4527件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

金ケ崎町議会 2024-12-09 12月09日-03号

ただし、中期経営計画概要として、28年、29年からずっと同じような説明を続けてきておりますので、ある程度理解はしていただいていると考えております。ことしになって新しい組合長さん等になられて、またそこの段階でも年度当初にも概要説明をいたしましたし、最近もまた同じように説明をしました。下水道経営状況については、確かに苦しいというところは理解していただいております。

金ケ崎町議会 2023-12-05 12月05日-01号

4つ目町民理解は極めて不十分である、また来年度以降、町内外企業従業員数増により、町の下水道利用世帯数の増が見込まれる状況にもあり、値上げを延期し、住民理解を得てから実施すべきと考えられるが、いかがかについてでございますが、町民理解につきましては、平成20年度の料金改定以降、平成27年度には下水道事業財政状況平成28年度からは下水道経営課題解決として下水道事業経営検討会の設置を行い、中期経営計画

大船渡市議会 2023-09-11 09月11日-02号

私がこの地の歴史や文化や伝統についても申し上げたのは、最初の質問の趣旨を理解いただきたく申し上げたものであることをぜひにも御理解をいただきたいと思います。  そこで、次代を担う子供たちに深く思いをはせながら、質問をしてまいりますので、よろしくお願いを申し上げたいと思います。  

大船渡市議会 2021-09-12 09月12日-03号

市が進める協働まちづくりについて、これまで説明の機会や協議の場が設けられてきましたが、市民や議会の理解が進んでいるとは言えない状況にあると感じられます。市が提案する協働まちづくりは、今後の公民館や地域活動の方向を大きく変えることとなるものであり、それぞれが新しいまちづくりのあり方について共通した理解とイメージを持って取り組むことが必要であります。  

大船渡市議会 2021-06-21 06月21日-04号

これまでの4年間の各地区協議会における活動を見ますと、地域住民理解協力を得ながら各事業に取り組んでいることから、助け合いの意識が浸透してきており、着実な進展を実感しております。  当市の地域包括ケアシステム取り組みの評価につきましては、地域コミュニティー医療介護サービス医療介護連携民間事業者による見守りの4点で捉えております。  

金ケ崎町議会 2021-06-07 06月07日-03号

それから、10ページにかかわる消費税及び地方消費税というタイトルがありますが、いわゆる8%の場合は、国が6.3%、地方が1.7%という割合でありましたが、10%の場合は7.8は国、2.2が地方消費税というふうに理解しておりますが、地方消費税というのは、県に入ってくるお金だと理解しておりますが、この町に対してはどういう還元といいますか、税をアップしたことによって、地方自治体に与える影響というのはどういうふうに

大船渡市議会 2020-12-17 12月17日-05号

それと、これ何度も説明あってお話はあったと思うのですが、私もちょっとなかなかまだ理解できないのは、スポーツ交流ゾーンというゾーンなのですけれども、ここでのスポーツ交流ゾーンというのは大まかなもので出ておりますけれども、具体的にどういうふうなスポーツをこちらでやる予定なのかということをちょっとお聞きしたいと思いますが。 ○議長(熊谷昭浩君) 災害復興局長

奥州市議会 2020-12-14 02月14日-01号

教育長田面木茂樹君登壇〕 ◎教育長田面木茂樹君) 本日ここに、令和2年第1回奥州市議会定例会が開催されるに当たり、令和2年度の教育行政の主要な施策について所信の一端を申し上げ、議員各位並びに市民の皆様のご理解とご協力をお願いします。 教育は、自己の形成や、相手への敬意、そして社会性を育むうえで大きな役割を持つものです。

大船渡市議会 2020-12-12 12月12日-03号

1番目、2番目は一見して直接な関連はないようにも見えますが、実はそうでもありませんで、そのことは壇上での質問を通して御理解いただけるものと存じます。別な言い方をしますと、大きい1番は協働に係るそもそも論から始まり、これまで当局によりお示しいただいた資料等をもとにいたしまして、これまでの取り組みと成果、そして今後の見通しについて伺うものであります。  

金ケ崎町議会 2020-12-10 12月10日-04号

若干今後も数字に変動があるかもしれませんので、そこをご承知いただいて、ご理解いただきたいと思います。 それでは、各幼稚園ごとに具体的に説明させていただきます。六原幼稚園は、来年度3歳児10名、4歳児10名、5歳児11名で合計31名の予定です。三ケ尻幼稚園は、3歳児7名、4歳児5名、5歳児5名で合計17名の予定です。永岡幼稚園は、3歳児2名、4歳児8名、5歳児3名で合計13名の予定です。

金ケ崎町議会 2020-09-10 09月10日-04号

議員のおっしゃるとおり、しっかり定まった時点でというふうなところとは思われますが、例えばプロポーザルするにしても、ある一定の準備期間が必要になってくることでございますので、12月とかの時期よりも前の今の時期にある程度見通しを持つためにも必要ではないかなというふうに思っておりますので、ご理解いただきたいと思っております。 以上でございます。

金ケ崎町議会 2020-09-05 09月05日-02号

同僚議員質問理解できたところもありますが、町民懇談会説明だけでは説明したとは言えないのではないかと私は思います。上水道もあわせて下水道利用者というのは、出資者であり、経営者であり、利用者であるという視点に立って、協働の精神をここに入れることによって使用者理解を高め、町民参加による経営がなされるのではないかと。 

滝沢市議会 2020-07-30 07月30日-議案説明・質疑・討論・採決-01号

経済産業部長長内司善君) 商工会の連携事業についてでございますけれども、先ほど申し上げましたけれども、お仕事マッチングということで、自分の企業はこういう企業ですよというところをアピールしていただいて、来ていただいたお客さんに理解していただいて、もし働きたいという思いがあれば、そこで今後面接につながっていくというようなマッチング事業でございまして、市内企業地域認知度を高めながら、今後発展していくと