運営者 Bitlet 姉妹サービス
2074件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-10 一関市議会 第68回定例会 平成30年12月(第4号12月10日) 次に、市が管理をしている焼却炉についてでございますが、平成14年の廃棄物の処理及び清掃に関する法律の改正によりまして、法令の基準を満たさない焼却炉は使用が禁止されたところでございまして、市で保有している基準を満たさない焼却炉については、現在いずれも使用しておりません。   もっと読む
2018-09-18 釜石市議会 平成30年  9月 決算特別委員会-09月18日−02号 第4款衛生費は、旧清掃工場解体・跡地整備事業が事業を完了したものの、再生可能エネルギー設備導入等推進基金事業の増などにより、前年度比616万円減の17億4092万円となった。第5款労働費は、緊急雇用創出事業の皆減などにより、前年度比2334万円減の1025万円となった。 もっと読む
2018-09-13 釜石市議会 平成30年  9月 定例会(第3号)-09月13日−04号 維持管理事業が計画的に進められており、改修工事に当たっては、火葬の受け入れを制限する事態が生じないよう実施したいとのことでありますが、その現況についてお伺いするとともに、館内の清掃等を含む維持管理に課題はないのかお尋ねいたします。また、使用料が近隣自治体と比較し、高額に設定されている理由についてもお聞かせ願います。  通学時における子供の負担軽減についてお尋ねいたします。   もっと読む
2018-09-12 釜石市議会 平成30年  9月 定例会(第3号)-09月12日−03号 市では、市内の環境美化と環境保全意識の醸成を図るため、町内会や団体等の協力のもと、毎年春と秋に市民一斉清掃日を定め、クリーンアップ活動を実施しております。来年はラグビーワールドカップ開催、多くの人たちが釜石を訪れます。開催の準備は進んでいると思いますが、多くの人たちを迎えるためのまちの美化については問題があり、市を挙げて取り組まなければならないと考えております。   もっと読む
2018-09-03 一関市議会 第67回定例会 平成30年 9月(第4号 9月 3日) ○14番(岡田もとみ君) なぜ10%削減にこだわる必要があるのか具体的によくわからないのですけれども、最近、清掃センターのほうでは、今年度に入ってからごみの量がふえて、土日も稼働させているという話を聞きましたが、この状況について原因としていることがあればお知らせください。 ○議長(槻山隆君) 黒川市民環境部長。 もっと読む
2018-08-31 一関市議会 第67回定例会 平成30年 9月(第3号 8月31日) 受託者の再委託の状況については、受託者が作成した業務履行計画において市と同様の発注先及び発注内容とすることとしておりまして、脱水汚泥処理業務や施設清掃作業等の市内業者への委託が62件ございますが、それと水道水の残塩、塩が残ると書きますが、この残塩測定や除草作業の個人委託90件ございます。  合わせて152件、これは業務履行計画に沿って再委託が行われているところでございます。   もっと読む
2018-08-30 一関市議会 第67回定例会 平成30年 9月(第2号 8月30日) 一関及び大東、この各清掃センターへ搬入される可燃物の重量、このうち生ごみは約3割を占めていると推計されております。  また、他の自治体では、排出された生ごみからバイオガスを発生させて、それを燃料として発電に活用している事例があることも承知をしているところでございます。   もっと読む
2018-06-18 一関市議会 第66回定例会 平成30年 6月(第4号 6月18日) 新たな一般廃棄物処理施設につきましても、一関地区広域行政組合において平成28年度に策定をいたしました廃棄物処理基本構想におきまして、現在の一関、大東両清掃センターの1日当たり処理量、これが約120トンでございます。   もっと読む
2018-06-15 一関市議会 第66回定例会 平成30年 6月(第3号 6月15日) このうち、放射性セシウム濃度8,000ベクレル以下の牧草については、大東清掃センターにおいて一般ごみとの混焼を行っており、平成30年3月末現在の処理済みは4,541トンで、残る332トンについては、全て本年度中に焼却を完了する見込みでございます。  8,000ベクレルを超えた牧草の27トンについては、市の一時保管施設で保管をしている状況でございます。   もっと読む
2018-06-14 一関市議会 第66回定例会 平成30年 6月(第2号 6月14日) 昭和56年に一関清掃センター焼却場が稼働して37年が経過をしております。  この施設の耐用年数はおよそ20年から30年と聞いております。  市では、資源・エネルギー循環型まちづくりによるエネルギーの地産地消を平成30年度の施政方針の中で表明されたところでありました。   もっと読む
