101件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

花巻市議会 2018-12-04 花巻市議会 会議録 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月04日−03号

この部分について、例えば北上の済生会病院もこの医師養成の事業の該当になるという話も一部聞いたことあるのですけれども、それと一緒に総合花巻病院の場合も含めることができないのかということです。それについてお伺いします。 ○議長(小原雅道君) 上田市長。 ◎市長(上田東一君) この制度をつくったときに済生会病院は入っていたのです。総合花巻病院は入っていないのです。

北上市議会 2018-09-12 平成30年度  9月 通常会議(第236回)-09月12日−03号

また、平成28年2月には、北上済生会病院内に北上市在宅医療介護連携支援センターを開設し、医療介護連携の拠点として、在宅での療養生活における医療介護に関する相談受け付けや各種専門職で構成する在宅チームケア体制のコーディネート、多職種それぞれが抱える課題に対応した研修の企画実施を行っております。  

北上市議会 2018-06-28 平成30年度  6月 通常会議(第234回)-06月28日−05号

佐藤氏は、国立仙台病院附属看護助産学校を卒業後、平成9年まで北上済生会病院にて看護師としてお勤めになりました。また、平成25年から平成29年まで北上子ども・子育て会議委員を務められております。  人格、識見ともに適任と確信し、任命しようとするものであります。  何とぞ、満堂の御同意を賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(高橋穏至君) これより質疑に入ります。

北上市議会 2018-06-20 平成30年度  6月 通常会議(第234回)-06月20日−03号

具体的には、済生会病院の移転に向けた支援や市健康管理センターの建てかえ、町なかや北上駅前バス待ち合い環境の改善を盛り込んだ内容となっております。  次に、地域拠点の形成についてでありますが、地域拠点は平成27年度に策定した市都市計画マスタープランにおいて、生活機能の確保を図るとともに地域づくり活動の拠点として、各地区に最低1カ所配置することとしたものであります。

花巻市議会 2018-06-07 花巻市議会 会議録 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月07日−03号

北上市の済生会病院も我々と同じ考えですよ。移転について北上市が支援するということを決めている。そして奥州市であれば、奥州市総合水沢病院を改築するという計画については市民の反対の意見はあります。あるいは医師会の先生方の中には、花巻のように、その病院機能についての関係者の話し合いが十分ではないという意見もある。その中で、奥州市長は計画を少し延期して、今再検討している状況です。

北上市議会 2017-12-14 平成29年度 12月 通常会議(第227回)-12月14日−04号

済生会病院建設とあわせて設置を検討すべきだと考えますが、当市の考えをお伺いします。 ○議長(高橋穏至君) 市長。      (市長 高橋敏彦君 登壇) ◎市長(高橋敏彦君) 安徳壽美子議員の御質問にお答えいたします。  初めに、地域農業の維持振興策について申し上げます。

北上市議会 2017-12-12 平成29年度 12月 通常会議(第227回)-12月12日−02号

町なかのアクションプランだと、そう言えばわかるのかなと思うわけでございますけれども、この中に先ほど市長は3点ということで言いましたけれども、誘導施設整備というのがありまして、5つほどありますが、北上駅東口駐車場の整備、2つ目が既存体育施設の建てかえ、それから3番目は北上済生会病院の建てかえ支援、それから4番目が駅前開発ビルの再々開発事業、それから5番目が健康管理センターの整備と、こううたっているわけでございますが

北上市議会 2017-12-07 平成29年度 12月 通常会議(第227回)-12月07日−01号

債務負担行為の補正は、北上済生会病院病院建設支援総合補助金ほか45件を追加しようとするものであります。  地方債の補正は、交流センター整備事業債ほか4件の限度額を変更しようとするものであります。  次に、議案第37号平成29年度北上市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)について申し上げます。

花巻市議会 2017-12-05 花巻市議会 会議録 平成29年 12月 定例会(第4回)-12月05日−03号

したがって、先ほど申し上げましたように、法律上は公的病院に準ずるものとして、済生会病院だけじゃなくて総合花巻病院のような病院も入っているんだから入れてくださいといったことについて、御理解いただける状況にあるかどうかということについて、やっぱりその時点で判断しないといけないということだと思うんです。  

北上市議会 2017-09-29 平成29年度  9月 通常会議(第225回)-09月29日−05号

◆24番(高橋孝二君) 先ほどの平野議員とも関連するのですが、劣化調査というふうな説明がありましたが、すると公共施設等のインフラ整備との関係で、別個に個別にこれだけを先行してやると、全体的なインフラ整備の方針とかそれとも関係なく、今回の場合は済生会病院との関係もあるでしょうから、急ぐということなのか。

花巻市議会 2017-09-13 花巻市議会 会議録 平成29年  9月 決算特別委員会-09月13日−02号

ですから、花巻市民にとっては、中部医療圏の中で、県立中部病院、市内では県立東和病院と大迫地域診療センターが対象になってございますし、二次救急医療ですと、民間の北上済生会病院が対象になっているということで、花巻市民にとっても大事な事業だという認識でございます。 ○委員長(近村晴男君) ほかに質疑の方ありませんか。  櫻井肇委員。 ◆(櫻井肇君) 1点お伺いいたします。  

花巻市議会 2017-09-04 花巻市議会 会議録 平成29年  9月 定例会(第3回)-09月04日−02号

このように、岩手中部保健医療圏においては、定住自立圏とは関係なく、県立中部病院は急性期医療の中心として専門的な診察、検査、入院治療、手術を要する高度急性期の医療を担う病院とし、現在、移転整備を計画中の総合花巻病院、北上済生会病院などは県立中部病院と連携して、あるいは近い将来、矢巾町に移転される岩手医大附属病院と連携して、急性期医療のほか回復期医療に対応する病院として位置づけられる方向と理解しております

北上市議会 2017-06-15 平成29年度  6月 通常会議(第222回)-06月15日−03号

なお、この見通しには、今後確実に負担が想定される北上済生会病院の移転建てかえに係る市の負担やインフラ資産マネジメントに対応した長寿命化計画も加味されておらず、今後大幅な事業の見直しや、なお一層の基金残高の減少が懸念されるところであります。このことから、健全な財政運営を維持する上で、当該事業に対し基金活用を前提とすることは困難であると考えております。  私からは以上であります。

北上市議会 2017-03-23 平成29年度  3月 通常会議(第230回)-03月23日−04号

委員からは、どのような事業にどの程度充当することとなるのかとの質疑があり、当局からは東芝メモリ株式会社の新工場の建設に対応する道路整備に3億9,000万円、北上済生会病院建設への支援や道路整備等に1億2,000万円、道路、橋梁の整備や維持に13億3,000万円を充てることとしているとの答弁がありました。  

北上市議会 2017-03-07 平成29年度  3月 通常会議(第230回)-03月07日−03号

まず、きたかみ型地域包括ケアシステムについてでありますが、5つの地域包括支援センターが地域高齢者支援の拠点として、北上済生会病院に設置した在宅医療介護連携支援センターが医療介護の多職種連携の拠点として、それぞれの強みを生かして有機的につながりながら、地域包括ケアシステムの構築を目指そうとするところがきたかみ型の特徴となっております。