57件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

一関市議会 2019-06-20 第70回定例会 令和元年 6月(第2号 6月20日)

少子化により学校統合が進む中、廃校になったエアコンの利活用も今後課題となると思われます。  また、エアコン設置による維持管理においても、電気、燃料代等を含め、費用の増加が発生すると思われますが、予算措置が教育関係の費用から手当てされるのでないかということが危惧されております。  そこで4点目として、エアコン設置後の維持管理の考え方についてお伺いします。  以上、壇上から質問させていただきます。  

一関市議会 2019-02-22 第69回定例会 平成31年 3月(第3号 2月22日)

4点目、廃校になった学校における処理された土砂の把握と管理状況についてお伺いします。  歳月が流れるにつれ、国が基準を示すことができないでいることから、自分たちで土砂上げなどを行っているといった話も聞かれるようになってまいりました。  あきらめ、自己処理、風化が気になる中、放射能汚染に対する日常の感覚、汚染物質の与える影響に対する考えが薄れているような思いがします。  

一関市議会 2018-09-03 第67回定例会 平成30年 9月(第4号 9月 3日)

○28番(佐藤雅子君) 長寿命化計画の中で今度は東山小学校がそういうような学校建設になりましたが、聞くところによると、田河津小学校と松川小学校廃校舎が解体されるということを伺っておりますけれども、それとの兼ね合いというのはいかがだったのでしょうか。 ○議長(槻山隆君) 千葉教育部長。

一関市議会 2018-06-22 第66回定例会 平成30年 6月(第5号 6月22日)

それから資料については、現在、廃校舎等、空き校舎に1万点以上の資料を保管してございますが、それらについてはデータベース化ということで、年代ですとか資料の内容については把握をしているところでございますが、学校にそのまま残されている部分については、その全てを把握していないところもございますので、そちらについては、どういうものがあるか調査して、さらに市で収蔵していないようなものがあれば、そちらについても市

一関市議会 2018-06-15 第66回定例会 平成30年 6月(第3号 6月15日)

これまでの廃校施設でのグラウンドの管理の実態については、先ほど述べましたとおり、26校のうち22校が何らかの形で利用されております。  利活用の方針が未定となっている4校については市が管理をしておりますが、地域住民の方々には草刈り等による環境維持に御協力いただいているところであります。 ○議長(槻山隆君) 那須建設部長

一関市議会 2018-02-22 第65回定例会 平成30年 3月(第3号 2月22日)

清田小学校廃校になった跡を老人福祉施設として利用してはいかがかと、そういう意見が出たというふうに聞いております。  現在の千厩老人福祉センターも、室根あるいは藤沢町からの利用者もあるというふうに聞いておりますので、場所としてはいい場所だなと思うのですが、そういった清田小学校の跡地、校舎を活用して老人福祉センターとしての利用ということのお考えはあるかどうか伺いたいと思います。

一関市議会 2017-09-08 第62回定例会 平成29年 9月(第5号 9月 8日)

それから、市内には廃校、あるいは廃校される予定の学校が多いわけですけれども、同じような解体予定の旧校舎等はあるのかどうか、お伺いしたいと思います。  それから次に、2億7,000万円の予算でございますけれども、この財源、財源は何を見込んで今回実施する予定なのか。  以上についてお伺いします。 ○議長(千葉大作君) 中川教育部長。 ○教育部長(中川文志君) 沼倉憲二議員にお答えいたします。  

一関市議会 2017-09-01 平成29年第62回定例会 平成29年 9月 質問通告書

1 勝部市政2期目の総括とILCへの展望について  (1) 2期目の総括と現在の市政課題をどう捉えているか  (2) ILCの現状をどのように把握しているか    今後の見通し 2 公共施設の統廃合と新施設建設について  (1) 今後、公共施設の統廃合はどのように行われるのか  (2) 統合により廃校

一関市議会 2017-08-21 第62回定例会 平成29年 9月(第3号 8月21日)

まず、平成17年の合併以降、現在までに閉校や移転により廃校となった校舎は26校となっております。  来年の3月には、一関地域の本寺小学校、本寺中学校、千厩地域小学校5校、合わせて7校が閉校し、いわゆる廃校施設となります。  次に、廃校施設の利活用の状況でありますが、現在まで廃校となった26校のうち、利活用されている校舎は11校であります。  

一関市議会 2017-06-19 第61回定例会 平成29年 6月(第4号 6月19日)

ですので、早く地域と協議を進めつつ、利活用の方向を定めることがまず1つと、それから民間売却に当たりましては、1つは公募ということで、市のホームページだけでなくて、今、文部科学省のほうで、「みんなの廃校」プロジェクトというものがあって、全国規模で譲渡先の公募なり、貸与先の公募、もしくは利活用のアイデア募集の公募みたいな手法もございますので、そういったものも活用しつつ、また地域での利用にありましてはさまざまな

一関市議会 2017-06-15 第61回定例会 平成29年 6月(第2号 6月15日)

利用できる施設、それらを有効活用していく上で、きょうの新聞に軽米町で廃校校舎を工場に利用するというような報道があるわけですけれども、この事業を行う中で町からの補助というようなこともあります。  それについて、国の補助もあると思うのですけれども、そういうような助成についてみんなに知らせるというようなことも必要だと思うのですが、それらの情報伝達というか、それらはどういうふうに行っているのでしょうか。

一関市議会 2017-02-27 第60回定例会 平成29年 2月(第4号 2月27日)

屋内体育施設としての利用希望も多くありますことから、廃校となった体育館の利活用については地域の要望なども踏まえて検討していくことになりますが、改修費用の問題、あるいは建物の構造上の課題もあるために、個々の施設ごとに判断していきたいと思っております。  次に、移住定住のための支援についてでございます。  

一関市議会 2016-09-05 第58回定例会 平成28年 9月(第4号 9月 5日)

廃校になる学校も出てきます。  そういう中で、こういう取り組みをしていくことを前提にして、例えば学校建設とするならば、それを見込んだ確保をしていかなければならない。  当然、あまり学校に不必要な部分のものを用意するというのは今の状況では無理なわけですけれども、スケルトン方式というのがあるのだそうですね。  

一関市議会 2016-08-30 第58回定例会 平成28年 9月(第1号 8月30日)

このたび、旧門崎小学校施設を民間企業に減額して貸し付けする計画が進んでいることを踏まえ、また、今後、他の廃校校舎等についても、新たな民間企業等への貸し付けが生じることを想定し、この弾力化に係る制度を活用して国庫納付金相当額を積み立て、活用を図るため、本基金条例を制定しようとするものであります。  

一関市議会 2016-06-14 第57回定例会 平成28年 6月(第1号 6月14日)

これを受け、市では平成26年10月から利活用事業の公募を行ったところでありますが、このたびの貸し付けの相手方となる民間事業者1者から応募があったことから、地元代表委員を交えた検討組織である一関市廃校校舎等利活用事業選考委員会で協議した結果、地域での雇用創出や産業振興が見込まれることから、このたび、応募のあった民間事業者を利活用事業者とすることについて選考委員会として決定したところであります。