4694件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

金ケ崎町議会 2026-09-04 09月04日-01号

昨年8月から実施した高校生までの医療費に係る自己負担無料化、また今回の小学生まで拡大した現物給付による医療費の伸びや、増加した医療費財政に及ぼす影響等が不明なことから、現時点では実施についての賛否は、まだ判断をしかねるところでございます。 次に、国保税子供均等割引き下げについてお答えをいたします。

金ケ崎町議会 2024-12-09 12月09日-03号

しかし、利用者からの負担ということについては、随時今後考えていかなければならないと。これは、利用者からの料金で経営をするという企業会計という意味ではなくて、下水であろうが上水であろうが、利用者負担が前提で事業を行ってくださいと、こういう中身を総務省が通達、通知として出しているわけです。ですから、それに各自治体が合うように、時間をかけながらであっても合うようにしていかなければならない。

大船渡市議会 2023-12-11 12月11日-02号

それでは、具体的な事項に移りますが、市長はその演述の中で、少子化対策の項においては、合計特殊出生率2.1を目指す、結婚から妊娠、出産、子育てに至る切れ目のない支援妊娠期から子育て期に至る継続的支援体制の構築、市独自の子育て世帯に対する経済的負担軽減を総合的に推進、ニーズや環境変化を捉えた施策の検討などをうたわれております。  

金ケ崎町議会 2023-12-05 12月05日-01号

3、子どもの医療費高校生まで窓口負担なしに。県は、県議会一般質問への答弁、マスコミ報道を通して、来年8月から中学生まで現物給付にする方針を明らかにした。本町の場合は、中学生まで窓口負担が完全になくなる。これを契機に、本町独自に18歳まで現物給付にすべきと考える。 以下、質問する。 (1)、中学生までの現物給付に必要なシステム改修費用幾らか。また、国の国保へのペナルティー措置幾ら見込めるか。 

金ケ崎町議会 2023-06-05 06月05日-01号

次に、請願第3号 教職員定数改善義務教育費国庫負担制度2分の1復元を求めることについての請願書の紹介を求めます。 14番、千葉正男君。           〔14番 千葉正男君登壇〕 ◆14番(千葉正男君) 14番、千葉正男です。請願第3号を朗読をもって説明いたします。 教職員定数改善義務教育費国庫負担制度2分の1復元を求めることについての請願書金ケ崎町議会議長伊藤雅章様。

大船渡市議会 2021-09-12 09月12日-03号

地区公民館長、主事の仕事量負担感が増加している。公民館活動計画の策定や運営等を担う人材の確保に多くの地区公民館が苦慮している。地区の中でも、誰もが担い手として参画できる仕組みが必要である。地区行政が協働しながら多様な生活課題に対応する必要がある。復興のその先のまちづくりなど、地区公民館現状課題については、地域とほぼ共有できているように思われました。

大船渡市議会 2021-06-21 06月21日-04号

平成26年度には、地方税法に基づく課税免除が廃止され、平成27年度からは個々の土地の被害状況などに応じて、市町村判断により条例に基づき減免することが可能となったところであり、当市においてもこれまでの課税免除と同等の措置内容とする減免規定市条例に設けて、引き続き被災者の税負担軽減を図ってまいりました。  

大船渡市議会 2020-12-17 12月17日-05号

◆2番(森亨君) 財産の取得ということで、統合に伴い、遠距離地区生徒負担軽減ということで、送迎バスということでマイクロバスを購入するに当たって、ちょっと二、三質問させていただきたいと思いますけれども、取得する財産の概要ということで、車両の本体の仕様がいろいろ出ていますけれども、恐らく低価格であってガソリン車ということにしたとは思うのですけれども、低価格ガソリン車なのか、それともガソリンということで

奥州市議会 2020-12-14 02月14日-01号

債務負担行為の補正でありますが、広報編集ソフトウエア使用料などを新たに追加するとともに、小中学校電力供給業務などを変更し、(仮称)奥州南学校給食センター新築事業を廃止するものであります。 次に、繰越明許費補正でありますが、翌年度に繰り越して使用することができる経費として、前沢北こども園新築事業などを追加しようとするものであります。 

