48件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

一関市議会 2019-03-15 第69回定例会 平成31年 3月(第5号 3月15日)

保育士医療従事者農業林業従事者、そして起業者や事業承継者を対象とした奨学金返還への助成、また、民間法人が行っている給付型奨学金事業への出資、さらには学校給食などを通じて地場産食材を活用した食育指導や生産者との交流による児童生徒の郷土愛を育む取り組み、移住される方への支援などにより、若者が一関に戻り、一関に根を張るような一関への人の流れがつくられていくことを期待するものであります。  

一関市議会 2019-02-22 第69回定例会 平成31年 3月(第3号 2月22日)

これに加えて、新たな取り組みとして、新年度においては民間法人の給付型奨学金事業への出資、奨学金返還者への支援など、企業人材確保や若者の地元定着につながる取り組みも行ってまいりたいと思います。  次に、新たな工業団地の整備についての御質問もございました。  議員から紹介のございましたように、企業国際動向については全く目を離せない状況にあると私も受けとめているところでございます。  

一関市議会 2019-02-21 第69回定例会 平成31年 3月(第2号 2月21日)

私は、まち・ひと・しごとの地方創生の中心は人であるとの観点から、特に若者への支援の一つとして奨学金返還支援事業の創設を提案してまいりましたところ、施政方針の中で、民間法人が行う給付型奨学金事業への出資や奨学金返還者への支援により地元就職を促進するとうたわれており、新規事業への期待が高まります。  この新規事業に対する市長の思いについてお伺いをいたします。  

花巻市議会 2018-09-03 花巻市議会 会議録 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月03日−02号

先ほど教育長の答弁で、民間法人立の施設整備によって159人の定員増とお話を申し上げました。このうち1園につきましては、既に5月1日に定員19人の小規模保育園が開園しておりますけれども、残りにつきましては、来年2月、それから来年4月に、今後順次開園していく予定でございます。  

一関市議会 2018-02-22 第65回定例会 平成30年 3月(第3号 2月22日)

次に、DMOの取り組み状況についてでございますが、一関市と平泉町における観光振興を目的として、地域の若手経営者によって新たに設立された民間法人でございます。  この一般社団法人一関平泉イン・アウトバウンド推進協議会、これを中心とした一関・平泉地域連携DMO推進委員会を設置いたしまして、事業計画や組織体制など検討を進めてきたところでございます。  

一関市議会 2017-12-11 第64回定例会 平成29年12月(第4号12月11日)

現在は、地域の若手経営者により、一関市と平泉町における観光振興を目的として、新たに設立された民間法人である一般社団法人一関平泉イン・アウトバウンド推進協議会を中心とした一関・平泉地域連携DMO推進委員会を設置し、事業計画や組織体制など、設立検討委員会の検討結果の具体化に向けて、実務的な検討を進めているところでございます。  

花巻市議会 2017-12-04 花巻市議会 会議録 平成29年 12月 定例会(第4回)-12月04日−02号

再編指針による第2期実施計画における民間法人への移管の検討状況については、先ほども答弁ありましたので、これははしょっても結構ですけれども、再質問の関係がありますので、お答えいただきたいと思います。  そして、2点目であります。待機児童問題はまさに今や社会問題となっているわけであります。  本市においても11月1日時点で、空き待ち児童92人、そして待機児童85人となっています。

花巻市議会 2017-09-04 花巻市議会 会議録 平成29年  9月 定例会(第3回)-09月04日−02号

◆10番(若柳良明君) 公立保育園が民間法人に移管になったということでありますので、ぜひ本来は、どのような待遇なのか常に把握し、きちっと指導していくことが必要かと考えます。そして保育士が不足している状態ですが、しっかりとした優秀な保育士を確保していくことが大事だろうと思います。

一関市議会 2017-08-21 第62回定例会 平成29年 9月(第3号 8月21日)

現在、一関市と平泉町における観光振興を目的として、新たに設立された民間法人、一般社団法人の一関平泉イン・アウトバウンド推進協議会という団体でございますが、民間法人でございますが、これに所属する若手の経営者などを中心とした一関・平泉地域連携DMO推進委員会を設置して、設立検討委員会の検討成果の具体化に向けた実務的な検討を進めるとともに、DMO候補法人として、その発足準備等を進めているところでございます

