90件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

一関市議会 2019-06-20 第70回定例会 令和元年 6月(第2号 6月20日)

これらの取り組みの成果といたしましては、私が市長就任以来、自動車関連企業を中心にこれまで17社の企業に新規の立地をいただき、新たに354人の雇用が創出され、あわせて関連する地元企業設備投資による事業拡大においては97人の雇用が創出されたところでございます。  次に、事業所が撤退した際の跡地についてのお尋ねがございました。  

一関市議会 2019-02-19 第69回定例会 平成31年 3月(第1号 2月19日)

さらに、企業設備投資などへの優遇制度や立地環境の優位性などをアピールし、企業誘致や事業誘致にも積極的に取り組んでまいります。  商業の振興については、関係機関と連携した経営相談や経営指導の充実、事業資金の低利融資利子補給起業支援など、工業分野も含めて、中小企業の経営の効率化、健全化を促進してまいります。  

一関市議会 2018-02-26 第65回定例会 平成30年 3月(第4号 2月26日)

工業分野におきましては、企業設備投資を支援する地域企業経営強化支援事業、それから固定資産税相当額を補助する生産設備等投資促進補助事業、新製品や新技術の開発を支援する新製品・新技術開発事業、販路や市場の開拓を支援する取引支援促進事業、企業ピーアールパネル等製作事業、それから若手社員のスキルアップを図る次世代ものづくり人材育成事業などでございます。  

一関市議会 2018-02-21 第65回定例会 平成30年 3月(第2号 2月21日)

市内の中小企業に限った経過については把握していないところでございますが、市内企業を対象に6月に毎年実施してございますが、企業のほうに訪問し、その企業に対していろいろアンケートの形でお伺いしているわけでございますが、その際には企業の状況については、回答をいただいた126社の企業のうち、43%が企業の状況としては、よいと回答を得てございますし、普通とお答えをいただいた企業につきましては45%、それから設備投資

一関市議会 2018-02-20 第65回定例会 平成30年 3月(第1号 2月20日)

さらには、企業設備投資などへの優遇制度や立地環境の優位性などをアピールし、企業誘致とあわせ事業誘致にも積極的に取り組んでまいります。  商業の振興については、関係機関と連携した経営相談や経営指導の充実、企業支援など、工業分野も含めて中小企業の経営の効率化、健全化を促進してまいります。  

一関市議会 2017-12-15 第64回定例会 平成29年12月(第5号12月15日)

記、1、通信事業者が当市に消極的な条件不利地域においても設備投資ができるような補助支援制度を創設すること。  2、情報通信基盤を整備した市町村の負担を軽減し、その安定的な運営を図るため、維持管理費や設備更新費等の支援制度を拡充すること。  3、情報通信基盤が被災した場合、復旧費が市町村の過重な負担とならないよう災害対応制度を創設すること。  

一関市議会 2017-12-11 第64回定例会 平成29年12月(第4号12月11日)

現状で、新規就農者が土地を持ち、農業に関する耕うん機、トラクターなどの設備投資をし、収穫をして出荷するまで収入が見込めないといった農業に、経済的に厳しい若者が従事することはほぼ不可能であります。  大きな投資額が必要でございますし、またしばらくの間兼業も考えなければならないと思います。  

一関市議会 2017-02-24 第60回定例会 平成29年 2月(第3号 2月24日)

最初は多少なりとも設備投資はかかるかもしれませんが、民間でもそれぞれの分野で始めているものもあります。  紙類は雑紙と言われる分野も再生にと言われていますが、もっと質の悪いものも回収できると言われる機械を市内の業者は導入すると言われています。  分別さえきちんとすれば燃やすごみはなくなります。  

一関市議会 2017-02-23 第60回定例会 平成29年 2月(第2号 2月23日)

そういったことから、変換する装置など、送信する側にそういった設備投資も必要ということでございます。  設置した戸数がそういう装置をつけても、必ずしも全戸聴取できるとは限らないということで、新たな対策が必要だというようなことも考えられて、屋外広報マストを増設するとか、そういったことも考えられるところでございます。  

一関市議会 2016-12-16 第59回定例会 平成28年12月(第5号12月16日)

この飼料用米生産のため、直播田植機などの農業機械の導入を図り、乾燥調整施設畜産農家にあっては配合飼料工場を整備するなど、今後の生産振興に期待して設備投資を行っている。  政府では、2025年度を目標として110万トンとしており、この際の交付金は1,000億円と想定している中、交付金の財政負担の増大等を理由にした現在の制度の見直しは、農政の不信を招きかねない。  

一関市議会 2016-12-12 第59回定例会 平成28年12月(第3号12月12日)

まず、中小企業への実態把握についてでございますが、当市においては、毎年5月下旬から6月末までの約1カ月間、これを製造業を対象とした企業訪問月間というふうに位置づけておりまして、市内の約120社を訪問いたしまして、設備投資であるとか人材育成などに関しての市の支援策を紹介するとともに、各企業の業績や雇用状況などについてもお伺いしているところでございます。  

一関市議会 2016-12-09 第59回定例会 平成28年12月(第2号12月 9日)

確かに設備投資はかかりますけれども、そのような形で価値が出てくるということですね。  紙だってそうです。  そして、紙はみんなご存じですからですけれども、いいものはいいものなりに、悪いものは悪いものなりに、やはり処理してやっていきますね。  そして、古着だって一関市で集めているということを担当からお聞きしたら、盛岡にやっていると。  

一関市議会 2016-06-17 第57回定例会 平成28年 6月(第3号 6月17日)

そういうことについて、そういうすばらしい未来に希望を持つような、持てるような、若い人たちが、子供たちが、そうした事業が参入してきたというときに、やはり先ほども質問がありましたけれども、私は誘致企業といいますか、それに準じた、準じるというか、誘致企業そのものだと私は思いますけれども、いわゆる設備投資に対しての、あるいは固定資産税の優遇策、そうしたものを考えるべきではないのかなと思います。  

二戸市議会 2016-06-13 06月13日-委員長報告・質疑・討論・採決-05号

この制度の利用については、今回限度額もふやしますし、設備投資のときは利子補給もあって大変有利な制度ですので、活用していただきたいとの答弁でありました。 次に、都市計画課所管分であります。(1)、金田一近隣公園整備事業費負担金について、これは債務負担行為補正になります。債務負担行為8,000万円は、屋外トイレを設置するとした見直しに関連する金額の変更なのか確認したいとの質問がありました。

一関市議会 2016-02-23 第56回定例会 平成28年 3月(第1号 2月23日)

さらに、立地環境企業設備投資への優遇制度などの優位性をアピールし、整備中の貸し工場を含め、企業の誘致に努めます。  商業の振興については、事業資金の低利融資利子補給、経営診断や運営相談の充実、起業支援など、工業分野も含めて、中小企業の経営合理化、効率化を促進いたします。