26件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

宮古市議会 2020-09-23 09月23日-03号

解釈等弾力的な運用で支援に効果的な減税が期待されますが、市の課題と対策は何か伺います。 人口減少等による景気の後退は、今後、土地、建物や償却資産など、固定資産への評価額の縮小が予想されます。都市計画税を徴収しない理由にもされております市の超過税率(1.5%)採用は、都市間競争で宮古市が不利になると考えるものであります。

二戸市議会 2020-03-04 03月04日-議案質疑-05号

◎副市長大沢治)  すみません、最初に……〔岩崎敬郎議員解釈な」と呼ぶ〕 ◎副市長大沢治)  はい。いろいろご心配いただいて、大変ありがとうございます。ちょっと私も説明不足がありましたので、先に説明させていただきたいと思いますけれども、議員さんおっしゃったとおり、地方自治法の第244条の2第8項は、利用料金を定めるという規定でございます。

金ケ崎町議会 2018-12-11 12月11日-03号

それから、解釈の点につきましては、先ほどの繰り返しになってしまいますが、条例を制定してお諮りするためにも、その前に住民にサービスを提供できる段階、そういう見通しだとかも必要だというふうに解釈といいますか、捉えておりまして、来年度条例を制定していただく準備のために、今はそのための施設整備を進めてまいりたいと、そういう考えでございます。 以上でございます。 ○議長伊藤雅章君) 総合政策課長

一関市議会 2016-12-12 第59回定例会 平成28年12月(第3号12月12日)

それで、今、答弁の中で気になったことをまず最初に質問しますが、そういう形で、そういう解釈で進んだ場合、当局の責任において対応するというくだりがありましたね、答弁の中で。  これはどういうことでしょうか。  というのは、今回のこの甲子園云々を抜きにして、一般論としてですよ、訴えられます。  応訴します。  そして、応訴については、法改正によって、これは議决事項承認事項ではありません。  

花巻市議会 2016-09-07 09月07日-04号

これは、車椅子の障がい者の方からでございましたけれども、いろいろな制度などがございますが、窓口担当者によって解釈が違っているために、非常に混乱を来している場面がありましたということです。 介護認定を受けていない状態で、入院してもすぐ自宅に戻る、あるいは退院したときに、すぐに介護保険を使いたいという相談に行かれたそうです。

雫石町議会 2016-09-06 09月06日-一般質問-03号

第一審の判決につきましては、被告町長としては解釈及び事実認定誤りがあると思料いたしますので、高裁の判断を仰ぐため控訴したものであります。  ご質問のうち、まず弁護士を変更した理由についてですが、第一審とは別の角度、観点から本件事案の精査及び法律的問題の分析、検討をしてもらうことが有益と考えまして、新しい弁護士を代理人として選任したものであります。  

雫石町議会 2016-06-10 06月10日-委員長報告・討論・採決-04号

繰り返し答弁になりますけれども、今の覚書の締結といった事務の進め方が法234条、私どもは趣旨を尊重しているといった考えでおりますけれども、ここの部分についても弁護士先生と相談させていただきながら、解釈といった部分になろうかと思います。そういったところは弁護士と相談しながら主張していきたいと考えております。 ○議長前田隆雄君) 4番。

一関市議会 2016-03-17 第56回定例会 平成28年 3月(第5号 3月17日)

岩手当局と一関市当局において、この交付金契約ですか、こういうものを結んでいますと、そこの合意が成立していないから国庫金であるこの補助金ですか、交付金ですか、これの返還義務を負わないという解釈は成り立つのですか。  私は成り立たないと思います。  だから、法令上問題ないのかしらと聞いているわけです。  不満はみんなあると思います、7自治体それぞれ。  

釜石市議会 2015-12-18 12月18日-05号

現政権は、この法案の成立を急を要する法案であるとの考えで押し切りましたが、安全保障考えるに当たっては、解釈継続性はもちろんのこと、自国の将来像を見据えた上での国際関係のあり方が重要となります。このたびの関連法においては、この点に関する議論がまだまだ不足しているように思われます。安易に戦争に踏み込むことがないように、再度十分な慎重な議論が必要と思います。 

紫波町議会 2014-11-17 11月17日-01号

大変対応が遅かったということについては、事務方の手違いというか解釈の間違いということで、改めて引き締めて今後の業務に当たりたいと思っております。 決算については、前年度の分の加算額だということで、来年26年度の処理になります。 ほかについてということですが、町民課所管分については後期高齢者保険料、それから介護保険料について調べさせていただきました。

紫波町議会 2013-12-06 12月06日-03号

ただし、いわゆる解釈の中でそれがどのように運用されるかということについては、心配のスタンスをとっていかなければならないのかなと。さまざまな報道、新聞とかテレビとかでも報道されていますし、あるいは特集を組んでいるテレビ番組もあります。そういった情報の中ですと、決して心配が払拭されている状態ではないなという認識がございます。 

一関市議会 2013-02-25 第42回定例会 平成25年 3月(第4号 2月25日)

極めて乱暴な解釈であると思料するものですが、監査委員会の見解を求めたいと思います。  その2つ目として、日付なし、日付の半月前の受付印公文書上問題なしの答弁もありました。  チェック機関である議会への公式答弁として到底看過できるものではありません。  実際の日常業務はこのような感覚で良とはしていないと期待しますが、議会答弁としてはあり得ないものであります。  

  • 1
  • 2