98件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

釜石市議会 2018-09-12 平成30年  9月 定例会(第3号)-09月12日−03号

津波浸水区域では、花露辺地区、本郷地区、尾崎白浜地区、佐須地区、嬉石町、港町及び両石町において、地域との協議を終え、町内会消防団及び民生・児童委員情報共有しておりました。また、地域との協議を終えていない地区におきましても、登録申請のあった要援護者については、担当の民生・児童委員とは情報共有し、避難時の声がけなどが行われておりました。

釜石市議会 2018-09-11 平成30年  9月 定例会(第3号)-09月11日−02号

今後は、嬉石松原地区においては、都市公園商業施設用地としての整備、箱崎地区においては、漁業関連施設用地としての整備、本郷地区、唐丹片岸地区においては、地域コミュニティーの向上を目指した広場等の整備、室浜地区、箱崎白浜地区、桑ノ浜地区、両石地区の4地区においては、漁業関連施設用地及び地域コミュニティーの向上を目的とした広場等の整備を行う予定として、地域及び地権者の皆様や関係者との調整を進めております

釜石市議会 2018-09-03 平成30年  9月 定例会(第3号)-09月03日−01号

避難実施範囲には人家等はなく、住民の避難は必要ありませんが、山中へ入山される方々が懸念されますことから、8月27日に地元である唐丹町本郷町内会を対象とした住民説明会の開催に加え、処分前日及び当日には防災無線による市内全域への広報を行うなど、安全対策を講じてきたところであります。  

一関市議会 2018-08-28 第67回定例会 平成30年 9月(第1号 8月28日)

位置図となりますが、市野々地区は一関市役所から西に約10キロメートルの萩荘地区内に位置しており、地区の東西に国道457号線が、南北に県道本郷五串線が通り、宮城県栗原市に隣接する地域であります。  この図では、土地改良事業の事業区域を赤色で囲って表示しており、字の区域の変更箇所は図面の右下付近の茶色の丸印で表示した箇所でございます。  次に、参考資料ナンバー2-1をお開き願います。  

釜石市議会 2017-12-12 平成29年 12月 定例会(第5号)-12月12日−02号

なお、洪水土砂災害を想定した中小川町内会自主防災会の自主防災訓練においては、昨年度に引き続き、歩行が困難な高齢者をリヤカーに乗せて避難訓練を行ったほか、本郷地区で初めて開催した自主防災訓練では、要支援者の方を地域の支援者が自家用車等で唐丹小・中学校体育館まで避難させる訓練を行っております。  

釜石市議会 2017-06-23 平成29年  6月 定例会(第3号)-06月23日−05号

それで、コストとか大丈夫なのかというところ、あとは時間どうなのかということですけれども、昨年度、基本計画といいますか、新しい給食センターをつくるのに、そういった鵜住居につくったとき、道路が完成したときの時間についても一応シミュレーションしておりまして、全てのところ、一番遠いところは唐丹になるわけでありますけれども、逆に、唐丹は、先ほど言いましたように道路のインターが大曽根の本郷のところなので、そちらからおりていけばすぐ

釜石市議会 2017-03-14 平成29年  3月 予算特別委員会-03月14日−03号

◎小池地域福祉課長 ①避難行動要支援者避難支援対策の進捗状況だが、現在、今年度本郷地区と小川地区で個別計画の策定を行いたいということで進めてきていて、本年1月に本郷地区において住民説明会を行っている。その中では、本郷町内会さん、地区の民生委員さんの御協力を得て、町内にどの程度の支援者がいるのか、支援されなきゃない人がいるのか、そういったものを今洗い出しをしている最中である。

釜石市議会 2017-03-10 平成29年  3月 定例会(第2号)-03月10日−05号

津波防災拠点市街地形施設事業(鵜住居地区)の委託に関する変更協定締結に関し議決を求めることについて 第34 議案第48号 教育コンピュータ等の取得に関し議決を求めることについて 第35 議案第49号 議決事項の一部変更について 第36 議案第50号 議決事項の一部変更について 第37 議案第51号 議決事項の一部変更について 第38 議案第52号 議決事項の一部変更について 第39 議案第56号 本郷地区

釜石市議会 2017-02-27 平成29年  3月 定例会(第2号)-02月27日−01号

第51 議案第51号 議決事項の一部変更について 第52 議案第52号 議決事項の一部変更について 第53 議案第53号 釜石高等職業訓練校の指定管理者の指定に関し議決を求めることについて 第54 議案第54号 釜石市身体障害者福祉センターの指定管理者の指定に関し議決を求めることについて 第55 議案第55号 釜石大町駐車場指定管理者の指定に関し議決を求めることについて 第56 議案第56号 本郷地区

