64件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

一関市議会 2019-03-15 第69回定例会 平成31年 3月(第5号 3月15日)

水道事業で施設所有権自治体に残しながら、運営権を民間に移していくことは、水道民営にほかなりません。  このようなやり方を進めていけば、深刻な現状を解決するどころか、清浄、豊富、低廉な水の供給を図り生活環境の改善に寄与すると定めた水道法目的を損なう危険が高くなります。  市民の命と健康にかかわる重大な問題です。  

一関市議会 2019-02-21 第69回定例会 平成31年 3月(第2号 2月21日)

昨年、国会水道法改正案が可決され、水道民営やコンセッション方式の導入などが大きな焦点となりました。  私は、一関市においては民営の課題もありますが、水道事業の広域化、資産管理の取り組みがこの改正の重要な中身であると考え質問します。  全国、県内においても普及が大きく遅れている水道事業、汚水処理事業について、市長の大きな決断の時期が来ていると考えます。  

一関市議会 2017-08-21 第62回定例会 平成29年 9月(第3号 8月21日)

行革・集中改革プランは、そもそも今から30年前に国の主導で、あの国鉄分割民営に見られるようなことでスタートいたしました。  それが地方行革に進みました。  今では、盛岡市、仙台市でも全保育園の民間委託の計画が出されております。  当市では、学校給食委託となりました。  こうした行革、改革プランに問題はないのか。  今も水道民間委託など、俎上にのせられております。  

一関市議会 2017-06-15 第61回定例会 平成29年 6月(第2号 6月15日)

次に、水道民営、この間のやりとりも見させていただきました。  それで、大変気になるのが行革の一環でこれがスタートしているということなのです。  市は、このことによる事業効果を示していますが、これは今も変わりないでしょうか。  水道事業について。 ○議長(千葉大作君) 岩本下水道部長併任水道部長

一関市議会 2016-06-20 第57回定例会 平成28年 6月(第4号 6月20日)

また、世界遺産平泉には多くの外国人観光客が訪れておりますことから、当市では、平泉の玄関口としての情報発信に努めるとともに、花巻空港台湾との間の定期便化、国と宮城県が進めている仙台空港民営を視野に入れながら、県境を越えた登米市、栗原市、平泉町との4市町連携による誘客に努めてまいりたいと思います。  

一関市議会 2016-02-26 第56回定例会 平成28年 3月(第3号 2月26日)

平成28年度の政府予算案なり、地方財政行革を見たときに、あるいはそれをしっかり知っている方に尋ねたりもしたのですけれども、やはりいわゆる行革を市町村や県が進めた場合、職員賃金を下げた、あるいは職員を何人減らした、それから窓口スタッフの民営がどこまでいったかというようなことまで、総務省のほうでは報告をさせて、それをやったことに対して交付税の措置を上積みするというような仕組みがあるということを確認

一関市議会 2015-09-18 第53回定例会 平成27年 9月(第5号 9月18日)

5つ目には、子供が最も学校で楽しみにしている、しかも安全が求められる学校給食民営についてであります。  萩荘の給食センターがまた新たにつくられることになりましたが、その際にこの給食センターも民営する方向だということで、これが既に確定をされているところであります。  6つ目には、行政サービス向上と行政改革、集中改革プランについても一言申し上げておきたいと思います。  

一関市議会 2015-08-31 第53回定例会 平成27年 9月(第4号 8月31日)

いわゆるアウトソーシングだとか、民営ということでいえば、業務委託あるいは指定管理というものが、大きく言えば、2つがあるかと思いますが、業務委託とそれから指定管理、指定管理はこの間、同僚議員質問の中で答弁がありましたけれど、業務委託では、第1次、第2次で計画を立てた業務委託、それがどういう数なり、どういう職場が業務委託になり、そしてどれだけの財政的、当局から見れば効率と言ったらいいのでしょうか、削減

花巻市議会 2015-06-01 06月01日-02号

「郵政民営で地元の郵便局がなくなり、農協だけが唯一近くにある金融機関です。ぜひなくさないでください」と言われたことを今でも鮮明に覚えております。胸が熱くなるのを感じました。農協はいろいろ批判もされておりますけれども、必死に地方農業農村を支えようとしているのであります。企業農業への参入も多くなりました。農産物の販売に関しても、農家は今自由に販売をしております。

一関市議会 2015-02-20 第51回定例会 平成27年 3月(第3号 2月20日)

それなりに市のほうも努力されているということだと思いますが、この検証だとか見直しについて、市役所の内部の部長なり課長なりのサイドのそういう評価だとかではなくて、市民代表なり、あるいは第三者を入れて、本当に直営でやってきた事業が民営をされたと、そこで適切にサービスが提供されて市民に喜ばれているかどうか、あるいは市民はそこの施設に何のサービスの充実を求めているのかということを、役所内部だけではなくて第三者

