178件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

一関市議会 2018-09-03 第67回定例会 平成30年 9月(第4号 9月 3日)

新焼却施設建設時期が延びたことにより、現在の焼却炉の延命化を図り、50年も焼却施設を受け入れてきた狐禅寺地区の環境負荷軽減のためにも、燃やすごみの大幅な減量が最優先課題だと考えます。  8月17日に私たち日本共産党一関市議団は、新しいごみ焼却施設建設に当たり市長へ申し入れを行いました。  

紫波町議会 2018-03-06 平成30年  3月 定例会(3月会議)-03月06日−03号

質問のとおり、街路灯のLED化は電気料金等の削減でなく、二酸化炭素排出量の抑制により環境負荷の軽減にもつながることから、町と地域双方にとって効果的な取り組みであります。まずは優先される事業を進めながら、軽減される維持管理費等をさらに施策の展開に活用を図るべく、現行の補助制度や所管する街路灯の規模を踏まえたLED化の推進策について検討を進めてまいります。  

紫波町議会 2018-03-05 平成30年  3月 定例会(3月会議)-03月05日−02号

処理施設や処分場に持ち込まれる廃棄物の削減、処理施設からの環境負荷の抑制など、社会的負担の少ない持続可能な廃棄物処理の在り方について早急に検討する必要があり、平成28年9月の一般質問では広域化についてと紫波町環境・循環基本計画の未来への取り組みについて、また、今年度の9月には環境教育について質問いたしました。  

北上市議会 2017-12-13 平成29年度 12月 通常会議(第227回)-12月13日−03号

当時と比較して照明器具の価格は低廉になっていますので、リース方式にこだわる必要はないと思いますが、環境負荷の低減、電気代の負担軽減などのメリットを見込めば、もっと積極的にLED照明器具への切りかえを進めるべきと考えます。  また、市内の小中学校体育館の照明には現在も多くで水銀灯が使われていますが、水銀灯は平成32年に製造禁止になることが決まっています。

大船渡市議会 2017-09-07 平成29年  第3回 定例会-09月07日−市政に対する一般質問−03号

再生可能エネルギーの利用促進は、地域みずからで電力を生み出すことにより非常時における生活産業インフラの確保に資するという防災面でのメリットに加え、地球温暖化対策の観点においても環境負荷の低いエネルギー源への移行は極めて意義深く、時代の流れに即した取り組みであると考えているところであります。   

花巻市議会 2017-09-05 花巻市議会 会議録 平成29年  9月 定例会(第3回)-09月05日−03号

GAPには、各都道府県が運営主体となる各都道府県のGAPやJA等が運営主体となるJAグループのGAP、一般財団法人日本GAP協会が運営主体となるJGAP、ドイツに本部を置く非営利組織が運営主体となるグローバルGAP等、さまざまな種類がありますほか、その導入効果は、農産物の病原微生物等による汚染の低減等を通じた食品安全性向上や農薬肥料による環境負荷の低減等を通じた環境の保全、農作業中の事故の回避等

一関市議会 2017-08-22 第62回定例会 平成29年 9月(第4号 8月22日)

○1番(岡田もとみ君) 住民が誤解をしているということなのですけれども、どういうことを誤解だと市長が言っているのかわかりませんが、住民が今困っていることは、やはり固定化につながる環境負荷です。  それについて丁寧に、これに対してこそ丁寧に説明を科学的にもしていく必要があると思いますが、盛岡市ではそういった総量についての試算もして発表しました。  

紫波町議会 2017-06-07 平成29年  6月 定例会(6月会議)-06月07日−01号

平成29年4月1日から平成31年3月31日までに新規取得した排出ガス性能及び燃費性能のすぐれた環境負荷の小さい三輪以上の軽自動車について、取得した翌年度分の税率を軽減する措置を講ずるものでございます。  次に、16ページをごらんください。  附則第14条の2の軽自動車税の賦課徴収の特例でございます。

