63件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

雫石町議会 2019-09-09 09月09日-一般質問-04号

当課においても総合計画のほか、先ほどお話ししたまちひと・しごと総合戦略、あるいは総合計画に基づく施策評価、あるいは行政改革実施計画、男女共同参画計画、各課においてもそれぞれ個別計画がございます。  また、今評価についても施策評価のほかに人事評価というものもございます。各担当職員、それぞれの分野で町民の皆様と向かい合ってまちづくりを進めていく中で、当然総括、検証は重要なわけです。

雫石町議会 2019-06-10 06月10日-一般質問-02号

次に、雫石行政改革実施計画についてでありますが、雫石行政改革実施計画基本柱4、時代に即した行政組織体構築平成30年度進捗状況は、計画を実施していないが12.5%、計画どおり実施しているが、工夫や改善を含めたより一層の取り組みが必要が12.5%などとなっていますが、進捗状況がよくなかった項目は何だったのか伺います。  

雫石町議会 2019-03-06 03月06日-一般質問-03号

次に、2点目の町行政課題早期解決についてですが、町は平成29年3月に雫石行政改革大綱を第4次改訂し、基本理念信頼で築く住民主役まちづくり推進として、平成29年度から平成31年度までを計画期間とした雫石行政改革実施計画において、住民参画推進協働による行政運営住民ニーズに対応した行政サービス提供、持続可能な行財政運営推進時代に即した行政組織体制構築の4つの柱を中心に、具体的な改善

雫石町議会 2018-12-10 12月10日-一般質問-02号

加えて、まちづくり基本指針となる第2次雫石総合計画平成31年度で終了となることから、平成32年度を始期とする第3次雫石総合計画策定作業を今年度から始めており、同様に雫石行政改革実施計画改定の時期を迎えることから、各分野施策については、これらの計画を策定していく協議の中で、慎重に議論を重ねながら盛り込んでいき、5つの目指す町を実現していきたいと考えております。  

大船渡市議会 2018-06-20 06月20日-02号

また、平成28年度以降におきましては、それまでの実績や効果を十分検証した上で、市総合計画後期基本計画まちひと・しごと創生総合戦略具現化を踏まえた行財政運営を的確に図るべく、平成32年度までの5年間を推進期間とする新たな行政改革大綱大綱に基づいて策定した行政改革実施計画推進に積極的に取り組んでいるところであります。  

雫石町議会 2018-06-12 06月12日-一般質問-03号

それから、昨日とちょっと重複しますけれども、雫石行政改革実施計画行動計画の年度末進捗状況調査結果のところでちょっとお伺いします。昨日の答弁にありましたけれども、行政力向上マネジャー構成メンバーとその役割、その上の行政改革推進本部構成メンバーとその役割、それから行政改革推進委員会構成メンバーとその役割を教えてください。 ○議長(前田隆雄君) 政策推進課長

雫石町議会 2018-06-11 06月11日-一般質問-02号

1点目の行政改革実施計画進捗状況調査結果についてのうち、評価判定の基準と評価者についてですが、議員ご承知のとおり、平成29年3月に第4次改訂を行った雫石行政改革大綱は、信頼で築く住民主役まちづくり推進基本理念とし、行政改革推進していくための組織体制あり方事務事業の進め方など基本的な方針、方向性をまとめたものであります。

大船渡市議会 2017-03-03 03月03日-04号

行政改革につきましては、策定した市の総合計画後期基本計画まちひと・しごと創生総合戦略推進する中で、それらの具現化を踏まえた行財政運営を的確に図るべく、平成28年度から平成32年度までを推進期間といたします新たな行政改革大綱を作成いたしまして、大綱に基づいて策定した行政改革実施計画推進に積極的に取り組んでいるところでございます。  

雫石町議会 2014-03-05 03月05日-一般質問-03号

町長は、定例会冒頭、大雨、洪水災害から復旧、復興事業を初め6事業推進行政改革実施計画取り組みなど、意欲的に大項目で9つの主要施策推進すると述べ、その町政執行に当たり、町の組織あり方職員のあるべき姿を再度見直し町政運営の基盤となる組織体制強化を図り、行政力を向上すると決意を示されました。

雫石町議会 2014-03-04 03月04日-一般質問-02号

次に、2点目の行政改革進捗状況についてですが、初めに平成25年度から27年度を計画期間とした新たな雫石行政改革実施計画は、「信頼で築く住民主役まちづくり推進」をテーマに、住民参画パートナーシップ構築推進地域主権時代に対応した行財政運営住民の視点に立った行政サービス提供の3つの基本柱指針として取り組みを進めております。

雫石町議会 2013-06-10 06月10日-一般質問-02号

次に、3点目のコンプライアンスへの取り組みについてですが、本年3月定例会一般質問でも大村議員から同様の趣旨質問があり、お答えしておりますが、平成25年度から平成27年度までの町第3次行政改革実施計画において、組織機構組織風土改革実現のための取り組み一つとしてコンプライアンス体制強化に取り組むこととしております。  

雫石町議会 2013-03-05 03月05日-一般質問-03号

従来から地方公務員法並びに町職員服務規程を遵守しコンプライアンスを高めてきておりますが、昨今の社会情勢から、倫理条例倫理規定等を制定している他自治体もあり、平成25年度から27年度までの町第3次行政改革実施計画において組織機構組織風土改革実現のための取り組み一つとしてコンプライアンス体制強化に取り組むこととしており、今後倫理マニュアルの作成につきましては検討してまいりたいと考えております。

雫石町議会 2012-06-12 06月12日-一般質問-03号

なお、今年度は現行の行政改革大綱をもとに、平成25年度から27年度を実施期間とする新たな行政改革実施計画を策定することとしておりますので、平成22年度から24年度までの実施計画の結果を一つ一つ検証しながら新たな実施計画を策定するとともに、人口減少社会に対応した持続可能なまちづくりを進めるため、さらなる行政改革推進に努めてまいりたいと考えております。  

雫石町議会 2012-03-05 03月05日-一般質問-02号

1点目の平成24年度の町政運営についてのうち、町事業仕分けし、無駄と評価した事業と省かれた金額の結果についてですが、さきの9月の定例会において上野三四二議員のご質問の際に、また12月定例会においては山崎留美子議員のご質問の際に申し述べておりますが、町事業仕分けについては私のマニフェストの掲げた存続継続民間活用廃止の4区分によらず、趣旨は同様であることから、事務事業評価行政改革大綱行政改革実施計画

雫石町議会 2011-12-09 12月09日-一般質問-03号

さきの9月定例会におきましても、上野三四二議員のご質問の際に申し述べておりますが、町事業仕分けにつきましては、私のマニフェストに掲げた存続継続民間活用廃止の4区分によらず、趣旨は同様であることから、事務事業評価行政改革大綱行政改革実施計画に基づく行政改革への取り組みなどによって、事業見直し行政コストの削減に取り組んでおります。