21件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

雫石町議会 2020-12-09 12月09日-一般質問-04号

幅議員おっしゃるとおり、新高前田住宅127戸、非常に古い、昭和37年から47年にかけて整備された住宅でございまして、建て替え予定といいますか、もくろみとして、かれこれ数年、もう10年近くかけていろいろ計画して、なかなか具体な計画までは至らないではおりますが、建て替えしたいというところで、いろんなところと調整、お話をさせていただいております。

雫石町議会 2020-03-02 03月02日-一般質問-02号

新高前田住宅は、今の住宅基準には適合しない築50年以上の建物であります。昨年町長は、31年度建て替えの手法を検討し、町の方針決定する協議を進めると答えておりますが、方針決定されたか伺います。  次に、町有地七ツ森開発について伺います。12月定例会一般質問項目でもありました。町長は、町有地開発の新たな施策検討と、まちづくり会社の今後の方向性年度内に示したいと述べています。

雫石町議会 2019-03-07 03月07日-一般質問-04号

項目めは、町営新高前田住宅建てかえについてであります。29年7月に策定された町の生涯活躍のまち基本計画によれば、30年度までに町営住宅建てかえに係る検討、調査、31年度実施設計、32年度より建設工事着手とあります。町営新高前田住宅は、昭和37年から47年の建築であり、築50年以上であります。今の住宅基準には適合しないし、耐震基準にも適合しない建物と指摘されております。

雫石町議会 2017-12-05 12月05日-一般質問-03号

次に、3点目の町営住宅建てかえについてですが、平成24年3月に策定した雫石公営住宅等長寿命化計画に基づき、平成24年6月15日の政策方針会議において、耐用年数を超過した老朽住宅団地147戸について、新高前田住宅建てかえ、西根戸沢下長山七ツ森の各住宅建てかえ後の新高前田住宅に統合の上、廃止する方針決定しております。  

雫石町議会 2017-09-12 09月12日-議案質疑・討論・採決-05号

新高前田住宅を含めた老朽住宅建てかえにつきましては、歩いて暮らせるまちづくり、いわゆるあるくらプロジェクトのほうにも位置づけさせていただいております。この間の一般質問でもございました、セーフハウス整備というものもにらみながら、現在の予定ですと来年度から具体的な設計に入りたいと。

雫石町議会 2017-09-04 09月04日-一般質問-02号

このような、住居を必要としているにもかかわらず入居することができない方々を一定期間居住させ、その間に関係機関が協力して今後の住居確保や必要な社会福祉サービスを総合的に検討し、その後の自立した生活を営むための支援を行うことを目的とした既存の制度の規制にとらわれずに運用する町管理住宅を、町有セーフハウスとして町営新高前田住宅建てかえと並行して検討を進めているところであります。  

雫石町議会 2016-06-06 06月06日-一般質問-02号

町営住宅につきましては、現在のところ241戸のうち、あきが36ということになってございますけれども、新高前田住宅建てかえするということで、政策的にあきにしている部分もございますので、総括的に言えばほとんど埋まっております。現在ちょっと3住宅の募集をしていますけれども、そんなに大きなあきはないという状況でございます。  

雫石町議会 2016-03-02 03月02日-一般質問-03号

このようなことから、平成28年度以降においては、新高前田住宅建てかえ事業検討とともに、歩いて暮らせるまちなか居住エリアの再生と、町全体の居住計画再編プロジェクト検討も進めてまいりたいと考えておりますが、町有地14ヘクタール活用プロジェクトとの連携を図りながら、さらには議員ご提案の内容も踏まえながらそれぞれのプロジェクトが成果を上げるよう取り組みを進めてまいりたいと考えております。  

雫石町議会 2015-09-07 09月07日-一般質問-02号

次に、これも通告にありませんが、おおよそで結構ですので、定住促進住宅源大堂住宅新高前田住宅入居率がわかればお知らせ願いたいと思います。わからなければ、現在あきがあるかどうかでもよろしいです。 ○議長(前田隆雄君) 地域整備課長。 ◎地域整備課長高橋道広君) ご質問にお答えいたします。  まず、町営住宅のほうの入居率でございますけれども、現在87.5%でございます。  

雫石町議会 2015-06-08 06月08日-一般質問-02号

家賃決定については、入居者収入立地条件規模建設からの経過年数、その他の事項に応じ、かつ近傍にある同じような賃貸住宅家賃以下とし、政令によって算出方法が定められておりますが、現在の新高前田住宅家賃については、住宅建設年度の違いにより、最低で2,700円、最高で1万500円としており、この範囲で入居者収入に応じた額としております。

雫石町議会 2013-12-09 12月09日-一般質問-02号

次に、年度末残高が最も高くなる年度とその見込み額についてですが、平成25年度から着手し、10年の事業期間予定している橋梁長寿命化計画に基づく橋梁の更新や、平成27年度から7年の事業期間予定している新高前田住宅建てかえが約28億7,000万円と大規模建設事業予定しており、平成27年度以降数年間は事業規模が比較的大きくなる見通しであります。

雫石町議会 2012-09-10 09月10日-一般質問-02号

町内には、築50年以上も経過している町営住宅もあることから、早稲田大学生によるプロジェクト発表にもあったように新高前田住宅等の改築も行い、定住促進が図れるようなまちづくりにするため、次のことをお伺いいたします。  1つ町営住宅定住促進住宅入居状況はどうか。  1つ雫石町に定住してもらうため、どのような政策をとっているか。  1つ新高前田住宅改修計画はないか。  

雫石町議会 2010-12-16 12月16日-一般質問-05号

くしくも所信あいさつの中で、町民の生命と財産の安全確保について話されたその日の夕方発生しました町営新高前田住宅の人質立てこもり事件は、中学問題に続き、全国にまた汚名をさらすことになりました。行政の最優先の使命は、町民の命を守ることであることは言うまでもありません。私は、本年9月定例会でこの住宅のトラブルについて、最近エスカレートしてきており、何か起こってからでは遅いのではと警鐘を鳴らしました。

  • 1
  • 2