1773件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

金ケ崎町議会 2026-09-04 09月04日-01号

基金は、ここまで3億円ほど積み重なった部分ですけれども、これにつきましては歳入歳出部分の繰越金が多くて、これほど3億円が積み重なったというよりも、東日本大震災関係災害地ということで、その期間ということで交付金が多くふえた分、その分多く基金が積み重なったという部分がありますので、やはり単年度収支と考えたときには、歳入歳出考えたときには、どうしても今後赤字が見込まれることから、そのための基金をとっておきたいと

金ケ崎町議会 2023-12-05 12月05日-01号

東日本大震災では、多くの消防団員が犠牲になりました。いかなる場合も人命第一でなければなりません。町消防団としてマニュアルが必要と思いますが、十分なものがありますか。 次に、町道歩道整備をということで質問いたします。町道中江甫瘤木丁線三ケ尻)の歩道整備は、川口田集会所から三ケ尻小学校校門付近まで歩行者空間設置工事が完了し、地元住民に喜ばれております。

大船渡市議会 2023-09-11 09月11日-02号

当市行政組織につきましては、東日本大震災からの復興を最優先に事業を遂行するため、平成23年度に災害復興局を創設、平成24年度にはさらに局内に復興政策課土地利用課集団移転課を設置し、以降大船渡周辺整備室被災跡地利用推進室を加えるなど、全国自治体等から大勢の職員派遣を受けながら、復興事業進捗に応じ必要な体制を確保してきたところであります。  

大船渡市議会 2021-06-21 06月21日-04号

東日本大震災で被災し、やむを得ずほかの地区で住居を自力再建した方たちがいます。被災した区域は、災害危険区域に指定されました。そのうち第2種区域に住んでいて自力再建した方たちの元宅地は、買い取りの対象になりませんでした。それらの宅地固定資産税は、これまで免除されてきましたが、いずれ課税されるのではないかと元宅地を抱える持ち主たちは戦々恐々としています。

大船渡市議会 2020-12-17 12月17日-05号

大船渡市を初め、東北地方を中心に甚大な被害をもたらした東日本大震災の発生から9年を迎えようとしている中、各被災地においては、早期復興に向けた住民生活の再生や産業・経済の再建及び都市基盤の再構築など、地域が一丸となって取り組んできたところであります。  しかしながら、復興は着実に進捗しつつも、人口減少少子高齢化大震災を機に一気に進行しています。  

奥州市議会 2020-12-14 02月14日-01号

東日本大震災などで全国皆様からいただいた多くの支援に対し、感謝の気持ちを持って、精いっぱいのおもてなしを行い、全国から訪れた参加者に本市の魅力を最大限発信し、また奥州市に来たいと思っていただけるような心に残る大会を目指してまいります。 今年で4回目の開催となるいわて奥州きらめきマラソンは、生涯スポーツの振興と併せて、まちの魅力全国に発信する地域色豊かな大会づくりを目指します。 

大船渡市議会 2020-12-12 12月12日-03号

当市においても、特に旧三陸町において甚大な被害に見舞われましたが、全国版ニュース番組を見ておりましたらば、長野県では千曲川が氾濫し、無情にも多くの民家が流される風景が映し出されましたとき、私どもがこうむった東日本大震災を思い起こした方も多くあろうかと思います。しかも、地震や津波と違って、台風被害は規模を変え、形を変え、毎年何らかの形で列島に襲いかかってまいります。

大船渡市議会 2020-09-26 09月26日-05号

当局におかれましては、審査の過程において各委員から出された発言の趣旨を十分に踏まえまして、東日本大震災に係る復興事業の完遂と持続可能な地域社会の実現のため、適切な行財政運営に取り組んでいただくことを切にお願い申し上げまして、決算審査特別委員会委員長報告とさせていただきます。  以上であります。 ○議長熊谷昭浩君) この際お諮りいたします。  

金ケ崎町議会 2020-09-10 09月10日-04号

さらに、その基金につきましては、毎年納税した部分が余って積み立てた部分ではなく、国からの東日本大震災に関する補助金のほうがここ七、八年の部分多く入った部分、その部分が積み重なった部分で現在3億円ほどありますので、確かに後期高齢に移行する際の人に関しては、自分が積み立てたという部分ではない、単年度会計という部分がありますので、確かに自分が積み立てたという部分がわずかにもあるかもしれませんけれども、やはり

大船渡市議会 2020-09-06 09月06日-01号

これは、東日本大震災復興交付金水産施設災害復旧事業費負担金の減などによるものでございます。  11ページに参ります。第14款県支出金でございます。前年度に対しまして5億235万4,194円、21.5%の減となったところでございます。これは、漁港施設等整備事業費補助金赤崎小学校工事関連事業費負担金赤崎中学校工事関連事業費負担金などの減によるものでございます。  13ページをお開き願います。

滝沢市議会 2020-06-22 06月22日-一般質問-02号

感染症に対する市の対応方針でも示していますように、先駆け的存在として本市が考えられて、それで市のいろんな企業に対してテレワークの話もされている、そういう観点を踏まえて、実践している先行事例とか、あと東日本大震災後に民間企業で増大したテレワークの実績、そういうものを踏まえますと、2つの大きなポイントがあろうかなと私は思っていました。

大船渡市議会 2020-06-20 06月20日-03号

当市にとっては、これまでにない重大な事件であり、市民はもとより、東日本大震災からの復興への多くの支援をいただきました日本全国、世界中の皆様方が関心を持って見守っていた案件であったことと思います。  そのような中で、今回の処分内容は、非常に甘い処分であり、重大な事件であるという認識をされていないのではないかと思われるものでございます。

大船渡市議会 2020-06-14 06月14日-01号

東日本大震災被災者等に係る国税関係法律臨時特例に関する法律の一部改正等に伴い、所要の規定の整備をしようとするものでございます。  お開き願います。改正する条例内容でございます。大船渡復興産業集積区域における固定資産税課税免除に関する条例の一部を改正する条例大船渡復興産業集積区域における固定資産税課税免除に関する条例の一部を次のように改正する。

二戸市議会 2020-06-11 06月11日-一般質問-02号

東日本大震災からはや9年が経過しております。また、今年になってから、全国各地地震がここ数か月多く発生しております。また大きな地震が来るのではと心配しているところでございます。今新型コロナウイルス感染症対策もあり、二戸市として安全、安心な市民生活を守ることが先決で、将来に向けて、今対応策を検討すべきだというふうに思っておりますので、下記の質問をいたします。