釜石市議会 2016-09-13 平成28年  9月 定例会(第5号)-09月13日−02号

一人一人の漁民というところに目を向けていくということと、それから、特に今回は被災した集落、例えば釜石においては、仮宿とか室浜、桑ノ浜、両石、本郷、花露辺、大石、さまざまな小さな集落体があるわけですが、そこの地域の皆さんが、やはり誇りを持って漁業に従事できる、そういう集落としての機能も、もう一回目を向けていかなければならないと思っております。  

釜石市議会 2016-03-17 平成28年  3月 定例会(第3号)-03月17日−07号

この議案は、平成27年9月釜石市議会定例会において可決された、本郷復興住宅(仮称)の取得議案である議案第119号本郷復興住宅(仮称)の取得に関し議決を求めることについての議決事項のうち、取得価格を変更しようとするものでございます。  取得価格については、労働者確保に伴う人件費及び宿泊費等の精算により、1353万8000円の増加となったものでございます。  12ページをごらん願います。  

釜石市議会 2016-02-29 平成28年  3月 定例会(第3号)-02月29日−01号

この条例は、福島復興再生特別措置法の一部改正に伴い、避難指示が解除された区域に居住していた住民を特定帰還者として規定し、従前の居住制限者と同様に収入等の入居資格要件の緩和をするとともに、復興住宅の整備に伴い、新たに荒川復興住宅本郷復興住宅、大町復興住宅、天神復興住宅、只越復興住宅、室浜復興住宅の6住宅及び駐車場を加えようとするもので、その施行期日平成28年4月1日とするものです。  

釜石市議会 2016-01-25 平成28年  1月 臨時会(第1号)-01月25日−01号

釜石市中央ブロック復興整備事業東部地区造成工事(その10)の請負契約締結に関し議決を求めることについて 第11 議案第4号 嬉石漁港災害復旧工事及び嬉石漁港海岸保全施設(無堤区間)整備工事の変更請負契約締結に関し議決を求めることについて 第12 議案第5号 室浜漁港災害復旧工事の変更請負契約締結に関し議決を求めることについて 第13 議案第6号 釜石市南ブロック復興整備事業尾崎白浜地区・佐須地区・本郷地区

釜石市議会 2015-12-18 平成27年 12月 定例会(第8号)-12月18日−05号

あとは本郷、これ12戸なんですが、坪単価75万です。  これを見ますと、公営住宅なんですが、異常に坪単価が高いというような感じがするんですよ。というのは、これは今後、自力再建がどんどん進んできて、自分でうちを建てたいといった場合に支障になるではないかなというあれでお聞きするわけなんですが、それで市とすれば、標準建設費というのか、その辺は大体どのくらいに見ているのか、お尋ねをいたします。

一関市議会 2015-12-08 第55回定例会 平成27年12月(第1号12月 8日)

なお、指定の期間につきましては、長期の指定期間を設定することについて、指定管理者による安定的な管理が期待できること、市の指定管理施設の運営について十分な経験を有していることなどから、議案第131号の西口コミュニティセンターと西口地区体育館、議案第132号の本郷白藤交流館、議案第135号の曲田地区ふれあいセンター、議案第136号の陶芸センター、議案第138号の新沼コミュニティセンター、議案第141号の

雫石町議会 2015-10-30 平成27年 10月 臨時会(第7回)-10月30日−議案説明・質疑・討論・採決−01号

また、出資予定者としましては、町以外に9社あるというふうにお話をしたところですけれども、ご紹介しますけれども、まず株式会社のコミュニティネットさんが出資予定額150万円、株式会社航和さんが150万円、有限会社美建工業さんが150万円、株式会社サンメディカルさんが100万円、有限会社きくや薬局さんが100万円、有限会社高橋工務店さんが100万円、辻・本郷税理士事務所さんが50万円、特定非営利活動法人しずくいしさんが

釜石市議会 2015-10-15 平成27年  9月 決算特別委員会-10月15日−03号

それで、本郷や花露辺、小白浜においても、そういった住宅をこれから建築しようとする方々は、自分たちの漁集落をいかにして利用していくか懸念しているもので、その開始時期と個人が負担する額、利用料について、わかっている部分があればお示し願いたい。 ◎赤崎水産課長 ④漁業集落排水については、今災害復旧工事を進めているところで、大分工事も進んでいるので、来年4月1日からは供用開始できるつもりでいる。