86件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

一関市議会 2019-06-24 第70回定例会 令和元年 6月(第4号 6月24日)

また、補助を行っている自治体の例を見ますと、これは代表的な例でございますが、愛知県碧南市、それから福岡うきは市などでございまして、岩手県内では本年4月1日より八幡平市が補助を実施しております。  高齢者交通事故にかかわる割合が高いということは、重要な課題と捉えております。  

北上市議会 2017-12-13 平成29年度 12月 通常会議(第227回)-12月13日−03号

茅ヶ崎市、横浜市、流山市、金沢市福岡飯塚市、福井県鯖江市、いっぱい出てきます。こういったアプリコンテスト、ごみのアプリは既にありますよね、ごみのアプリとかいろんなアプリ。市の情報、それから市の魅力、そういうのを使ったアプリコンテスト、オープンデータのほうがいいと思います、2次活用がしやすいということで。こういったアプリコンテストなどを早速企画してみてはどうかと思いますが、いかがでしょうか。

北上市議会 2017-09-14 平成29年度  9月 通常会議(第225回)-09月14日−04号

ことし7月の九州福岡大分県を襲った豪雨、昨年8月の台風10号豪雨での岩泉町高齢者施設の被災など、死傷者を伴う水害が多発しております。日本各地を毎年のように記録的な豪雨が襲う中、住民の命をどう守るのか、対策が求められています。一人一人の住民の防災意識を高め、具体的な備えとあわせて自治体が進める災害対策について伺います。  まず1点目は、洪水土砂災害ハザードマップの周知徹底について伺います。

北上市議会 2017-09-12 平成29年度  9月 通常会議(第225回)-09月12日−02号

また、本年7月の九州北部豪雨で被害が大きかった福岡朝倉市や東峰村の山間部300カ所で土砂崩れが発生し、大量の土砂と流木が10の河川に殺到し、橋にひっかかって川をせきとめ、あふれた濁流が地域を襲った。流木の量は36万立米、20万トンとも言われています。  近年、台風や豪雨が襲ってくると必ず山から立ち木が大量に流れ出して、橋にひっかかって大洪水を起こしています。

一関市議会 2016-12-12 第59回定例会 平成28年12月(第3号12月12日)

続きまして、全国どこでも同じような問題、課題に直面をして、既に取り組みを開始しているところ、これからやるところ、今検討しているところ、各自治体がさまざまなようでございますけれども、その中で、例えば福岡飯塚市では、小中の一貫した学校をつくるという取り組みをしているとか、それから、茨城県のひたちなか市では、民間の施設、建物を購入して、そこに行政が持っていた2つの機能のところを一つにして合体させるとか、

花巻市議会 2016-12-06 花巻市議会 会議録 平成28年 12月 定例会(第4回)-12月06日−03号

先月、福岡博多駅前道路の陥没事故が起きました。誰もが目をみはる大事故でしたが、幸いにも巻き込まれて命を落とす方がいなかったので安堵いたしておりました。原因は地下鉄延伸工事の際、地下水が流れ出たのか、老朽化した下水管が破裂したのか、詳細は調査中とのことでした。

紫波町議会 2016-09-07 平成28年  9月 定例会(9月会議)-09月07日−02号

私は紫波町が、本当にこの広域の中でリサイクルや、それからごみの1人当たり出す量も少ないということをちょっと自慢に思っていましたけれども、よく見ると、上には上がいまして、福岡大木町というところでは、循環のまちづくり、脱ごみ焼却、埋め立て処分しない町を目指す、ごみゼロを目指すということを内外に宣言して取り組みをしている。それを見ると、私は紫波町はまだまだやれることがあるなというふうに感じます。  

一関市議会 2016-09-01 第58回定例会 平成28年 9月(第2号 9月 1日)

全国でも静岡県福岡が先駆けて実施しており、愛知県では平成26年から市町村共同事業として、健康づくりにつながる取り組みを実践することによってマイレージ、ポイントを獲得でき、一定以上のマイレージ獲得者には協力店でさまざまな特典サービスが受けられる優待カードを交付する、あいち健康マイレージ事業を開始しております。  

北上市議会 2016-06-16 平成28年度  6月 通常会議(第213回)-06月16日−03号

そして、和歌山県香川県高知県九州福岡長崎県熊本県の6県も実施率60%以上となっております。それに対し、岩手県神奈川県では10%以下でございます。岩手県に関しては、先ほども言われていたとおりで、北上市だけです。  それでは、お伺いします。岩手県ではなぜ普及しないのでしょうか。 ○議長(高橋穏至君) 生活環境部長。

花巻市議会 2016-03-02 花巻市議会 会議録 平成28年  3月 定例会(第1回)-03月02日−03号

また、福岡みやま市では、昨年3月にみやまスマートエネルギーを、9月には山形県がやまがた新電力を、10月には静岡県浜松市浜松電力を、いずれも地元企業などとの共同出資で設立しており、今後ますます増加していくという流れがあります。  これは、だから花巻市でやってくださいということではなくて、こういう考え方がこれからとみに出てくるのではないか。

雫石町議会 2016-03-02 平成28年  3月 定例会(第2回)-03月02日−一般質問−03号

また、この費用負担につきましては、同センター内において情報発信や移住相談など高齢者から若年層を含め、広く本町の移住促進に係る対応を実施することから、町が支払いを行うものでありますが、北海道厚沢部町、山梨県都留市、鳥取県湯梨浜町、同じく鳥取県南部町及び福岡小竹町など全国の他の自治体についても支払いを行っております。   

一関市議会 2016-02-29 第56回定例会 平成28年 3月(第4号 2月29日)

その中でも福岡みやま市では、市が経営する、みやまスマートエネルギー株式会社が4月1日より一般家庭向けに電力を販売するとあります。  その中では、電気と水道のセット割引、市内の買い物に利用できる独自のポイントサービス、そしてさらには、この通信回線を利用して高齢者見守りサービスを取り入れていくことが示されています。  この情報はご存じでしょうか。 ○議長(千葉大作君) 佐藤市民環境部長。

一関市議会 2015-12-18 第55回定例会 平成27年12月(第5号12月18日)

議員おっしゃるとおり、市民運動等の推進にはキャッチフレーズといいますか、福岡の大木町では、もったいない宣言というような表現を使っているようでございますけれども、そういうようなキャッチフレーズ的な言葉も市民運動を進めるためには必要なことと思っておりますので、今後検討してまいりたいと思います。 ○議長(千葉大作君) 16番、岩渕善朗君。

一関市議会 2015-12-14 第55回定例会 平成27年12月(第4号12月14日)

最後に、東京オリンピック・パラリンピックの事前合宿誘致の関係でございますけれども、大会の組織委員会では、もうエントリーが始まっているということで、これは2018年7月までの、まだ期間としては余裕があるわけですけれども、もう既に東京都の世田谷区ではアメリカの選手団、福岡福岡市等においてはスウェーデンの選手団の合宿が決定したと聞いておりますし、東北地区では青森県の今別町でモンゴルのフェンシングチーム

雫石町議会 2015-10-30 平成27年 10月 臨時会(第7回)-10月30日−議案説明・質疑・討論・採決−01号

北海道、それから鳥取県が2つ、福岡ということで、これはもう予算をおとりになって出展ということを決定しているわけですけれども、この生涯活躍のまち推進協議会が全国の中でもさまざまそういう希望者もあるというふうに聞いておりますけれども、そのセンターが推薦する自治体ということで4ブース、秋田県の男鹿市、酒田市山形県ですけれども、それから山梨県の都留市、それから岩手県の雫石町ということで、いわゆる推薦ということで