37件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

雫石町議会 2018-03-06 平成30年  3月 定例会(第2回)-03月06日−議案質疑・討論・採決−05号

まず、今回の工程会議におきましては、その調査員監督というものを地域整備課職員にお願いをしておりますので、まずはそういう調査員監督の依頼をこちらからしまして、そして工程会議を進めているというところでございます。 ○議長前田隆雄君) 12番。

雫石町議会 2018-03-01 平成30年  3月 定例会(第2回)-03月01日−一般質問−04号

また、業務実施に係る要求水準においては、調査職員監督の指示として、受注者は設計、施工業務を通じ、調査職員監督の指示に従い、円滑に業務を遂行すること、設計業務については、設計内容の変更が必要と認めた場合、その設計内容の変更を要求することができるものと示しております。   

大船渡市議会 2017-09-13 平成29年  決算審査特別委員会-09月13日−各款質疑−02号

その中で、監督は市の職員が行いますけれども、事業費も大きいということで、現場の作業員も大きい、金額も大きいということで、補助的な業務で現場を見てもらうという内容のものを、これはコンサルさんのほうに委託をお願いしている部分がこの内容でございます。 ○委員長(今野善信君) 8番、小松委員。 ◆8番(小松龍一君) 大小はあるでしょうけれども、こういうことというのは大体通常考えられるパターンなのかと。

雫石町議会 2017-06-07 平成29年  6月 定例会(第5回)-06月07日−一般質問−03号

次に、2点目の舗装道路の管理保全についてのうち、舗装工事後二、三年で道路に穴があいているところも見受けられるが、工事の欠陥によるものかについてですが、道路工事においては、土質試験結果や凍結深度をもとに舗装構成を決定し、施工中は各種施工管理基準に基づき工事の進捗に合わせて監督、検査員の立ち会いによる施工確認や検査を行っております。   

大船渡市議会 2016-09-13 平成28年  決算審査特別委員会-09月13日−各款質疑−02号

それから、説明書のほうの115ページ、災害復旧費、1目水産施設災害復旧費の中の(2)、業務委託の中で、監督支援で3,545万2,080円ございますけれども、監督支援とはどういうものなのか。   以上、お伺いをいたします。 ○委員長(今野善信君) 生涯学習課長。 ◎生涯学習課長(江刺雄輝君) それでは、私からは1つ、自治体国際化協会負担金について御説明いたします。

大船渡市議会 2016-03-09 平成28年  予算審査特別委員会-03月09日−各款質疑−02号

◎市街地整備課長(今野勝則君) 防災集団移転促進事業の事業推進支援でございますが、発注時には、業者に対するそういった現場監督業務がありますが、こちらの支援業務の施工管理の部分につきましては、監督が現場を市の職員が管理するわけですが、その補助業務としてお願いしているものでございます。

大船渡市議会 2015-09-10 平成27年  第3回 定例会-09月10日−市政に対する一般質問−03号

防災集団移転促進事業による住宅団地の整備におきましては、転圧不足による地盤沈下を防止するため、国の施工基準に基づき、1層当たりの盛り土厚を30センチメートルとし、均一に十分な転圧により締め固めるように施工するとともに、設計に基づき適正に工事が施工されるよう、市の監督及び専門業者による工事管理にも十分に意を配しているところであります。

一関市議会 2015-08-25 第53回定例会 平成27年 9月(第1号 8月25日)

次に、このような工事遅延の再発を防止するための対策についてでありますが、消防本部といたしましては、契約に携わる職員が発注者としてより個別具体的な指示指導を行っていく必要があることから、工事契約事案の工事監督業務及び契約実務に関して、手続フローチャート、チェックリストなどを作成し、これらに基づく職員研修会の実施など取り組んでいるところであります。  補足説明は以上でございます。  

