3831件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

金ケ崎町議会 2024-12-09 12月09日-03号

この下水道料金値上げ定住を阻止する、県内でトップクラスの料金だということになれば、定住を差し控える人も出てくるのではないかと。もし料金値上げするのであれば、低額に抑えて、それらの定住対策を十分に何らかの形で子供たち教育のこととか給食とか、定住のインフラの整備を同時にすべきだと私は思います。

金ケ崎町議会 2023-12-05 12月05日-01号

下水道料金は、現在でも県内最高水準料金である。下水道普及は「田園環境保全の町」宣言に基づく本町まちづくりの根幹であり、一般財源から一定程度繰り入れ支えるべきである。「上下水道最大町民福祉であり、一般会計で支え、値上げすべきでない」という町民の声もある。 以下、質問する。 (1)、「上下水道事業は、最大町民福祉であり、安易に値上げすべきでない。

大船渡市議会 2023-09-11 09月11日-02号

この場合の地方都市のイメージですが、例えば県内でありますと盛岡市や北上市をイメージしておりますし、都市近郊郊外地域は矢巾町でありますとか、紫波町でありますとか、金ケ崎町、滝沢市のようなところをイメージしておりますし、都市部から離れた地域というのは我が大船渡市をイメージして述べているものであります。

金ケ崎町議会 2023-06-05 06月05日-01号

本町下水道普及率(17年度末人口普及率93%、県内3位)が高いので、一般会計から相当額繰り入れ利用料金を据え置くことは町民全体の生活環境改善福祉向上に資することになると考える。利用料金値上げし、一般会計からの繰入金を減らすことで、さらなる町民全体の生活環境改善福祉向上につながることが明らかにならないと、理解を得ることは困難であると考える。 以下、質問する。 

大船渡市議会 2020-12-12 12月12日-03号

午後10時までやっておりまして、入ってみますとあいたスペースで学習したりとか、いろいろミーティングしたりとか、人口の規模も違いますけれども、それなりに活発な活動をしている様子が見てとれたところでございますし、たまたま同じ山口県内周南市駅前の、今はやりと言うと語弊がありますが、TSUTAYA図書館に行きましたらば、やはりその一角が支援センターになっておりまして、大きな都市ではこういったようなことができるのだなと

金ケ崎町議会 2020-12-06 12月06日-02号

一方で、県内では、圃場整備に合わせて堤防敷地を換地により生み出し、その場所に堤防をつくった事例もあると伺っております。このため当町といたしましても、堤防圃場整備を一体的に進めることの可能性について、地元住民意向などを確認しながら検討してまいりたいと、こう考えております。 次に、六原駅前再開発のロードマップについてお答えをいたします。

大船渡市議会 2020-09-26 09月26日-05号

こういった動きについては県内他市でも進んでおりまして、盛岡市では平成30年の4月から、他市におきましても今回の旧氏の改正とあわせてこの性別の欄を削除するという、そういった改正を行う市が複数あるというふうに聞いております。  以上でございます。 ○議長(熊谷昭浩君) 9番、今野善信君。

金ケ崎町議会 2020-09-10 09月10日-04号

生活環境課長鈴木敏郎君) 地域要望があればどうですかというご質問でございますけれども、県内全体で50名の枠というのがありますので、金ケ崎町で何名という部分がどういった配分でしていただけるかという次の課題もあるのですけれども、いずれご要望があれば、生活環境課のほうにそういった部分でぜひ出したいというご相談をいただければ、検討させていただければなと思っております。 

滝沢市議会 2020-07-30 07月30日-議案説明・質疑・討論・採決-01号

経済産業部長長内司善君) 和牛の繁殖農家支援につきましてですけれども、こちらのほうにつきましては子牛のマルキンがまだ発動されていないということで、出荷に対して元手は確保できているのかなというふうに考えているところでございますけれども、先日の日本農業新聞の資料によりますと、岩手県は子牛の販売価格が全国と比較して結構安いほうだという中で、なおかつ県内では中央市場県南市場と2か所あるわけですけれども

滝沢市議会 2020-06-26 06月26日-議案質疑・討論・採決-05号

その審議会の中では、今回の新型コロナウイルス感染症社会情勢をさらに今後も見極めた上で対応するべきではないか、または県内市町村の状況も見ながら対応してはいかがなものかといったご意見もございましたけれども、今回削減に当たって市長の意思を尊重して、市民に寄り添い、そして分かち合うといったところを尊重するべきではないかということで、最終的に審議会の皆様の結果といたしましては、諮問した内容について、同じ内容

滝沢市議会 2020-06-24 06月24日-一般質問-04号

まず、医療機関からの要請や、その対応についてでありますが、県内医療機関マスク不足に対し、岩手県を通じてマスク等資材提供依頼がありました。3月中旬にマスク650枚を提供いたしました。また、3月下旬に市が寄贈を受けたマスクのうち7,800枚を市内医療機関へ配付し、医療施設支援を行ったところであります。