運営者 Bitlet 姉妹サービス
100件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-04 花巻市議会 花巻市議会 会議録 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月04日−03号 花巻市の下水道事業は、平成28年度に公営企業会計に移行するなど効率的な経営に努めてきたところですが、将来における管路施設の更新などに多額の費用の発生が見込まれていることから、国の交付金等の財源確保はもちろんのこと、長寿命化及び計画的な修繕による費用の平準化や、具体的には計画はございませんが、官民連携等も視野に入れた、あるいは将来的には広域化について検討することもあるかもしれません。 もっと読む
2018-09-11 釜石市議会 平成30年  9月 定例会(第3号)-09月11日−02号 医療費削減にもつながる施設でありますので、官もかかわって、官民連携でぜひ考えてほしいのでありますが、6月議会で話させていただきましたソーシャル・インパクト・ボンド、SIBですが、この民間資本とノウハウを活用した新たな官民連携の事業手法が今、広がり始めております。 もっと読む
2018-09-03 花巻市議会 花巻市議会 会議録 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月03日−02号 調査は、事業候補地のほか複合施設の可能性や官民連携による事業手法、民間活力を利用した複合化ができるかなどと伺っております。  5点目です。基本構想で述べている職員体制の充実と管理運営費との関連ですが、事業費に関する方針として、「職員体制に係る経費も十分に考慮」とあり、その整合性はどのようになるのか、民間委託も視野に入れるべきと考えますが、新図書館の運営体制についてお聞きいたします。   もっと読む
2018-06-21 釜石市議会 平成30年  6月 定例会(第2号)-06月21日−04号 行政と地域の企業、住民が、それぞれの役割をしっかり果たす官民連携でないと成り立ちません。この官民連携の優れた仕組みとして、SIB、これはソーシャル・インパクト・ボンドというものでございますが、これは行政による民間資金を活用した成果連動型の民間委託事業であって、効果がまだ証明されていない事業を実際にする際に有効であります。 もっと読む
2018-03-15 花巻市議会 花巻市議会 会議録 平成30年  3月 予算特別委員会-03月15日−03号 ◆(増子義久君) 説明の中に、官民連携組織による課題共有と課題解決及び公共空間の高度利用を図る公民連携事業の構築という表現がございますけれども、よく見ると官民連携組織と公民連携組織という2つの表現があるのですが、これは公と官は何か違うのですか。意味があるのですか。 ○委員長(照井省三君) 佐々木都市政策課長。 もっと読む
2018-03-08 宮古市議会 平成30年  3月 定例会-03月08日−05号 これをどうするかというのを、では役割分担の中で商工会議所を中心とした経済団体が対応するのかどうか、これもありますけれども、いずれ官民連携の中でしっかり取り組んでいかないと、これも大変なんですよ。 もっと読む
2018-03-07 花巻市議会 花巻市議会 会議録 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月07日−03号 この調査の内容は、事業候補地を検討しながら、図書館の複合施設化の可能性や、官民連携による事業手法、可能性、複合化に当たって民間活力を利用しながら複合化ができるかなどの調査をしているもので、昨年策定した新しい図書館の整備基本構想や立地適正化計画はもちろんのこと、これまでのまちづくり、都市計画も含めた歴史的な視点、また、先ほど議員からもお話がございましたが、全国の事例や将来的な流れも踏まえた、広くかつ多角的 もっと読む
2017-12-21 大船渡市議会 平成29年  第4回 定例会-12月21日−審議決定−05号 ◎下水道事業所長(千葉譲君) まず、本事業期間、平成35年度以降ということでございますけれども、これについてはまずこういったPPPというか、官民連携の先駆的な取り組みというのは全国でも極めて少ないというか、初めてというようなこともございまして、具体的にどのように進めていくかということについては本事業5年間の中で新手法によるメリットの検証とか、あるいは業務の履行状況等を見きわめながら検討したいと考えているところであります もっと読む
2017-12-14 大船渡市議会 平成29年  第4回 定例会-12月14日−市政に対する一般質問−03号 これらの具現化を図るための取り組みとしましては、漁業や水産流通加工業につきまして、大船渡市水産業振興計画に基づき、関係者と連携しながら各種事業を着実に推進するとともに、官民連携によるさかなグルメのまちづくり事業等を展開しております。    もっと読む
2017-12-12 滝沢市議会 平成29年 12月 定例会-12月12日−一般質問−03号 特に景観やごみの散乱などが懸念され、火災により空き家になった対応について、顧問弁護士に相談の上、地域の皆さんと市のプロジェクトチームでその対応を実施したほか、空き家管理者への適正管理啓発等のため、官民連携によりパンフレットを作成し、市内に回覧するとともに、空き家管理者へ通知する際には同封し、啓発を行っております。   もっと読む
