133件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

陸前高田市議会 2021-03-02 03月02日-02号

松くい虫被害ナラ枯れ被害とも、年2回、森林組合に委託し駆除を行っておりますが、全県的に被害量増加傾向にあるため、被害全量駆除ができていない状況となっているところであります。  市におきましては、県や近隣自治体とも連携し、ヘリコプターによる被害、被害地域調査等と併せ、引き続き国や県に対し補助拡大を要望してまいりたいと考えております。  

宮古市議会 2020-09-23 09月23日-03号

この被害を放置いたしますと、翌年7、8月頃には、被害1本当たりから何万匹もの成虫が発生すると言われており、まさしく落葉広葉樹林においての深刻な伝染病が広まりつつあるものと思っております。 このナラ枯れ病の発生により、林業経営者シイタケ栽培関係者は、既に影響が出ており、その対応に苦慮しているものと思われます。

奥州市議会 2020-02-25 02月25日-06号

具体的な対策といたしましては、特に重要な守るべき松林ヘリコプターによる薬剤空中散布地上散布を行う防除事業と、既に被害のあった被害の伐倒を行う駆除事業を実施しております。防除事業については、水沢の正法寺及び前沢の月山神社周辺のおよそ8.5ヘクタールに薬剤を散布し、松林保全に努めております。また、駆除事業については、昨年度564立方メートルを駆除し、被害拡大防止に努めております。 

花巻市議会 2019-12-10 12月10日-03号

また、木質バイオマス発電等花巻バイオマス発電等への松くい虫被害資源活用取り組みにつきましては、アカマツ林市有林において、率先して樹種転換、いわゆるアカマツを全て伐採し、ほかの樹種に植えかえる作業を実施しており、平成30年度は1.97ヘクタール実施し、今年度は5.39ヘクタールの実施を予定しております。 

紫波町議会 2019-03-01 03月01日-02号

効果的な被害の除去、それから枯損木の伐採をお願いしたいなと思っております。 振興局のほうにお聞きしますと、まだまだおさまっていないと、蔓延をしていると。蔓延という言葉は適切じゃなかったかもしれませんけれども、蔓延をしていると言われております。町ではいろいろと事業を取り入れ、伐倒をしておるんですけれども、まだまだ拡大意向だということでございます。

紫波町議会 2018-06-08 06月08日-03号

また、現状につきましても、松くい虫被害処理につきましては、県の森林規定広葉樹林化事業といったものを使いまして、これについては伐倒処理という形で処分のほうを進めているということでございます。以上です。 ○副議長(北條喜久男君) 14番議員。 ◆14番(鷹木嘉孝君) 別な方面から入って質問しましたけれども、28年3月に整備されました紫波町森林整備計画書

一関市議会 2017-12-08 第64回定例会 平成29年12月(第3号12月 8日)

ナラ枯れ被害に対する今後の取り組みにつきましては、被害伐採して薫蒸処理することとしておりますが、被害が発生した後の対応だけではなく、被害を受けやすいナラの大木、これを周辺の樹木とともに伐採をして、ナラ林全体を若返らせる、そして被害拡大防止を図るという方法もとっていかなければならないと思っております。  

釜石市議会 2017-09-15 09月15日-05号

しかし、被災者である山林所有者の視点では造林よりも被害を販売して、少しでも収入を得たいという方がいるということも聞いておりまして、これは非常に大事なことだなということを思っておる次第です。また、5月に発生した火災から既に4カ月が経過していると。売り払いできる被害が倒木をしているという話も伺っております。 

釜石市議会 2017-09-13 09月13日-03号

また、植栽する樹種の問いには、杉、カラマツなどの針葉樹が5人、広葉樹が3人、特に希望なしが4人となっているほか、被害伐採時期や植栽時期希望、緊急に支援してほしいことなどの項目を設けて意向確認を実施いたしました。 復旧計画案を作成するためには、なるべく多くの方にアンケートを提出いただく必要があると考え、これまで3回にわたり個別相談会を開催してまいりました。 

花巻市議会 2017-09-05 09月05日-03号

活用を検討しておりました松くい虫被害の取り扱いにつきましては、待ち望んでいたわけでございますが、岩手県が定める松くい虫被害利用ガイドラインが8月28日付で示され、被害利用に関する制限や利用する場合のルールが明確化されました。 被害伐採時期については、アカマツ伐採施業指針に基づき、10月から翌年5月までとし、被害受け入れ工場被害処理を6月20日までに完了することになります。

花巻市議会 2017-09-04 09月04日-02号

首都圏による観光情報発信を初め、両市ともに台湾とのかかわりが大きいことから、遠野市ゆかり伊能嘉矩花巻ゆかり新渡戸稲造を中心とした多言語PR番組・動画の制作、両市を結ぶ国道283号線沿いの松くい虫被害の抜倒による観光ルート景観保全や、スポーツツーリズムによる地域振興を実施しているところであります。 

雫石町議会 2017-09-04 09月04日-一般質問-02号

松くい虫被害防止ということで、松くい虫の被害になるアカマツを対象に事業を実施しているものでございますので、カラマツ伐採するといったような事業とは全く違う別個の事業でございますので、そういったことはできないものという部分で、当然地元の方の中にもそういった希望がある中では、そういったのはできないということで7月の際にもご説明申し上げたところだと思いますし、今後につきましても事業計画は当初3年事業計画