宮古市議会 2014-10-03 平成26年  9月 定例会-10月03日−06号

だとすると、やはり調査不足不足は調査不足にしても、早くどうするかということを現場で監督請負者としっかり早く協議して、これ迅速に対応していかないと、今言ったように日数が結果的にかかってしまうと変更金額というか増という部分がどんどん膨らんでくるという結果になってしまうということを指摘したいわけですね。そういうことです。 ○議長(前川昌登君) 高峯都市整備部長

一関市議会 2014-06-20 第48回定例会 平成26年 6月(第5号 6月20日)

これは同じ敷地内で、本来はあおば保育園の請負業者、あるいは、あおば保育園の監督がほかのところに迷惑をかけない形で処理するというのが本来の契約のあり方だと私は思いますね。  それは、市からこういうお話をいただければ、乙側は変更に応じるというような、それはそのとおりだと思います。  

雫石町議会 2014-03-05 平成26年  3月 定例会(第2回)-03月05日−一般質問−03号

◆1番(田屋舘愛子君) 現場が始まれば、監督は現場も見なければならない、帰って事務仕事もしなければならないと本当に大変な業務だと思います。そのような体制はどのようになっていらっしゃるのでしょうか。 ○議長(猿子恵久君) 復興整備課長。 ◎復興整備課長(米澤衛君) お答えいたします。   

大船渡市議会 2013-11-11 平成25年  第5回 臨時会-11月11日−議案上程説明、審議決定−01号

これについては監督のほうでも施工監理者、うちのほうから委託している施工監理者ありますけれども、それらとよく話をして工事がおくれないようにしているところでございますけれども、ただどの工種にどこから何人入っているというのを把握するのは非常に困難だと思います。

雫石町議会 2013-09-09 平成25年  9月 定例会(第7回)-09月09日−一般質問−02号

小さい工事を発注することはいいことですけれども、小さいD級の業者さんとかたくさんありますので、とっていただくことは大変ありがたいことですが、今回につきましてはそれ以上にものすごく件数が多くなるというふうなことを見込んでおりますので、できれば1人の現場監督で複数、今時点では2件兼務することはできますけれども、そういった形の中で工事箇所をできるだけまとめながら、工事箇所を少なくしながら発注をしていきたいというふうな

雫石町議会 2013-07-22 平成25年  7月 臨時会(第4回)-07月22日−議案説明・質疑・討論・採決−01号

地域整備課といたしまして、中学校耐震工事監督建築営繕グループの主査であります加藤主査を今考えているところでございます。 ○議長(猿子恵久君) 7番。 ◆7番(川口一男君) では、町長、聞きます。   この監督にどれぐらいの権限を持たせてつけるつもりですか。 ○議長(猿子恵久君) 町長。

宮古市議会 2013-05-22 平成25年  6月 定例会-05月22日−01号

これを段階的に宮古市工事でいえば監督、こういう場合は照査員でございますけれども、その職員がどういう照査を行ったかというチェックを厳しくといいますか実施して、継続的なチェックを行いながら品質の確保に努めていきたいと、その方法を問い続けたものを今度検討しながら実施してまいりたいと考えております。 ○議長(前川昌登君) 田中尚君。

大船渡市議会 2012-09-20 平成24年  決算審査特別委員会-09月20日−総括質疑−03号

当時地元消防団や地元町内会の方々も立ち会っていただいて、捜索の関係もありますので、皆さん方に立ち会っていただきながら、それから市でも建設課の担当職員を現場監督として配置し、作業に当たってきました。その中で建設業協会の会社さんとタイアップし、地元も一緒になって瓦れき処理をしてきたわけです。

紫波町議会 2012-03-02 平成24年  3月 定例会(3月会議)-03月02日−01号

ますけれども、一般的には、当初設計した段階で発注して、それが現地にそぐわないケースがあった場合、あるいは調査の段階で見えていなかった部分が現地に実際入った場合に出たといったケースとか、あるいは今みたいに建築の場合だと、あり得るのかどうかわかりませんけれども、現地との背を合わせるために高さが変わったとか、あるいは幅がちょっと寸法が違ったとか、そういったところが出た場合には、施工業者と、それからこちらの監督

  • 1
  • 2