208件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

一関市議会 2018-09-21 第67回定例会 平成30年 9月(第5号 9月21日)

ただ、これは日本語の意見書でありますから、受け取った側がこの意見書を読んで何を言っているのかわかるような形で、わかりやすい文書で出すことが必要だと思います。  そういう点から、若干引っかかる点がありましたので、その点をお話しさせていただきたいと思います。  まず、タイトルでありますが、障害者雇用促進法の遵法を求める意見書とございます。  

滝沢市議会 2018-09-18 平成30年  9月 予算決算常任委員会-09月18日−決算審査−02号

最後のほうに、ちょっと私顔出させてもらったのですけれども、そのときに来ていた中学生の女の子たちが、言葉は全然違ってというか、英語とか韓国語とか、そういうふうな言葉は使っていないのですけれども、日本語で対話はしていたのですけれども、そういう触れ合いだけでも本当に楽しそうにしてやっているという部分を見まして、せっかくですから中学生、当然ネーティブな英語、また小学生でも高学年のほうでは授業でもこれから取り

北上市議会 2018-09-13 平成30年度  9月 通常会議(第236回)-09月13日−04号

あとは、ALTについても、確かにネーティブイングリッシュではないのですが、発音だけどうかというのはあるのですが、かなり日本語のうまいALTもおりますし、そういったALTとコミュニケーションをとりながら担任が苦手な部分を任せるといった部分での指導法の工夫もできると思います。

花巻市議会 2018-09-06 花巻市議会 会議録 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月06日−05号

10款教育費、1項教育総務費、2目事務局費は説明を省略させていただきまして、2項小学校費、2目小学校教育振興費119万7,000円は、日本語指導臨時講師の任用に要する経費の追加であります。  5項社会教育費、1目社会教育総務費1億572万5,000円は、東和コミュニティセンター建設に要する経費であります。  23ページをお開き願います。  

一関市議会 2018-08-31 第67回定例会 平成30年 9月(第3号 8月31日)

さらに、以前は安い労働力を確保するために外国人を雇うケースが多かったことから、日本人雇用を脅かす、あるいは地域賃金ベルを下げるなどにより必ずしも歓迎されなかった外国人労働者の受け入れも、このように日本人労働者の減少が進む中で、政府が来年から、日本語など一定の水準をクリアした外国人の受け入れを拡大する方針の中で、国の新たな方針に対して市内の労働力確保に向けての市としての考え、対応はどうか、この点

花巻市議会 2018-06-04 花巻市議会 会議録 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月04日−02号

日本語による説明を受けることやベテラン教師と一緒に授業を行うことで、担任の不安や負担を軽減し授業に対する自信を深め、見通しを持って外国語活動に取り組めることを期待しているところであります。  4つ目として、学校におけるネットワーク環境の強靭化があります。  これまで教材指導資料は教職員個々に保有する傾向にありました。

雫石町議会 2018-03-06 平成30年  3月 定例会(第2回)-03月06日−議案質疑・討論・採決−05号

日本語に訳しますと、継続的なケアつきリタイアメントの方のコミュニティー、これがスタートだったはずです。これは町が発行した、出したものです。高齢者居住コミュニティーのことをあらわしていまして、高齢者健康で自立して生活できるうちに入居して、大学などで授業を受けながら地域社会活動に参加して、生涯を通じ生き生きと暮らせる仕組み、これをCCRCというときちんと書いているのです。

花巻市議会 2018-03-06 花巻市議会 会議録 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月06日−02号

実際の授業では、副読本やCD、DVDなどの視聴覚教材を活用し、ネイティブスピーカーである外国語指導助手とのティームティーチングで3つの内容、すなわち外国語の音声やリズムなどになれ親しむとともに、日本語との違いを知り、言葉のおもしろさや豊かさに気づく学習日本外国の生活、習慣、行事などの違いを知り、多様なものの見方や考え方があることに気づく学習、異なる文化を持つ人々との交流等を体験し、文化等に対する

滝沢市議会 2018-02-15 平成30年  2月 定例会-02月15日−一般質問−03号

一般的に見ると、会話というものは、もう既に生まれたときから日本語であり、中国語でありというのを、人間は静かなうちに覚えていくというふうな習性があるわけです。そういった意味においては、早ければいいというものではありませんが、この面では少しおくれているなというようなこともちょっと感じます。

宮古市議会 2017-12-18 平成29年 12月 定例会-12月18日−03号

その中で、日本語英語、例えば中国語、韓国語かわかりませんけれども、そういう形の中で看板を出して、こっちに曲がればちゃんと安全高台避難できますというのを早いうちに整備してくださいというお話はしていたんですが、なかなか町の状況もそのとおりで、町並みもそろっていないので、まだそこまではやろうと思ってもできていない部分かなとは思いますけれども、でも、災害とはいつ来るかわからないです。

一関市議会 2017-12-11 第64回定例会 平成29年12月(第4号12月11日)

これらの団体は、議員おっしゃっていただいたとおり、外国人との交流機会をふやしたり、また相互交流などを進めるために組織をされているという団体でございまして、それぞれの団体では料理教室でしたり、踊りの発表などというような交流事業のほか、外国人の受け入れ事業や、在外外国人の支援としての日本語教室などを開催している状況でございます。  

花巻市議会 2017-12-06 花巻市議会 会議録 平成29年 12月 定例会(第4回)-12月06日−04号

このような中で、地方自治体とガバナンスに関しては、昨年3月16日に第31次地方制度調査会から総理大臣に対して、人口減少社会に的確に対応する地方政体制及びガバナンスのあり方に対する答申がなされ、行政サービスの提供等の事務上のリスクを評価及びコントロールし、事務の適正な執行を確保する体制、すなわちガバナンスの日本語訳と言ってもいいと思いますが、内部統制体制を整備及び運用することが求められているとし、具体的

陸前高田市議会 2017-12-05 平成29年  第4回 定例会-12月05日−一般質問−03号

避難誘導の対応には、日本語だけではなく、複数の言語による伝達の方法を考えることが大切であると思いますが、現在の対応はどのようになっているのでしょうか。また、今後市民や本市に訪れる方々や外国人観光客に対して、どのような対応のもと避難誘導を行っていく考えなのか伺います。   2項目めとしまして、民泊などの交流事業を通した本市1次産業の活性化についてから伺います。

花巻市議会 2017-12-01 花巻市議会 会議録 平成29年 12月 定例会(第4回)-12月01日−01号

11月中旬、市内で発生しました交通事故現場において、事故に遭われたのは観光で訪れていた台湾人の御家族でしたが、救急隊員が接触した際、日本語が通じないことがその場で確認できましたので、救急イストラを使用し現場対応いたしました。これにより、外国人との円滑なコミュニケーションが可能となり、スピーディーに医療機関へ収容することができ、その被害者の方々の救済に結びついたということでございます。  

北上市議会 2017-09-13 平成29年度  9月 通常会議(第225回)-09月13日−03号

15カ国語対応で、定型文以外の会話でも翻訳が可能で、さらに話した言葉が日本語として表記されるので、聴覚障害者にも活用が可能です。そこで、他市で始まった救急搬送時の取り組みで、通訳アプリを将来的に活用できるかお伺いします。  次に、災害時及び防災訓練のときの外国人への対応についてです。台風10号の豪雨被害から1年、自然の猛威の前には対処すべきことを行っていても、その数倍も上をいく昨今の災害です。