17件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

一関市議会 2019-02-25 第69回定例会 平成31年 3月(第4号 2月25日)

○まちづくり推進部長(佐々木裕子君) いちのせき男女共同参画プランの進行管理についてでありますが、一関市では男女共同参画社会の実現を目指して、男女が互いを認め合い、支え合い、一人一人が輝くまちづくりを基本理念といたしまして、いちのせき男女共同参画プランを策定しております。  

一関市議会 2018-12-10 第68回定例会 平成30年12月(第4号12月10日)

男女共同参画社会の実現に当たり、生活の中ではこの施策の理解、啓発、施策の内容においては、地域社会活動、職場環境子育て介護防災、DV防止などその内容は裾野が広く、国においては平成27年に女性の職業生活における活躍の推進に関する法律を制定し、男女共同参画社会へと一層強化を図っているところであります。  

一関市議会 2018-06-22 第66回定例会 平成30年 6月(第5号 6月22日)

男女共同参画社会の形成を大きく阻害する、セクシュアルハラスメントの根絶こそが、全ての女性が輝く社会の実現に不可欠であり、政府を挙げて取り組むべきと考えます。  よって、以下の事項について強く要望します。  一つ、国際労働機関(ILO)における、セクシュアルハラスメントなど働く場での暴力やハラスメントをなくすための条約をつくる方針の討議に積極的に参加条約制定を目指すこと。  

一関市議会 2014-12-04 第50回定例会 平成26年12月(第4号12月 4日)

それで、この項目の最後の質問ですけれども、男女共同参画社会といって、さまざまな音頭をとっても、実際なかなか社会の状況が男女同格というか、そういうところはなかなかスピードが遅いと。  その点、行政はある程度、市長の、あるいは当局の発想で、さまざまな思いきった対応ができる、そういう意味では、今、政府のほうでも女性の活用と、目標数字をつくりながら具体的に今進めております。  

一関市議会 2012-02-24 第37回定例会 平成24年 3月(第3号 2月24日)

また、このことが男女共同参画社会の実現や、今、盛んに言われております協働のまちづくりの、地域づくりの大きなテーマになるのではないかと考えます。  市長の見解を重ねてお伺いいたします。 ○議長(菅原啓祐君) 勝部市長。 ○市長(勝部修君) 行政が積極的にこの結婚支援に関わっていくべきであるということでございます。  

一関市議会 2011-09-01 平成23年第34回定例会 平成23年 9月 質問通告書

佐藤雅子 (60分) 1.いちのせき男女共同参画プラン次期策定について  (1)男女がお互いを尊重し支え合う輝く地域社会を目指す一関の考え方を伺う  (2)現プランの推進において市民企業行政の対応の評価と課題について伺う  (3)現プランに掲げている主要指標に対する成果と課題について伺う  (4)今後男女共同参画社会推進

一関市議会 2010-03-02 第27回定例会 平成22年 3月(第2号 3月 2日)

男女平等に基づき、男女共同参画社会現代は特に強調されています。  学校関係の女性校長ももう珍しくなく、女性の議員地方国会議員、本当に何人いらっしゃるのでしょう。  首相等を除けば、地域初め首長にも多数いらっしゃって、もうそのような分野も珍しくなく、何しろ女性特有の力を発揮しているとのことです。  学校時代を振り返れば、男女半々で優秀な方たちも多かったと記憶しております。  

一関市議会 2009-06-24 第23回定例会 平成21年 6月(第5号 6月24日)

自治体が、各部において男女共同参画社会の実現を目指しているとき、税法上ではいまだ差別が続いております。  まさに、所得税法第56条は、家族の働きを認めない人権を無視した税法であります。  人権に対してこんなに遅れた先進国があるでしょうか。  アメリカイギリスフランスドイツイタリア、韓国など世界の主要国では、税法上も時価労賃は必要経費と認めています。  

一関市議会 2007-02-28 第10回定例会 平成19年3月(第3号 2月28日)

21世紀、時代は大きく変わっており、その主語は、男女共同参画社会であります。  男女社会の対等な構成員として、みずからの意思によって社会のあらゆる分野の活動に参画する機会が確保され、もって男女が均等に政治的、経済的、社会的及び文化的利益を享受することができ、かつ共に責任を担うべき社会と、難しい定義づけがなされているようであります。  このことは、もっとも、当然のことであります。  

一関市議会 2006-03-01 第 5回定例会 平成18年3月(第1号 3月 1日)

平成18年度は、新市としてのまちづくりの総合施策を定める総合計画を始め、男女共同参画社会推進に係る計画、行政改革大綱、地域防災計画国民保護計画、健康増進計画、障害者福祉計画、環境基本計画農業振興地域整備計画、住宅政策基本計画、教育基本計画等々、行財政運営の全般から防災保健福祉環境産業教育などの各分野にわたり、今後の市政運営の指針づくりを進めてまいります。  

一関市議会 2006-03-01 平成18年第5回定例会 平成18年3月 質問通告書

課題について  (1)学力問題について   ・管内の状況と取りくみについて  (2)図書館ネットワーク事業について   ・各学校内とのネットワーク事業を早期に立ち上げるべきと思うが今後の見通しについて伺いたい  (3)学校不登校児童生徒の対応策について   ・状況と取りくみについて 2.男女共同参画社会

滝沢市議会 1988-06-25 06月25日-委員長報告・質疑・討論・採決-04号

男女共同参画社会の形成は、男女社会の対等な構成員としてみずからの意思によって社会のあらゆる分野における活動に参画する機会を確保され、もって男女が均等に政治的、経済的、社会的及び文化的利益を享受することができ、かつともに責任を負うべき社会を形成することと定義されております。与えられる権利ではなく、対等平等の関係から参画していくこと、そのことが基本的人権として男女の尊厳であると信じております。

  • 1