647件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

一関市議会 2019-06-20 第70回定例会 令和元年 6月(第2号 6月20日)

近年地球の温暖化が進み、異常気象により、自然災害が全国各地にもたらされております。  昨年もそうでしたが、ことしにおいてもゲリラ豪雨、猛暑など、異常現象が発生し、日本亜熱帯化しているのではないかと言っている専門家もおります。  昨年の夏、記録的な猛暑が続き、児童生徒の熱中症が相次ぎ、愛知県豊田市では校外学習をして体調を崩した小学1年生の児童死亡するといった事故も起きております。  

一関市議会 2019-02-21 第69回定例会 平成31年 3月(第2号 2月21日)

東日本大震災から8年、熊本地震から3年、昨年も大阪府北部地震平成30年7月豪雨、平成30年台風21号、北海道胆振東部地震など大規模な自然災害が各地に甚大な被害をもたらしました。  災害で亡くなられた方々に謹んで哀悼の意を表しますとともに、被災された全ての方々に心よりお見舞いを申し上げます。  

花巻市議会 2018-12-13 花巻市議会 会議録 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月13日−資料

大規模な自然災害も相次いでいます。全国的にも「給料が上がっても支払うほうがふえて、生活するのが大変だ」という状況です。自治体財政消費税が大きく圧迫しています。  ところが政府は、2019年10月の消費税率10%への引き上げをあくまで行う姿勢を崩していません。税率10%への引き上げで5.6兆円の増税となり、軽減分を差し引いても4.6兆円、1世帯当たり8万円の増税という試算も出ています。

一関市議会 2018-12-04 第68回定例会 平成30年12月(第1号12月 4日)

次の利用自粛牧草等処理円滑化事業に要した費用については、消耗品については放射線対策事業と同様に汎用性があることから50%を認める、また、汚染堆肥一時保管施設災害対応業務に係る経費については、自然災害による施設の補修のため本件事故とは相当因果関係は認められないが、施設自体は事故がなければ必要のないものであることから10%を認める、さらに放射性物質濃度測定器の修繕費、車両に係る修繕費等は、事故との相当因果関係

花巻市議会 2018-12-04 花巻市議会 会議録 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月04日−03号

日本経済は、雇用所得環境の改善が続く中で緩やかな回復が続くと期待されている一方、海外経済の不確実性や自然災害経済に与える影響等が懸念されております。すなわち、景気上昇により一定の税収増加は見込めるものの、平成31年度は景気波及のおくれと消費税増税の景気への影響などにより税収見通しに不安材料が残ると言われ、国の財政収支とともに、地方財政収支にも影響が及ぶものと見込まれております。  

一関市議会 2018-09-21 第67回定例会 平成30年 9月(第5号 9月21日)

さて、本年はアイオン台風から70年目となりますが、7月の西日本豪雨や今定例会会期中に発生した台風21号、さらには北海道胆振東部地震など、異常気象等による自然災害日本各地で頻繁に発生し、甚大な被害をもたらしました。  改めて、自然の驚異を実感したところであり、お亡くなりになりました方々の御冥福をお祈りいたしますとともに、被害に遭われた方々には心よりお見舞いを申し上げます。  

北上市議会 2018-09-13 平成30年度  9月 通常会議(第236回)-09月13日−04号

東日本大震災を初め、各地で起きる地震、豪雨等自然災害に対し、国では学校防災のための参考資料を配布し、防災教育を推奨していますが、現在の教育現場ではどのような防災教育が行われているのか、現状を伺います。  次に、現在の避難訓練防災訓練の改善と拡充についてです。指示待ちの避難訓練では、みずから危険を予測し、習得した知識に基づいて的確に判断し、迅速な行動をとるという力が育たないと言われています。

釜石市議会 2018-09-12 平成30年  9月 定例会(第3号)-09月12日−03号

当市の歴史を振り返れば、鉄と魚のまちとして栄えてきた輝かしい時代があった一方で、自然災害や戦災という幾多の困難や試練を乗り越えてきた経過があります。現在の釜石を築いてきた先人たちの存在、今日まで受け継がれている釜石人としての不撓不屈の精神は、当市の最大の資産であると思います。  

北上市議会 2018-09-11 平成30年度  9月 通常会議(第236回)-09月11日−02号

貴重な遺品保存の展示館であり、不審者の侵入、盗難予防及び自然災害火災等への対応を講ずるべきと考えますが、現状はどのようになっているのかお伺いします。そして、その整備の計画についてもお伺いします。  また、この建物はアスベストが施されている建物と以前から指摘されております。建物の劣化が進んでおりますし、展示館への入館も小学生等を初め、年々多くの方々に見聞されていると伺っています。

釜石市議会 2018-09-11 平成30年  9月 定例会(第3号)-09月11日−02号

〔6番木村琳藏君登壇〕 ◆6番(木村琳藏君) 相次いで災害に見舞われる日本列島西日本豪雨、猛威を振るった台風21号、北海道で観測史上初の震度7を観測した北海道胆振東部地震、甚大な被害が、自然災害が発生しております。被災された全ての皆様にお見舞いを申し上げます。また、犠牲になられました方々の御冥福を心からお祈りをいたします。  

一関市議会 2018-08-31 第67回定例会 平成30年 9月(第3号 8月31日)

一関市水道事業ビジョンでは、将来像に、安全として、市民がいつでもどこでもおいしく飲める水道、強靱として、自然災害等による被災を最小限にとどめ、被災した場合であっても迅速に復旧できる水道、持続として、給水人口や給水量が減少した状況においても、健全かつ安定的な事業運営が可能な水道と掲げています。  今回、一関市水道事業ビジョンの進捗状況と課題について3点お伺いします。  

一関市議会 2018-08-30 第67回定例会 平成30年 9月(第2号 8月30日)

まず、防災マップについてでございますが、防災マップの作成の目的については、市民自然災害による危険箇所や避難場所などを確認していただき、災害時には道路河川のリアルタイム情報を把握して、早期の避難につなげることができるよう、被害の軽減を図るために活用していただくことにあります。  

釜石市議会 2018-06-21 平成30年  6月 定例会(第2号)-06月21日−04号

近年、大規模な自然災害が勃発し、最前線における各自治体防災力の資質が問われております。そこで、気象庁は、大雨や地震などの災害発生時に、自治体による住民避難の判断などを手助けする防災対応支援チームJETTを5月1日に創設し、地方気象台自治体との平時からの連携強化を図る考えを示されています。

一関市議会 2018-06-15 第66回定例会 平成30年 6月(第3号 6月15日)

消防本部消防長(高橋邦彦君) 防災マップの活用ということでございますが、防災マップにつきましては、自然災害による被害範囲を予測したデータ地図上に図式化したものでありまして、それに加えまして避難所情報とか、それから必要な防災情報地図に記載したもので、市民が素早く安全な場所に避難することを目的として作成したものでございます。  

一関市議会 2018-06-14 第66回定例会 平成30年 6月(第2号 6月14日)

次に、収入保険制度への取り組み状況についてでございますが、収入保険制度は、品目を限定せず農業収入の全体を対象として、自然災害などによる収穫量の減少のほか農産物価格の下落なども含め、農業者ごとの減収額を最大で9割補填する制度でございます。  そして、これは平成31年1月から開始される予定でございます。