅介護、知的障がい者や精神障がい者が外出する際の危険回避のための支援を行う行動援護や、目の不自由な方へ移動支援を行う同行援護通所施設での日常活動として生活介護就労継続支援があり、障がい者が社会生活を送る上で不自由とならないよう各種サービスを提供しております。 

花巻市議会 2016-12-07 12月07日-04号

この事業では、要支援者対象とした介護事業所による通所介護サービスは今までどおり、身体介護を含め、あるいは身体介護のないサービスにつきましても提供しながら、そのような事業所によるサービスとは別に、この場合は訪問介護のうち身体介護が除かれますが、掃除洗濯ごみ出しなどの生活援助のみに限って、介護事業所以外の多様な主体によるサービス提供が可能となりました。 

雫石町議会 2016-09-06 09月06日-一般質問-03号

次に、訪問介護生活援助福祉用具レンタル町内利用者への影響についてですが、三菱UFJリサーチコンサルティングによる介護人材類型化機能分化に関する調査研究事業報告書によりますと、入浴介助おむつ交換などの利用者に直接触れる身体介護と違い、生活援助掃除や調理、買い物、薬の受け取りなどといった介護に関する知識技術をそれほど有しない者でもできる、または介護に関する基本的な知識技術を備えた者であればできると

釜石市議会 2015-03-13 03月13日-04号

総合事業によるサービスのうち、身体介護機能訓練等を必要とする通所介護のような専門的知識を必要とするサービスは、原則として既存介護事業所により、サービス提供をしていただくことを想定しております。また、専門的な知識を必要としない軽微な生活支援サービスコミュニティサロンのような事業は、NPO民間事業者住民ボランティアなど地域の多様な主体を活用していくことで検討してまいります。 

釜石市議会 2015-03-10 03月10日-02号

総合事業は、身体介護機能訓練等を必要とする通所介護のような専門的なサービスは、既存介護事業所などによりサービスにふさわしい単価で提供し、専門的な知識を必要としない軽微な生活支援サービスコミュニティーサロンのような事業は、NPO民間事業者住民ボランティアなど地域の多様な主体を活用し、低廉な単価サービスを提供するものであります。 

釜石市議会 2014-12-16 12月16日-03号

事業内容としては、身体介護機能訓練を伴う通所介護などは、既存介護事業所を活用することとし、専門性の低い生活支援サービスサロン等サービス提供については、サービス利用者ができるだけ在宅での生活が維持できるよう、利用者のニーズに合わせ、NPO法人地域住民などで構成する任意団体など類似の活動を行っている団体と協議しながら、サービス提供内容を決定していきたいと考えております。 

花巻市議会 2014-03-04 03月04日-02号

高齢者人口がピークとなる2025年を見据えた中長期的な高齢者福祉サービスも加味しながら、高齢者が住みなれた地域で暮らしていくために、さらなる地域における見守りや高齢者相互で支え合う仕組みづくり介護施設基盤整備に当たっては、団塊の世代が75歳の後期高齢者となる2025年ごろまでは増加傾向となるものの、少子化の影響でその後、高齢者人口は減少に転じると予想されることから、先を見据えた整備のあり方を考慮し、身体介護

宮古市議会 2008-09-29 09月29日-04号

これによってこれまで2時間以上のホームヘルプサービスを行ってきた訪問介護事業者は、サービス内容見直して1時間半に圧縮をするか、あるいは可能なものは身体介護等のサービスを加えた形で時間を確保して2時間という形にするか、あるいは1時間ずつ週2回のサービス、回数をふやす、こういう方法で介護サービス事業者の方々はこの問題に対応してきたというふうに言われております。

滝沢市議会 2006-09-12 09月12日-一般質問-02号

その調査項目は、高齢者対象とした介護保険項目をそのまま使用していることから、身体介護に関するものはある程度反映されるけれども、知的障害精神障害の場合には反映しにくくなっており、実態と違うという苦情が全国的に寄せられております。本村の場合には、そのような混乱というものはなかったのかどうか、この点について確認をいたしたいと思います。 4点目です。

花巻市議会 2004-09-08 09月08日-04号

本年度はモデル事業として、身体介護中心から痴呆にシフトしました。そのようなサービス体系の確立が進められております。本格的な痴呆対応は、これらの事業の成果を見ていかなければならない面もあります。しかし、既に民間によって積み重ねられた対応について、現時点で十分に生かしていかなければならないと思われます。 

宮古市議会 2002-09-26 09月26日-04号

これは特に家事介護身体介護に比べて報酬が低い。よって、内容見直しが必要である。当市の考えをお伺いする。 以上、介護保険見直しに当たって代表的意見を具申いたします。当市においても、見直し作業は終わったものと思います。介護保険制度をよりよい制度にするためにも、現場の意見を取り入れ、利用者の側に立って改善する必要が急務と思います。 

  • 1
  • 2