2018-06-11 釜石市議会 平成30年  6月 定例会(第2号)-06月11日−01号 活動内容としまして、県内の駅、空港、道の駅などでの観光案内、花いっぱい活動や地域清掃活動、出場国のお出迎えやおもてなしなどを念頭に置くものでございます。  なお、開催都市独自ボランティアに関しましては、今後の公式ボランティアの募集状況等を勘案しながら対応してまいります。  次に、500日前イベントの実施についてでございます。   もっと読む
2018-03-19 滝沢市議会 平成30年  3月 予算決算常任委員会-03月19日−予算審査・質疑・討論・採決−05号 また、清掃センターの管理運営事業の電気の購入につきまして、新電力についても導入に関する検討をするということにしておりまして、そういったことにおいて電気代の削減等も含めながら今後削減を図っていきたいということで組合のほうでは検討していることで伺っております。 ○委員長(遠藤秀鬼君) 小川健康福祉部長兼福祉事務所長。 もっと読む
2018-03-19 紫波町議会 平成30年  3月 予算決算常任委員会(3月会議)(2)-03月19日−03号 それから、委託のことについてご質問ありまして、現在、給食センターの委託というのは、例えば警備であるとかボイラーの清掃、消防設備、浄化槽、汚水分離、あるいはご飯の食器の回収洗浄等、さまざまな委託をしております。   もっと読む
2018-03-15 一関市議会 第65回定例会 平成30年 3月(第5号 3月15日) 27ページとなりますが、4款2項1目清掃総務費の財源振替につきましては、一関地区広域行政組合が実施した大東清掃センター2号井戸整備事業費分など、広域行政組合への分担金に地方債を充当するため財源振替を行うものであります。  28ページをお開き願います。   もっと読む
2018-03-15 紫波町議会 平成30年  3月 予算決算常任委員会(3月会議)(2)-03月15日−01号 まず、先ほどの環境マイスターさん、本当に大変でございまして、いろいろな活動をしているわけでございますけれども、まず、ページ83ページの清掃総務費負担金であります。5億2,000万とありますけれども、去年より減っているわけでございますけれども、やはりごみも分別をすれば資源になるということで、経営方針の1番1丁目に載っています。 もっと読む
2018-03-15 花巻市議会 花巻市議会 会議録 平成30年  3月 予算特別委員会-03月15日−03号 次産業推進室長             佐藤多恵子君             藤井保宏君  財政課長       松田英基君   収納課長       小原一美君  農政課長兼地域農業推進室長      農村林務課長     佐々木昭司君             藤原康司君  商工労政課長兼企業立地推進室長    観光課長       冨澤秀和君             古川 昌君  生活環境課長兼清掃 もっと読む
2018-03-14 花巻市議会 花巻市議会 会議録 平成30年  3月 予算特別委員会-03月14日−02号 2目保健センター費から133ページの2項清掃費までは説明を省略いたしまして、137ページをお開き願います。  5款労働費は、総額1億7,469万6,000円であります。   もっと読む
2018-03-13 釜石市議会 平成30年  3月 予算特別委員会-03月13日−03号 これは、子供たちと地域の人たちも一緒になって河川清掃問題について考えたわけだが、震災以降聞こえなくなってきている。今後どのように考えておられるのか。始めたころの思いなどはどうだったのか。地域によってはやっているところがある。松倉地区で近くの電力会社の方なども一緒に河川清掃をやっていることもあるので、アースデーのこれからについてお聞かせ願いたい。 もっと読む
2018-03-13 滝沢市議会 平成30年  3月 予算決算常任委員会-03月13日−予算審査−04号 あと、15ヘクタールの除間伐の対象場所ということでありますが、現在考えているのは清掃センターと射撃場の周辺というところで、カラマツを間伐していきたいというふうに考えております。   もっと読む
2018-03-12 雫石町議会 平成30年  予算特別委員会-03月12日−04号 人件費の増とか、あるいは経済の関係も確かにあると思いますけれども、例えば一般的に清掃とか、あるいは警備とか、その他一般の業務については何とか自分たちでもできる、あるいは地元の町民でもできるというのがあると思います。 もっと読む