96件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

一関市議会 2019-06-20 第70回定例会 令和元年 6月(第2号 6月20日)

2番目、有害鳥獣駆除後の焼却処理についてでありますが、御案内のとおり現在放射能汚染で食することができないということで、焼却処理のほうに回ってございます。  そして、聞くところによると、個体そのものを持っていけないので、袋に入るぐらいに小さくしていかなければならないということがございました。  

一関市議会 2019-03-01 平成31年第69回定例会 平成31年 3月 質問通告書

 昨年の公共交通アンケート調査・パブリックコメント等の   意見集約から見えてきた課題は  (3) 循環型バス導入の考えは  (4) デマンド型乗り合いタクシーの利用状況と拡大に向けた   考えは  (5) まちづくりと公共交通体系の整備を今後どのように考え   取り組んでいくのか 2 放射能汚染土処理対策

一関市議会 2019-02-22 第69回定例会 平成31年 3月(第3号 2月22日)

次に、大きな2つ目として、放射能汚染土処理対策についてお伺いします。  東日本大震災から8年を迎えようとしております。  未曽有の地震津波災害から徐々に復興が進んでいるものの、いまだ日常を取り戻す状況にない現状にもあります。  この東日本大震災において当一関市は、東京電力福島第一原子力発電所事故による放射能被害がいまだ続き、多くの問題、課題が山積している状況にあります。  

一関市議会 2018-03-01 平成30年第65回定例会 平成30年 3月 質問通告書

 (2) これまでの進め方に問題、課題はないか  (3) 覚書に対する対応に問題はないのか  (4) エネルギー回収型一般廃棄物処理施設建設に係る意   見を伺う会の各会場での意見・要望について伺う  (5) 理解が得られない主要な要因について、市長はどのよう   に捉えているか 2 放射能汚染対策

一関市議会 2018-02-20 第65回定例会 平成30年 3月(第1号 2月20日)

学校安全については、放射能汚染対策として、引き続き、学校施設や給食食材等の放射線量を測定します。  また、スクールガードリーダーの巡回指導地域ボランティア等の見守り活動の協力をいただきながら、登下校時における児童生徒の安全を確保してまいります。  教職員の働き方改革については、業務内容の見直しや、勤務時間意識した働き方を進めるなど長時間勤務の是正を図ってまいります。  

一関市議会 2017-08-18 第62回定例会 平成29年 9月(第2号 8月18日)

さらには、岩手・宮城内陸地震、そして東日本大震災からの復旧、復興への取り組みや、いまだ完結しない福島の原発事故による放射能汚染対策など、予期せぬ災害事故処理対応があった中で、さまざまな市政課題解決に向けて御尽力をいただきましたことに、まずもって敬意を表するところであります。  今回、私は2題について通告しておりました。  

一関市議会 2017-03-16 第60回定例会 平成29年 2月(第5号 3月16日)

もう一つは、放射能汚染であります。  およそ想像もしていなかったような事態になったわけであります。  これをどう処理するのか、この一関清掃センターで処理する云々も含めてこれは相談するしかない、結果としてこの施設で処分をする、処理をするための手段がないとするならば、住民の安全、生存のために判断をしていかざるを得ない事態は生じたかもしれない。  

一関市議会 2017-03-01 平成29年第60回定例会 平成29年 3月 質問通告書

 (2) 「安心メール」的なサービスに早速踏み切るべきではな   いか  (3) 防災行政に係る市民世論調査の方法を一考すべきで   はないか  (4) 廃止代替として、屋外マストを基地とする再送信により、   市内全戸、全事業所での屋内受信を可能にすべきではな   いか 2 放射能汚染対処

一関市議会 2017-02-23 第60回定例会 平成29年 2月(第2号 2月23日)

次に、勝部市政において取り組んでいる県際自治体連携における放射能汚染物処理に関する連携の実態について、実績について報告を求めます。  その2つ目は、今後、従来の登米、栗原両市に加え、平泉町南三陸町気仙沼市、果ては秋田県までもと発言しているやに記憶していますけれども、この分野でどのような取り組みを計画しているのかについても答弁を求めたいと思います。  

一関市議会 2017-02-21 第60回定例会 平成29年 2月(第1号 2月21日)

学校安全につきましては、放射能汚染対策として、引き続き学校施設や給食食材等の放射線量を測定します。  また、スクールガードリーダーの巡回指導地域ボランティア等の見守り活動の協力をいただきながら、登下校時における児童生徒の安全を確保してまいります。  2つ目に、ともに学び、まちとひとをつくる社会教育の推進について申し上げます。  

一関市議会 2016-12-09 第59回定例会 平成28年12月(第2号12月 9日)

さらには、東日本大震災からの復旧復興、そして、いまだ完結しない福島の原発事故による放射能汚染対策など、予期せぬ災害事故処理対応があったのでありますが、市政2期目、あと1年を切ったところでの予算編成作業となります。  これまでを総括してのご所見を伺います。  次に、行財政改革についてであります。  

一関市議会 2016-09-02 第58回定例会 平成28年 9月(第3号 9月 2日)

まず、放射能汚染農林廃棄物処理方針についてであります。  3点確認したいと思います。  その1つ目は、牧草大東清掃センターでの処理以外は未処理が続いているが、いつまでに処理する見込みなのか、答弁を求めるものであります。  特にも、稲わら、堆肥について、具体的に答弁を求めたいと思います。  

一関市議会 2016-09-01 第58回定例会 平成28年 9月(第2号 9月 1日)

歳月が流れるにつれ、風化が気になる中、放射能汚染に対する日常の感覚が薄れてきているような思いがします。  今一度、放射能被害に対し、現在の放射能濃度等による実態の表示、現状等を関係機関を通じ定期的な広報が必要ではないかと思います。  そこでお伺いします。  1つ目は、放射能被害による線量測定の状況についてお伺いします。  2つ目は、ホットスポットの現状についてお伺いします。  

一関市議会 2016-03-01 平成28年第56回定例会 平成28年 3月 質問通告書

を決めた国の対応について、どう考えて   いるのか伺う  (2) 入居者の居住権をどのように保障するのか、方策を伺う 3 環境省による放射性廃棄物の指定基準解除について   原発事故で発生した指定廃棄物の放射性セシウム濃度が  基準を下回った場合は一般ごみと同様の処分を認める新ル  ールにより、当市の放射能汚染廃棄物

一関市議会 2016-02-29 第56回定例会 平成28年 3月(第4号 2月29日)

東日本大震災による放射能汚染から5年を経過しようとしている中で、汚染された農林廃棄物処理の仮設焼却場の建設、そして、35年を経過し老朽化が進んでいる清掃センターを、早急に新しい施設に整備を急がなければならないという差し迫った課題に対応するため、このプランの本丸ともいうべき事業の実施について、過日、市当局から新しい清掃センターの整備は、仮称ではありますが、エネルギー回収型廃棄物処理施設とその余熱活用施設建設