4583件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

二戸市議会 2019-03-14 03月14日-委員長報告・質疑・討論・採決-07号

(3)、社会教育費寄附金について、使い道はとの質問がございました。社会教育費寄附金は、今年度661件、1,196万円をふるさと納税で頂戴した。なお、基金の残高はふるさと納税のほか、一般寄附並びに当初積み立ての500万を合わせ、1,725万8,000円となっている。来年度は411万8,000円を九戸城跡の桜の樹木管理に使う予定をしているとの答弁でございました。 

二戸市議会 2019-02-28 02月28日-議案質疑-05号

低賃金で不安定な仕事にしか就けず、自立できない人が増え、少子高齢化がすすみ、親の貧困が子どもたちの成長・発達を阻害する「貧困の連鎖」も深刻な社会問題になっております。 2018年の改定による地域別最低賃金は、最も高い東京で時給985円、本岩手県では762円、最も低い地方は761円です。毎日フルタイムで働いても月11万~14万円の手取りにしかなりません。

二戸市議会 2019-02-20 02月20日-議案説明-01号

平成の時代を振り返りますと、低迷する経済状況の中、東日本大震災、阪神・淡路大震災などの自然災害が猛威を振るい、日本全体が人口減少時代に突入する一方で、急速な技術革新と情報化は、インターネットやインバウンドに見られるように、ヒト・モノ・カネが国境を越えるグローバル社会を本格化させました。 

一関市議会 2018-12-14 第68回定例会 平成30年12月(第5号12月14日)

このまま高齢化によって急増する社会保障費を現役世代が支えていくことには限界があります。  今こそ、社会情勢の変化に対応した制度の実現とみんなで支え合う取り組みが必要です。  また、少子高齢化に伴い、年金や医療、介護などの社会保障費は毎年急激に増加しており、現在では、国、地方の財政の大きな部分を占めています。  

花巻市議会 2018-12-13 花巻市議会 会議録 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月13日−資料

増税と年金カット、医療・介護など社会保障費の負担増、そして物価上昇のため実質賃金の低下と「これ以上節約するところがない」と悲鳴が上がっています。大規模な自然災害も相次いでいます。全国的にも「給料が上がっても支払うほうがふえて、生活するのが大変だ」という状況です。自治体の財政も消費税が大きく圧迫しています。  

一関市議会 2018-12-10 第68回定例会 平成30年12月(第4号12月10日)

男女共同参画社会の実現に当たり、生活の中ではこの施策の理解、啓発、施策の内容においては、地域社会活動、職場環境、子育て、介護、防災、DV防止などその内容は裾野が広く、国においては平成27年に女性の職業生活における活躍の推進に関する法律を制定し、男女共同参画社会へと一層強化を図っているところであります。  

一関市議会 2018-12-07 第68回定例会 平成30年12月(第3号12月 7日)

私も1年前の選挙の際に地域を回らせていただきましたが、高齢化社会という現実を目の当たりにしました。  その中で、具体的に表現をさせていただければ、現在、地域社会は老人世帯が圧倒的に多い、しかも、この1年の流れの中で葬儀に出席しますと、その老齢御夫婦の片方が亡くなる、よって、高齢者のひとり暮らしという環境がふえている。  

一関市議会 2018-12-06 第68回定例会 平成30年12月(第2号12月 6日)

小学校でのプログラミング教育の指導内容についてでありますが、プログラミング教育は、日常生活や社会においてプログラミングがどう活用されているかを理解すること、そして、コンピューターに触れながら論理的な思考力を育むこと、これを目的に導入されたものであります。  

花巻市議会 2018-12-06 花巻市議会 会議録 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月06日−05号

それとこの指定管理のほかに県の事業ですけれども、社会福祉協議会の生活支援相談員による見守り活動もございます。こちらのほうは現在も見守り活動、それから福祉サービスの紹介など被災者の支援活動を行っていただいているところでありますけれども、これについては来年度も引き続き見守り活動などを行っていただく予定と伺っているところでございます。  

花巻市議会 2018-12-05 花巻市議会 会議録 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月05日−04号

なお、市が支出する経費に対する消費税の増のほか、消費増税の本来の目的である社会保障の充実及び社会保障の安定化のための新たな財政需要として、例えば現在、幼児教育・保育の無償化等の地方自治体の一部負担の動き、昨日の報道によると地方の負担を1,000億円減らすという話もあるようでございまして、そのような動きもありますが、平成26年4月に消費税率が5%から8%に引き上げられた際の例によると、消費税の増に伴う

花巻市議会 2018-12-04 花巻市議会 会議録 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月04日−03号

次に、2件目の人口減少対策についての1点目、本市の人口減少の現状と人口ビジョンに掲げる将来人口推計をどのように捉えているかについてのお尋ねでありますが、御案内のとおり、現在我が国は急激な少子高齢化と人口減少時代に突入しており、人口減少は避けては通られない全国的な社会問題となっております。  

花巻市議会 2018-12-03 花巻市議会 会議録 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月03日−02号

また、平成28年6月に、国は「我が事・丸ごと」地域共生社会実現本部を立ち上げて、実現に向けた取り組みに着手しました。地域のあらゆる住民が役割を持ち、支え合いながら、自分らしく活動できる地域コミュニティーを育成し、公的な福祉サービスと協働して助け合いながら暮らすことのできる地域共生社会の実現の必要性を掲げました。当市における地域包括ケアシステムも、こうした理念のもと作成されております。  

花巻市議会 2018-11-30 花巻市議会 会議録 平成30年 12月 定例会(第4回)-11月30日−01号

人口減少社会での公共施設の維持・管理は各自治体にとって最重要課題となっており、花巻市においても例外ではありません。現在、実施計画を策定中でありますけれども、市民の意識改革を進める取り組みも必要と感じました。  次に、境港市では、まちづくり総合プランについて視察を行いました。  

北上市議会 2018-10-01 平成30年度  9月 通常会議(第236回)-10月01日−05号

社会経済情勢や行財政状況は刻々と変化し、新たに取り組まなければならない緊急の施策や未解決の重要課題、長年の懸案事項など、市を取り巻く状況は今後一層厳しいものとなってまいります。市財政は厳しく、経営資源は限られており、効果的、効率的な活用を図るためには、選択と集中を徹底しなければなりません。

滝沢市議会 2018-09-28 平成30年  9月 定例会-09月28日−議案質疑・討論・採決−05号

国のほうでも国の予算、あとは県の予算、社会保険診療報酬支払基金等の予算の中で額を現年で決定して、翌年度に法律の割合に基づいてそれを精算するという仕組みで毎年行っております。額的に見ますと、例年並みかなというところで、ただ私としてもちょっと特筆する、28年度と29年度、ことしを比べて、やはり薬価改定による医療費の関係の影響が若干大きく見られるかなと。

一関市議会 2018-09-21 第67回定例会 平成30年 9月(第5号 9月21日)

当局は、国の制裁があること、しかも現役の方々が会社でかける社会保険納入と二重負担になることなどの考えから、一般会計からの繰り入れを行ってまいりません。  しかし、平成29年度、市における資格証明書発行48件、短期証明書発行は786件、どちらも県内最多となっています。  国民年金が月平均5万円余りという現状、貧困高齢者が拡大するもとで、今一度、社会保障の理念を認識していただきたい。