釜石市議会 2017-03-09 平成29年  3月 定例会(第2号)-03月09日−04号

未来に希望を持って、誰もが安心して暮らしていくためには、行政市民生命財産を守るために主導的な役割を果たしていくことは言うまでもありませんが、個人町内会活動などに参加してコミュニティを強めていくことや、民間法人雇用をつくり出していくことなど、安心に暮らしていくための取り組みごとに、担う役割はさまざまになるものと考えております。  

花巻市議会 2017-03-08 花巻市議会 会議録 平成29年  3月 定例会(第1回)-03月08日−03号

まず1点は、既に昨年の10月から新しく民間法人に移管する南城保育園、日居城野保育園、そして湯本保育園には、それぞれの法人職員の方が派遣されて引き継ぎ保育を実施しているわけであります。そこで、この10月から引き継ぎ保育をやっている中で、保育上において何ら問題点が起きていなかったのかどうか、あるいは勤務条件等についての問題が起きていなかったのかどうか、お尋ねをいたします。  第2点目であります。

金ケ崎町議会 2016-12-07 平成28年 12月 定例会(第6回)-12月07日−議案説明・一般質問−01号

この公の施設の管理制度が改められて、多様化する住民ニーズに、より効果的、効率的に対応するために、公の施設の管理に民間の能力を活用しつつ、住民サービスの向上を図るとともに、経費の節減等を図ることを目的に、従来の公共団体公共団体に限って認められていた管理委託の対象が広く民間法人や民間団体にも認められることになった制度でございます。

花巻市議会 2016-09-06 花巻市議会 会議録 平成28年  9月 定例会(第3回)-09月06日−03号

そうすると、派遣する民間法人保育園で本当に3人の保育士を確保できるのだろうかという思いがあるのです。そしてまたその費用については、市で1,000万円の予算を措置しているという答弁がありました。それは引き受ける側の3人の保育士の人件費にかかわるものなのか、派遣して生じる法人への3人の欠員の補充に対する資金援助なのか、あわせてお伺いします。  以上、登壇しての質問といたします。

北上市議会 2015-02-24 平成27年度  2月 通常会議(第210回)-02月24日−03号

現在行っている通院支援としては、コミュニティーバス、乗り合いタクシー福祉タクシー事業のほか、民間法人自治会等による有償運送が運行されております。また、北上市社会福祉議会では、ふれあい移送サービスを実施しております。今後は、介護保険制度による生活支援体制の整備を進める中で、高齢者の通院支援を関係団体間との協働で支えていく仕組みについて検討してまいります。  私からは以上であります。

釜石市議会 2014-06-18 平成26年  6月 定例会(第3号)-06月18日−03号

県の平均は236万9000円で、民間法人企業製造業を除いて全て増加となっております。こうしたことから、質問をさせていただきます。  釜石市の22年度、23年度所得推計概要から、東日本大震災後の24年度所得推計は出ていないが、当市の産業経済の復旧・復興の状況をどのように捉えているか。今後の見通しについてもお伺いいたします。  

北上市議会 2013-12-11 平成25年 12月 定例会(第192回)-12月11日−03号

当市においては、地域の最前線に立ち、システムの中核的な機関として期待される地域包括支援センターを平成24年度から今年度にかけて市内4カ所に民間法人によるセンターとして設置し、専門職員を確保するとともに、地域に密着した相談体制を整備し、それぞれの地域住民や団体医療介護関係者、警察消防関係者が集い、顔の見える関係をつくり、地域ケア会議を立ち上げ、高齢者を取り巻く地域課題の掘り起こしや見守り支援サービス

金ケ崎町議会 2013-09-11 平成25年  決算審査特別委員会-09月11日−01号

したがって、ただ町民が要望しているのは、必ずしも町立のままベッドを復活ということではなくて、例えば公設民営等も含めて、周辺に民間で病院を運営している法人民間法人もあるわけですから、例えば金ケ崎で建物や設備をして、そういうところで引き取って、ベッドも含めて運営する民間法人がないのか、あるいは岩手医大等と相談して地域医療のモデルとして岩手医大の附属病院として、建物は町でつくるから、将来運営しても一定程度補助