3508件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大船渡市議会 2023-12-11 12月11日-02号

鷹山公が残された功績は、多額の借財を抱え、藩が破綻寸前のところを救ったばかりではなく、みずからも質素倹約に努め、絹の衣服は身につけずに、民と同じ木綿製の質素な衣服だったことは、殿様でありながらも民に範を示し、藩侯みずからがまさに質素倹約を地でいくような改革だったからこそ、民心を捉えたものであったろうと思われてなりません。  

大船渡市議会 2020-12-12 12月12日-03号

こうしたことから、本年度部課長級職員対象とした先進自治体職員による研修課長補佐級職員対象とした市担当職員による研修をそれぞれ実施したところであり、今後におきましても定期的に研修の機会を設け、協働に係る職員意識改革を進めてまいります。  私からは以上でございます。 ○議長熊谷昭浩君) 総務部長。 ◎総務部長田中聖一君) 私からは、2の今後の防災体制の構築について答弁申し上げます。  

金ケ崎町議会 2020-09-05 09月05日-02号

町行政最高責任者である町長の行政スタンスにつきましては、私はまず金ケ崎町が合併をしない自立まちを選択をした、このことから自立性の高い町として、身の丈に合った財政運営行政サービスの向上、町民主役町民目線に立った行政運営を行うこと、そして時代の変化に対応できる自治体としての挑戦と改革の実践、今日に責任を持ちながら、次代に向けた持続可能な町と町民の幸せを目指したまちづくりを進めると、これを基本スタンス

滝沢市議会 2020-06-26 06月26日-議案質疑・討論・採決-05号

豊かな学びや学校の働き方改革実現するためには、加配措置ではなく、抜本的な定数改善計画に基づく教職員定数改善が不可欠です。 義務教育費国庫負担制度については、小泉政権下三位一体改革の中で国庫負担率が2分の1から3分の1に引き下げられました。厳しい財政状況の中、独自財源により人的措置等を行っている自治体もありますが、自治体間の教育格差が生じていることは大きな問題です。

大船渡市議会 2020-06-20 06月20日-03号

きのうも同僚議員のほうからは、職員研修云々意識改革云々の話がありました。職員意識もそのとおりこれからきちっと市長もやられていくということでお話はされていましたけれども、御自身特別職のお二人の意識改革とか、そういうこともこれは同じことではないのですか。いかがですか、市長。 ○議長熊谷昭浩君) 市長

二戸市議会 2020-06-19 06月19日-委員長報告・質疑・討論・採決-05号

むしろ行政改革において、職員定数管理をすることにより、人件費の抑制に大いに寄与しておると思います。しかしながら、いわゆる委託したものの成果品や途中経過におけるアドバイスを検証する力を行政が持たなければ、お互いに不幸が起きると思います。まさに今回がその例でございます。 今までも土地区画整理事業においても、補償費の算定を誤ったがゆえに、現在までその後遺症を引きずっております。

大船渡市議会 2020-06-19 06月19日-02号

最後に、第3点は職員研修意識改革についてでございます。1つは、本年度職員研修は例年とは大きな変革がなされているものか、また市民が期待する職員像をどのように考察しているものか、伺いたいと思います。  2つは、今後職員に対する市民の期待は高まると私自身は考えておりますが、市長の見解をお伺いいたします。  以上、この場からの質問を終わります。     

二戸市議会 2020-06-15 06月15日-議案質疑-04号

一本化の検討については、大きな制度改革などがあれば、整備の必要が生じた際に検討をしたいというふうには考えますが、現段階では考えておりません。〔「なし」の声あり〕 ○議長小笠原清晃)  ないものと認め、質疑を終結いたします。 日程第3、議案第3号、二戸都市計画事業新幹線二戸周辺地区土地区画整理事業施行条例の一部を改正する条例を議題といたします。 資料の説明を願います。 石村建設整備部長