5件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

滝沢市議会 2021-06-25 06月25日-議案質疑・討論・採決-05号

この事業について、社総交から緊急自然災害防止対策事業財源振り替えてということでございます。東北地整提供資料のことを考えると、対象施設として道路は含まれていないのかなという認識でいたのですけれども、その点がまず1つ目確認、それから事業債目的であります災害の発生の予防と拡大防止目的、この目的市道改修事業がどのように該当するのか、その点についてちょっと確認させてください。

花巻市議会 2021-06-21 06月21日-02号

また、緊急自然災害防止対策事業、緊急防災減災事業債学校教育施設等整備事業債過疎対策事業債辺地対策事業債などのように交付税措置率が高い有利な財源を利用することも事業によって可能であり、また公共事業債など一定の交付税措置がされるもの、そのような市債が多いことから、合併特例債に代えてそれらの市債を活用すること。

花巻市議会 2020-09-08 09月08日-03号

また、令和2年度は12か所の河川排水路改修事業を実施しておりますが、そのうち雀田川排水路湯沢野排水路二枚橋排水路、大沢口川排水路の4か所に、充当率100%、交付税措置率70%の緊急自然災害防止対策事業を活用して整備しており、湯沢野排水路につきましては今年度完了する見込みとなっております。この湯沢野排水路、実は7億円ぐらいかけて市の一般財源で今までやってきたのです。

金ケ崎町議会 2019-09-10 09月10日-04号

財源につきましては、町単独事業で該当するもので、今年度と来年度に新たに国で制度化されました緊急自然災害防止対策事業というのがございます。これは、充当率100%で交付税措置率が70%と、ほかの起債に比べて大分有利な起債になっております。これを充てて、春先に県の市町村課のほうに申請したわけですけれども、おおむねこの事業に関しましては認められるという見込みでございます。 以上です。

  • 1