大船渡市議会 2020-12-13 12月13日-04号

私立の中学校では、教育IoTクラウド教育プラットフォームを採用しているところが多く、教育コンテンツの活用と住民専門家の参加で教育現場負担軽減教育の質の向上を実現しているそうであります。そして、教育の格差が広がりつつあり、いずれ公立でも教育IoTクラウド教育プラットフォームを採用することになるだろうというふうに言っておりました。

大船渡市議会 2020-12-12 12月12日-03号

それをしていくに当たって、例えば避難所を設置すれば行政側からも当然何人か張りつけなくてはいけないけれども、数が多くなればなるほど行政負担が多くなる。そこでやはり出てくるのが自主防災組織で、協力というよりも、お互いともどもに事前に協議し合って、いろんな場で協議の場を設けていただいて、来るべき災害に備えていくような、そういったような環境づくりも必要であろうと思っておるところでございます。  

金ケ崎町議会 2020-12-10 12月10日-04号

◆9番(千葉正幸君) 登記の変更については、では経費がかかったとしても県が持つということになって、町の負担はないということですね。 ○議長伊藤雅章君) 財政課長。 ◎財政課長高橋宏紀君) 県営事業に関しましては、町でも負担がございます。県営事業全体に対しまして10%の町の負担金がございますので、それらの経費含めて10%の中に負担があるのかなと考えております。

金ケ崎町議会 2020-12-06 12月06日-02号

こういうことも、金ケ崎町史の近・現代の中に載っていますし、また各家庭に配られた「自然の猛威荒ぶる濁流511ミリ」という小冊子というか、厚い冊子が各戸に配布されておりますが、それ等を見ての思いつきでございますが、当時とすれば損害額が116億何がしというかなりの膨大な損害額が出て、これを補修するために県、国、町村も負担でしょうが、135億6,000万円の事業で河川が改修、復旧されたと。

大船渡市議会 2020-12-06 12月06日-01号

14款国庫支出金、1項国庫負担金3億5,200万円、これは公共土木施設災害復旧費負担金などに伴うところの増でございます。18款繰入金、1項基金繰入金7,608万5,000円、これは財政調整基金繰入金の増でございます。19款1項繰越金1億6,906万4,000円、これは前年度繰越金でございます。21款1項市債3億700万円、これは現年発生公共土木施設補助災害復旧事業債などの増でございます。  

大船渡市議会 2020-09-26 09月26日-05号

現状料金は上水道と簡易水道は同じでございますけれども、簡易水道のほうも老朽化した施設整備は必要でございますし、その全てを賄うために料金を上げるとなるとかなりの率になるとは思いますけれども、ある程度のバランスを見ながら、余りそんなに市民の皆様の御負担が急激に上がらないように、そういった線で考えていきたいと思っております。 ○議長熊谷昭浩君) 5番、田中英二君。

金ケ崎町議会 2020-09-10 09月10日-04号

9款1項6目防災費負担金補助及び交付金の中で、防災士養成研修会負担金の詳細はというご質問でございました。今年度岩手県で、各市町村防災士を養成するために研修を企画しました。内容は、1名当たり4万5,000円の防災士の資格を取るための経費がかかるのですが、こちらを岩手県と市町村がそれぞれ2分の1ずつ負担して研修をしましょうという内容でございます。

大船渡市議会 2020-09-06 09月06日-01号

これは、東日本大震災復興交付金水産施設災害復旧事業費負担金の減などによるものでございます。  11ページに参ります。第14款県支出金でございます。前年度に対しまして5億235万4,194円、21.5%の減となったところでございます。これは、漁港施設等整備事業費補助金赤崎小学校工事関連事業費負担金、赤崎中学校工事関連事業費負担金などの減によるものでございます。  13ページをお開き願います。