204件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

奥州市議会 2020-12-14 02月14日-01号

また、様々な困難を抱えた家庭が自立して子育てができるよう、関係機関との連携を図りながら適切な相談対応支援を行うほか、ファミリーサポートセンター放課後児童クラブなどの事業を引き続き行い、子育てを支える環境の整備を図ります。 待機児童解消の取組みについては、教育保育施設充実のため民間事業支援するとともに、奥州市立教育保育施設再編計画に基づき公立施設再編を進めます。 

釜石市議会 2020-03-16 03月16日-05号

◆5番(磯崎翔太君) 財産の無償貸付けに関してというところですけれども、この内容の貸付け目的なんですけれども、親子の遊び場、交流の場、子育てに関する相談対応等でお母さん支援とありますけれども、お母さん支援というよりかはお父さん支援しなきゃいけない状況にまでなってきているので、貸付け目的も含めですけれども、子育てに対するところが、お母さん支援だけじゃなくて今後はお父さん、いわゆる家庭子育てをしましょうというその

釜石市議会 2020-03-10 03月10日-02号

受給対象年齢を高校生まで拡大すること、産後の母子に対して、助産師保健師等専門職中心となり、母親の身体的な回復と心理的な安定のための支援や、乳児の状況に応じた具体的な育児指導を行う産後ケア充実すること、家庭子育てをしている世帯の負担軽減を図るため、一時預かりや病後児保育利用料の一部を支援する「ホッとカード」の限度額を引き上げること、平田地区への新たな子育て支援センターの開所のほか、センター相談対応

雫石町議会 2020-03-03 03月03日-一般質問-03号

加齢性難聴等による相談は年に数件お受けしており、医師による診断を受ける機会があることで手帳の該当になる場合もあることから、今後も丁寧な相談対応を重ねていくとともに、実態調査については、現時点では調査必要性はないものと考えております。 ○議長前田隆雄君) 12番、西田議員。 ◆12番(西田征洋君) ここから数件の追加の質問をさせていただきます。  

二戸市議会 2020-03-02 03月02日-市長演述並びに教育施政方針説明に対する質問-04号

今後においてもこのような取組を着実に進めるとともに、新年度予定しております子育て世代包括支援センター設置と併せ、要支援児童や要保護児童への支援業務等を行う子ども家庭総合支援拠点設置も予定しており、子育て世代の方が気軽に相談できる環境を整えながら、適切な助言や支援に努め、独り親家庭が自立し、安定した生活を送ることができるよう、就労等相談対応をきめ細やかに実施してまいります。 

釜石市議会 2020-03-02 03月02日-01号

また、子育てに関する相談対応母親支援について見直しを行い、子育て支援センター間の連携交流機会を設けることで子育て支援を強化してまいります。 さらに、保育士等処遇改善に必要とされるキャリアアップ研修について、市内で実施し、受講しやすい機会を設けることにより、受講する保育士等負担軽減を図るとともに、処遇改善促進いたします。 

花巻市議会 2020-02-28 02月28日-01号

学校適応支援につきましては、教育委員会事務局内学校福祉関係機関、警察などと連携を図るスクールソーシャルワーカーを、拠点校に主に不登校児童生徒対応する生徒支援員を、まなび学園内に教育相談所及び適応指導教室風の子ひろばを引き続き設置し、学校対応だけでは解決が困難な事案について、専門的な相談対応児童生徒及び保護者への直接的な支援を行い、不登校等解消を図ってまいります。 

陸前高田市議会 2020-02-27 02月27日-04号

なお、今後につきましても、専門的な知識、経験を有する人材の確保に努めながら、相談対応受付窓口会計年度任用職員が担うこととし、緊急な支援を必要とする専門的な相談対応については関係機関連携しながら、子ども未来課組織的対応を行い、支援を必要とする方が相談しやすい環境を整えてまいりたいと考えているところでございます。  以上をもちまして答弁といたします。 ◎教育長大久保裕明君) 議長

陸前高田市議会 2020-02-26 02月26日-03号

私は、経営支援の成果にも驚きましたが、人口25万人のまちで2008年から2018年で相談件数3万件と、相談対応する支援センターが市民から求められる大きな存在になっていることに驚きました。より魅力的なお店にするために、店頭でのアドバイス、事業継承、覚えてもらえる商品のための実践など、専門性を持つプロが様々な支援を行っていました。  そこで、本市経営支援の考えをお聞かせいただきたいと思います。

大船渡市議会 2020-02-21 02月21日-01号

移住定住促進につきましては、新たに「移住コーディネーター」を配置し、移住定住に関する情報発信相談対応充実を図るとともに、本市への移住実践者交流会開催などを契機とした関係者ネットワーク化に取り組んでまいります。  また、大船渡ふるさと交流センター三陸SUN拠点とした交流事業の実施などにより、交流関係人口の創出を図り、移住定住へとつなげてまいります。  

雫石町議会 2019-12-11 12月11日-一般質問-04号

本町の移住定住の取り組みについては、移住関心のある人を対象に、町の四季折々の魅力を実際に体験してもらう移住体験ツアーイベント移住カフェ移住目的とした活動を行う際の旅費の一部を助成する定住活動支援助成金七ツ森地域交流センター定住促進住宅活用田舎暮らしを体験してもらうお試し居住空き家有効活用を通して定住促進を図る空き家バンクなどのほか、窓口による移住希望者への個別相談対応や専用のホームページ

花巻市議会 2019-12-10 12月10日-03号

今後も養護老人ホームへの入所を必要とする高齢者に対しましては、高齢者総合相談窓口である地域包括支援センターなどの関係機関連携し、対象を見落とさない体制を図りながら、入所に向けた丁寧な相談対応に努めてまいります。 そのほかにつきましては、藤原市長が答弁いたします。 ○議長小原雅道君) 藤原市長。    

一関市議会 2019-12-06 第72回定例会 令和元年12月(第3号12月 6日)

担い手に対する支援については、国、県の補助事業を効果的に活用するとともに、市の独自事業による支援も行っているところでございまして、その主なものは例えば新規就農ワンストップ相談窓口による関係機関連携した就農希望者への相談対応それから新規学卒者等就農促進支援事業による実践的な研修への支援、あるいは農業経営指導員による認定農業者認定新規就農者に対する経営計画の作成の支援、こういうものに取り組んでおります

奥州市議会 2019-12-04 12月04日-03号

そこで、現状として市の虐待市単独といいますか、の虐待相談対応件数関係機関との連携現状について伺います。 以上、登壇しての質問といたします。 ○議長小野寺隆夫君) 小沢市長。     〔市長小沢昌記君登壇〕 ◎市長小沢昌記君) 千葉敦議員のご質問にお答えをいたします。 1点目の子どもの権利に関する条例についてであります。