一関市議会 2014-12-10 第50回定例会 平成26年12月(第5号12月10日)

この新聞への投書に限らずに、指定管理者制度が生まれてからさまざまな公的な施設民営、あるいは指定管理されて多くの識者、団体から懸念の声が上がっています。  いくつか紹介してみたいと思います。  これは指定管理者制度が充実したあとに日本学術会議が2007年5月に見解を発表いたしました。  日本学術会議は、学術、芸術、文化の蓄積、普及措置としての。 ○議長(千葉大作君) 菅野議員に申し上げます。  

一関市議会 2014-12-04 第50回定例会 平成26年12月(第4号12月 4日)

それから、もう1点は、今回、最終的に市民センターに民営されると、ですから、非常に不安があるわけですけれども、これを地域に住む職員が支えると、さまざまなそういう市民センターを職員も支えるという仕組みを、あるいは雰囲気をつくっていくということになれば、行政が遠くなるということを確実に解消できるのではないかと思います。  

一関市議会 2014-02-20 第47回定例会 平成26年 3月(第2号 2月20日)

一関市の2次にわたる集中改革プランにより多くの事業の民営指定管理者制度への移行が進んでいます。  サービスが適切に提供されているかどうか、あるいはそこで働いている労働者がどんな状態でいるか、検証されているかどうか、お答えください。  施政方針で、市長は雇用情勢について国全体の数字が上向いている一方で、地方には効果が出ていないとの声があり支援を進めるとしています。  

一関市議会 2012-08-31 第40回定例会 平成24年 9月(第3号 8月31日)

第1にはBSE牛肉輸入抑制を解除しなさいと、第2点は日本郵政の完全民営、特にがん保険進出のための自粛、第3には自動車の非関税障壁の撤廃をしなさいということを言っておるんです。  特に、第1、第2のBSE牛肉輸入抑制の解除日本郵政の完全民営については、ほぼこれはもう譲歩しておりますから、もう既にゴーサインを出しております。  

一関市議会 2012-02-27 第37回定例会 平成24年 3月(第4号 2月27日)

全国で、学校給食民営し、多くのところで営利を追求する企業は、調理員を安く雇うため、熟練した調理師は雇えず、初歩的なミスが起きていると報告されております。  安全安心で良質な豊かな学校給食は、安上がりを追求する民間委託とは両立しないと思いますが、市長、教育委員長はどのように考えますか伺います。  次に、民間委託食育の推進が図れるかという問題であります。  

一関市議会 2012-02-23 第37回定例会 平成24年 3月(第2号 2月23日)

これね、私も大事だと思うのですが、国鉄は民営になった、郵政もようやくメスが入って、入っていないのは教育制度だけだと、偉い人が言っていましたけれどもね。  やっぱり、そのとおりなんだろうと思いますけれども、やっぱり市長さん、教育行政をリードすることが、私は大事なんだろうと思っています。  これは、橋下市長さんが言っているから言っているのではないからね。  

一関市議会 2011-12-05 第35回定例会 平成23年12月(第4号12月 5日)

昨年、花泉町民などの反対を押し切って岩手県が強行に進めた県立花泉診療センターの民営ですが、現在は医師不足、入院患者も受け入れられない状況であり、市民は怒りを通りすぎ、いまやあきれ果てています。  民営になれば地域医療の充実が図られるなどと都合のよい話をして開業したはずなのに、現状と今後の対策についてお伺いし、壇上からの質問を終わります。  ご清聴ありがとうございました。

一関市議会 2011-12-01 平成23年第35回定例会 平成23年 12月 質問通告書

について  (1)被害を受けた学校社会教育施設の数と復旧工事に関しての契約種別ごとの数、未契約数と理由は  (2)放射性物質で汚染され、除染した個別数と除染箇所、方法は  (3)避難所対策と今後の対応は  (4)停電による断水対策避難所への給水対策は 2.旧花泉診療センターの現状と今後について  (1)民営

一関市議会 2011-09-22 第34回定例会 平成23年 9月(第5号 9月22日)

花泉病院診療所化、民営後の事態も要改善が急がれる課題であります。  医師確保等困難な課題があるものの、改善に向け一層の努力を期待するものであります。  その6は、各種審議会委員等委嘱が偏っているのではないか、この指摘が市民から上がっております。  報告によれば、一人で5つもの委員を兼ねている方が2人、4つ兼ねている方が5人、3つ兼ねている方が9人となっています。