2017-09-14 大船渡市議会 平成29年  決算審査特別委員会-09月14日−総括質疑−03号 29年度には、そのとおり4月にオープンいたしまして、目標どおりの入り込み者を若干上回るペースで進んでいるというふうに伺っておりますが、お盆明け以降、やはりオープン特需というか、それが大分落ちつきを見せているということで、今後はさらに商業はもちろん、商業以外でも人に来ていただけるような仕組みをまちづくり会社が中心となって関係者、我々や商工会議所等が支援を行いながら取り組んでいくということで、さきの官民連携 もっと読む
2017-09-13 大船渡市議会 平成29年  決算審査特別委員会-09月13日−各款質疑−02号 また、それは東京でポートセールス等を官民連携で取り組んできた成果が一つあらわれてきているのかなというような部分もありますが、一方で東京でのセミナーを通じまして、大船渡港というコンテナの港としての知名度がまだまだであるというふうにも同時に感じているところでございます。 もっと読む
2017-09-06 大船渡市議会 平成29年  第3回 定例会-09月06日−市政に対する一般質問−02号 これらプロジェクトの具体化を図る取り組みとしましては、漁業や水産流通加工業につきまして、大船渡市水産業振興計画に基づき水産関係者と連携しながら、関連する事業を着実に推進しますとともに、サンマを中心とした官民連携による、さかなグルメなまちづくり事業などを展開しております。    もっと読む
2017-09-01 花巻市議会 花巻市議会 会議録 平成29年  9月 定例会(第3回)-09月01日−01号 観光局を観光政策を担う中核組織と位置づけており、プロモーションが内向きから外向きに大転換、イベントだけだったものが地域間、産業間、官民連携をもって市内一体となり誘客対策をしております。  当市では、観光協会を中心にしっかりと取り組まれているわけですが、産業間連携、市民連携等、市内全体で支える取り組みが不足しているのではないかと思われます。 もっと読む
2017-05-30 宮古市議会 平成29年  6月 定例会-05月30日−03号 その後、民間事業者から提案がございましたスマートコミュニティ事業とブルーチャレンジプロジェクトの2つの事業について、森・川・海の再生可能エネルギープロジェクトの柱となる事業として捉え、復興や地域振興に大いに役立つことから官民連携により取り組んできたところであります。   もっと読む
2017-05-30 宮古市議会 平成29年  6月 定例会-05月30日−03号 その後、民間事業者から提案がございましたスマートコミュニティ事業とブルーチャレンジプロジェクトの2つの事業について、森・川・海の再生可能エネルギープロジェクトの柱となる事業として捉え、復興や地域振興に大いに役立つことから官民連携により取り組んできたところであります。   もっと読む
2017-03-10 大船渡市議会 平成29年  予算審査特別委員会-03月10日−総括質疑−03号 それで、さかなグルメのまちづくりの中で、官民連携というところで何度かこのワークショップを行ったようでございますが、その中でも特に私は注目したいのが、普通の官民連携と言えばそのとおりなのですが、実際の中の参加されている方々というのは、現場の方々が非常に多かった。それは、魚をとる漁師さん、つまりサンマ船の船頭さん方も随分多かった。それから、仲買する人も多かった。 もっと読む
2017-03-09 大船渡市議会 平成29年  予算審査特別委員会-03月09日−各款質疑−02号 ですから、一番の大きなこの間の成果は、これまでになかった官民連携の形が幾らか見え始めたのかなというところでございます。つまりこれまではどちらかというと行政のほうで案を示していかがでしょうかというあたりで意見をもらったのですけれども、この間の取り組みは最初から民間の方たちが企画をして、案をつくって、それを逆に行政に投げかける。そして、行政の意見も踏まえて事業化していく。 もっと読む
2017-03-02 陸前高田市議会 平成29年  第1回 定例会-03月02日−一般質問−04号 震災から6年たちましたし、今本当にまちづくりが進んでいくこのタイミングで、防災のまちづくりを推し進めていくようなチームというか、官民連携の動き、もしくは庁舎内でのチーム、プロジェクトというか、そういうようなものを積極的につくる、もしくは民間でそういう動きがあれば積極的に応援していく、支援していくということが大事だと思うのですが、そこについてはいかがでしょうか。 ○議長(伊藤明彦君) 答弁。 もっと読む
2017-03-02 大船渡市議会 平成29年  第1回 定例会-03月02日−市政に対する一般質問−03号 (2)、平成30年度、官民連携による大船渡市独自の民間的経営手法導入を計画としておりますが、強調されている当市の独自性とその効果について具体的に伺います。   (3)、合併浄化槽は管理や性能ともにすぐれていると認識しており、公共下水道と比べ財政負担面からも絶対的優位性があると考えます。次世代の負担軽減の観点から、合併浄化槽の設置拡大について見解を伺います。    もっと読む