雫石町議会 2017-06-05 平成29年  6月 定例会(第5回)-06月05日−一般質問−02号

次に、3点目のごみ処理問題についてのうち、ごみ処理の広域化、1カ所に集中させるやり方は妥当と考えているかについてですが、国はダイオキシン類の削減対策による環境負荷の低減とごみ処理の効率化のため、平成9年度に県単位でごみ処理の広域化計画を策定するよう通知しました。   

花巻市議会 2017-03-10 花巻市議会 会議録 平成29年  3月 定例会(第1回)-03月10日−05号

次に同じく2ページの(18)でありますが、軽自動車税の排出ガス性能及び燃費のすぐれた環境負荷の小さいものに係る特例、いわゆるグリーン化特例の適用時期を1年間延長し、平成29年度分まで税率を軽減するものであります。  次に2ページの第3、施行期日であります。本条例は、一部の規定を除き公布の日から施行しようとするものであります。  

雫石町議会 2017-03-08 平成29年  3月 定例会(第3回)-03月08日−一般質問−03号

教育分野では、御所地区における小学校統合に伴う新しい小学校の開校に伴う体育館の実施設計、雫石中学校における地場産材を活用した木質化等による学習環境の改善及び環境負荷の低減に対応した学校施設の改修、学校図書館の中心配置による読書力、読解力の向上など、教育環境の整備に取り組んでまいります。   

紫波町議会 2017-03-02 平成29年  3月 定例会(3月会議)-03月02日−01号

本町におきましても、環境負荷の低減と密接な関わりを持つ森林資源の活用、廃棄物の排出抑制と資源化などの取り組みを一層進めてまいります。  第3に、人と情報がつながり快適で安全なまちづくりについてであります。  人口減少、少子高齢化社会の到来や厳しい財政状況の中で、真に必要な社会資本であるインフラの整備を効率的、効果的に進めることが求められており、選択と集中が必要になってきております。

雫石町議会 2016-12-07 平成28年 12月 定例会(第7回)-12月07日−一般質問−04号

この中で、ごみの減量化や資源リサイクル等を推進し、環境負荷の少ない町を目指すとともに、クリーンエネルギーの導入等により循環型社会の構築に向けた取り組みを推進してきておりますので、次の事項についてお伺いします。   第1点目として、近年におけるごみの減量化と資源化の動向はどうなっているかお伺いします。   

金ケ崎町議会 2016-09-20 平成28年  決算審査特別委員会-09月20日−03号

でございますけれども、町内の自動車産業につきましてはトヨタ自動車東日本さんを初め、そこに部品を供給している企業も多く立地をしていただいているところでございますので、この町内で生産をされる自動車に対して補助金を出すということは、関連をして自動車産業の発展、そして育成等に寄与するものということで、町としてこの要綱を定めて支援をしているものでございますし、ハイブリッドカーということに限定をしてございますのは、環境負荷

紫波町議会 2016-09-07 平成28年  9月 定例会(9月会議)-09月07日−02号

広域化による利点としては、施設の集約化により一定規模の施設整備となり、建設及び運営等コストが大幅に削減されること、施設規模の確保により稼働の安定性が増し、環境負荷が低減されること、近年の災害時を踏まえた施設耐震化と浸水対策の活用により、強靭な廃棄物処理システムの構築が図られる等の効果が得られると考えております。

釜石市議会 2016-06-24 平成28年  6月 定例会(第4号)-06月24日−05号

なおかつ釜石にあっては、これまでも民間企業発電所であるとか、風力発電所等々ございますけれども、再生可能エネルギーの導入という、環境負荷が少ないという観点、プラス産業面の観点も非常に大きいということもございますので、可能な限り積極的な導入を図っていきたいと考えております。 ○議長(佐々木義昭君) 以上で質疑を終わります。  これより議案第94号を採決いたします。

釜石市議会 2016-06-23 平成28年  6月 定例会(第4号)-06月23日−04号

次に、港湾を使ってのLNGの可能性及びその後の考えについての御質問ですが、国内における液化天然ガス、いわゆるLNGの状況は、東日本大震災以降、原子力発電所の代替発電施設としてLNG火力発電所の整備が進んでおり、石炭石油火力発電所と比較して、環境負荷が少ないエネルギー源としても需要が増しております。  LNG受け入れ基地には、1次基地と2次基地があります。