3206件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

奥州市議会 2021-12-12 02月12日-01号

感染症対策について   感染拡大に対する市の取組みについて市長726番   渡辺 忠1.ため池安全管理について   ため池管理体制について市長2.見分森公園管理活用策について   公園内の樹木の安全管理について市長87番   千葉康弘1.森林環境譲与税について   森林環境譲与税活用について市長2.市営スキー場について   スキー場活用策について市長 教育長925番   今野裕文1.大雪被害

滝沢市議会 2021-07-13 07月13日-議案説明・質疑・討論・採決-01号

今回一本木5号線等につきましては、大きく壊れたというところではなくて、大雨が降った際に、そのことが流下をして周りに被害を与えているといったところでございますので、災害復旧事業対象外であるというふうに認識をしているところでございます。 ○議長日向清一君) ほかに。           〔「なし」と言う人あり〕 ○議長日向清一君) 質疑なしと認めます。 これをもって質疑を終結いたします。 

花巻市議会 2021-07-01 07月01日-06号

国においては、当然のごとく早急な国民理解に徹し、風評被害への補償についても万全な対応がなされていくべきものであります。 以上の理由によりまして、トリチウム等を含む処理水処分方法について再検討を求める意見書提出には反対とするものでございます。 以上でございます。 ○議長小原雅道君) 続いての通告者阿部一男君。 ◆19番(阿部一男君) 19番、阿部一男でございます。 

滝沢市議会 2021-06-25 06月25日-議案質疑・討論・採決-05号

◆18番(角掛邦彦君) 畜産試験場柳沢線のところで、今回6月14、15日の大雨豪雨によりまして、ここの道路自体も実際に影響が出ていたような気がするのですけれども、当然ながら補修関係というのはまた新たに工事自体に対して新たな補正が出るような気もするのですけれども、今回の出された議案の予算内のところで被害に遭ったところの工事関係というのは影響ないものなのかどうなのか、お聞きいたします。

釜石市議会 2021-06-25 06月25日-05号

--------------------------------------- ○議長木村琳藏君) 日程第29、議員提出議案第1号東京電力福島第一原子力発電所におけるALPS処理水海洋放出処分に関わる地域住民への意向確認風評被害に備えた対応を求める意見書提出についてを議題といたします。 ただいま議題に供しました議員提出議案について、提出者から提案理由説明を求めます。 

花巻市議会 2021-06-23 06月23日-04号

1点目は、果樹遅霜被害についてお尋ねをいたします。 今年は、2月、3月に気温が高く成長が進んでいたところに、4月中旬に断続的に遅霜発生して咲き誇った花に大きな影響を与え、実が例年の半数以下の木が多く見られ、収穫量は大幅に減少されることが予想されるとのことであります。 被害調査が行われたようですが、その結果についてお示しください。

大船渡市議会 2021-06-18 06月18日-04号

(2)番、放射性物質であるトリチウムを含む処理水海洋放出は、たとえ科学的に安全だとしても風評被害は必ず起こるものと思われます。政府への風評被害対策とその賠償を求め、安全、安心を確かなものにすべきであると思いますが、見解をお伺いをいたします。  大きい2番目の中学校ごと集団コロナウイルスワクチン接種の実施及び県要望について。

花巻市議会 2021-06-17 06月17日-01号

次に、果樹の凍霜被害についてであります。 4月に断続的に続いた低温や霜により、開花直前果樹、特にリンゴに大きな被害発生しております。5月中旬に、花巻農業協同組合などの農業関係団体が市内の園地を巡回したところ、花芽の枯死や雌しべの褐変を確認しており、残念ながら、収穫量の減少は避けられない状況であるとともに、さび果変形果など、障害果発生が懸念されています。 

大船渡市議会 2021-06-17 06月17日-03号

福島の新聞は、「これまでも風評被害にさらされてきたのに、新たな風評政府がつくり出そうとしている。まさに官製風評だ」と厳しく指摘しています。  福島県の漁業者は、地下水をくみ上げて海に流すサブドレン計画など、東電の汚染水対策を苦渋の中で合意してきた経緯があるだけに、今回の政府方針には強い憤りを持って抗議し、その撤回を求めています。  最適な風評被害対策は、処理水海洋放出を行わないことであります。

大船渡市議会 2021-06-11 06月11日-01号

附則第10条の2は、特定都市河川浸水被害対策法または下水道法に規定する認定事業者令和6年3月31日までの間に設置した一定の雨水貯留浸透施設に対して課する固定資産税課税標準の特例について定めるものでございます。  2、附則。第1条は、この条例の施行期日を定めるものでございます。  第2条は、市民税に関する経過措置を定めるものでございます。  議案書に戻りまして、議案第3号をお開き願います。

雫石町議会 2021-03-17 03月17日-委員長報告・討論・採決-07号

何かのとき、いざというときに備えて身を軽くしておくべきことは、あの豪雨被害時の臨時の持ち出しのとき、大きな金額が動いたにもかかわらず、努力もしていただいて、その後乗り切ることができたということは思います。ただし、その後小学校統合で予測を誤り、大きく地方債の発行に依存してしまい、現在に至っているという流れになってしまっております。一体いつまで続くのかと思います。

釜石市議会 2021-03-15 03月15日-05号

策定の趣旨にもありますが、2011年3月11日、私たちは東日本大震災により、釜石市をはじめ沿岸地域で甚大な被害を受けました。そして、多くの尊い命と大切な財産をなくしましたが、そこから一日も早い復旧復興の実現を目指し、未来に誇れるまちづくり基本計画に基づき進められてきました。 その計画期間も今年度で終了し、新たな未来に誇れるまちづくりとして基本理念が示されました。

釜石市議会 2021-03-12 03月12日-04号

2011年3月11日発災、未曾有の被害をもたらした東日本大震災、大津波から10年がたちました。瞬く間の10年でした。いまだ行方の分からない方も多くおられます。改めまして、犠牲になられました多くの方々に謹んで哀悼の誠をささげますとともに、被災されました方々に心よりお見舞い申し上げます。 10年前、あの瓦礫の大きな山だけになった被災地が今、このように復興するとは想像だにできませんでした。

宮古市議会 2021-03-08 03月08日-05号

見るたびに、ああ、またかと思いつつ、今年もまた先送り、平成23年東日本大震災被害からその復旧復興、また台風10号、元年度の19号台風と度重なる災害により復旧工事を最優先にすることは当然であります。理解もいたしますが、これら復旧工事も済んでおります。令和3年度も計画予定でございました。本年度実施できなかった。なぜできなかったのか、その要因について説明をいただきたい。