372件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

一関市議会 2021-01-29 第82回臨時会 令和 3年 1月(第1号 1月29日)

2の和解内容は、一関市は相手方の被った損害賠償金として1万1,947円を支払うこと、本件について、双方とも他に債権債務のないことを確認すること、今後、本件に関しては、双方とも裁判上、または裁判外において、一切の異議請求申し立てをしないことを誓約することであります。  相手方につきましては3に記載のとおりであり、専決処分の日は令和3年1月18日であります。  

二戸市議会 2020-12-15 12月15日-委員長報告・質疑・討論・採決-05号

そして、市の考え方に、今回の提案に至る経過につきましては、資力がありながら納付していない滞納者については、裁判手続における差押えなどにより債権確保に努めることとしつつ、最大の眼目は、これまで決算等で議論されてまいりました生活困窮者債務についてどう扱うのかという、解決に向けての市の今回の条例提案が大きな眼目かと受け止めました。

二戸市議会 2020-12-09 12月09日-議案質疑-04号

それで、具体的にどういうことかといいますと、資力がありながら納付しない滞納者につきましては、裁判手続における差押えなどにより債権確保に努める、また生活困窮など支払い困難となっている滞納者につきましては、生活不安を取り除き生活再建を図るなど、様々な債権につきまして、税法に準じて統一した基準や方法の下で取扱いを定めるとしたものでございます。 2の検討経過でございます。

宮古市議会 2020-10-09 10月09日-06号

(2)上記金額のほか、宮古市及び相手方は、本件に関し、裁判上または裁判外において一切異議請求申立てをしないものとする。 5、損害賠償原因。 令和2年7月20日午後零時10分頃、宮古古田第1地割地内、国道106号古田トンネル内において、宮古市役所に向かって走行中、前方不注意により前を走行していた相手方車両に接触し、当該車両左側後方部の一部を損傷させたものであります。 

奥州市議会 2020-06-12 06月12日-05号

基本的には、30年3月にルールを変えましたので、今後においては、基本的には全てにおいて請求権というか、訴えるというか、裁判を起こすだけの条件が整っておりますので、よほど合理的な理由が見当たらない限りには、我々とすれば何か構想があったとすれば、それは司法の場に解決を求めるということに今後はなるものというふうに考えます。 ○議長小野寺隆夫君) 及川善男議員

宮古市議会 2020-04-28 04月28日-01号

(2)上記金額のほか、宮古市及び相手方は、本件に関し、裁判上または裁判外において、一切の異議請求申立てをしないものとする。 5、損害賠償原因令和2年3月5日午後3時30分頃、宮古川井第2地割地内、川井診療所職員駐車場内において、公用車を方向転換させようと後進した際、駐車していた相手方車両に接触し、当該車両の前部を損傷させたものである。 令和2年4月28日提出、宮古市長山本正徳。 

一関市議会 2020-03-16 第73回定例会 令和 2年 3月(第5号 3月16日)

2の和解内容は、一関市は相手方の被った損害賠償金として182万8,539円を支払うこと、本件について双方とも他債権債務のないことを確認すること、今後、本件に関しては双方とも裁判上または裁判外において一切の異議請求申し立てをしないことを誓約することであります。  相手方は3に記載のとおりであり、また相手方とは本年2月19日に損害賠償の額、和解内容についての協議が整っております。  

奥州市議会 2020-02-26 02月26日-07号

その費用の中身でございますが、これについてはこちら側の代理人に対して報償金ということで、実際に裁判が終わった際のお支払いする額、それから令和2年度に見込まれる交通費等実費相当分、これを積算の上、この金額債務負担とさせていただく内容のものでございます。 以上でございます。 ○議長小野寺隆夫君) 浦川総務課長

奥州市議会 2020-02-21 02月21日-05号

それが裁判になるかどうかは分かりませんけれども、いずれ何らかの手だてを考えなきゃないと、それも急いで考えなければならないということだと私は思いますので、その点ぜひ検討して具体化してほしいなと思いますが、その考えをお尋ねをいたします。 ○議長小野寺隆夫君) 家子健康福祉部長。 ◎健康福祉部長地域包括ケア推進室長家子剛君) 今野議員さんには、るるご指導いただきましてありがとうございます。 

大船渡市議会 2019-12-17 12月17日-05号

だから、裁判のほうに訴えたというところなのですけれども、ここの第三者である被告の過失によるものと考えたことからということで、この考えたことのキーポイントというか、ここは何なのでしょうか。ここがキーだと思うのですけれども、お聞かせ願います。 ○議長熊谷昭浩君) 国保年金課長

雫石町議会 2019-12-10 12月10日-一般質問-03号

これを受けて、遺族側いじめを認識しながら指導マニュアルに沿って対応しなかったとして市に過失を訴え、裁判では学校や教育委員会が適切に措置していれば自殺を防げたと市側安全配慮義務違反を認めました。この事案は、事件前後の中学校と教育委員会隠蔽体質が発覚し、問題視され、大きく報道され、これが誘因となっていじめ防止対策推進法が成立しているのであります。