114件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

陸前高田市議会 2019-06-18 06月18日-02号

震災後、被災の状況から、児童生徒学力低下が心配されましたが、最近の全国学力調査結果などを踏まえた現状はどうでしょうか。医療関係者からは、肥満を指摘する声もあったと思いますが、最近の状況をどのように捉えているのかお聞きいたします。  また、本年度から5年間を計画期間とする第9次陸前高田市教育振興基本計画が策定されました。

一関市議会 2019-02-22 第69回定例会 平成31年 3月(第3号 2月22日)

4つ目、以上のことを踏まえながら、中学校での学力低下あるいは中一ギャップの中には学力低下ということも含まれると思いますが、そうしたものに対する取り組みの一つとして、小中一貫教育というものが導入されるところが全国的に見られるようになってきました。  こういう小中一貫教育が考えられるのではないか、教育長の見解をお伺いいたします。  

釜石市議会 2016-09-13 09月13日-02号

子供学力低下を指摘する声がある中で、社会性協調性公徳心不足こそ深刻ではないのかと憂える世論があります。本来、そうした子供能力特性育成に深くかかわらなければならない地域家庭教育力は、都市化の進展や共働きの増加などの社会的変化に起因し、低下しているのではないかと存じます。そうであるなら社会全体で取り組むべき課題でありますが、残念ながら多くを学校教育に依存せざるを得ない現実にあります。

一関市議会 2015-06-18 第52回定例会 平成27年 6月(第2号 6月18日)

むしろ、生徒児童のほうが、理解が早いのではないかなと思っておりますし、また、この携帯電話使用することにより、子供の寝不足とか、それから学力低下などもいろいろ懸念される点があるようにも伺っておりますので、そういう点を加味しながら、どうぞよろしくご指導のほどお願いいたしたいと思います。  次に、2番の給食の問題でございます。  

北上市議会 2014-12-10 12月10日-03号

最後に、携帯電話等学力低下の関連についてでありますが、全国学力学習状況調査アンケート結果により、全国では携帯電話等使用時間が多いほど正答率が低くなっております。当市におきましても、携帯電話等を持っていない児童生徒と1日4時間以上使用する児童生徒では正答率に10ポイント程度差が出ている教科があります。

釜石市議会 2014-09-19 09月19日-04号

また、震災後、子供運動場学習環境低下していると思いますが、子供携帯スマートフォン使用時間がふえることによる学力低下、体力低下がマスコミにも取り上げられていますが、当市でも影響があるのではないかと考えますが、答弁を求めます。そして、その対策はどのようにしたらいいのか、これも答弁を求めます。 フロントプロジェクト1、2について。 

釜石市議会 2014-06-18 06月18日-03号

東日本大震災以来、児童生徒体力低下学力低下についていろいろ取り上げられておりますが、釜石市内児童生徒の具体的な傾向と対応についての御所見をお伺いいたします。 また、スポーツ面において、岩手から世界で活躍するトップアスリートの輩出を目指す、いわてスーパーキッズ発掘育成事業の第7期生のメンバーに、残念ながら釜石からは選出されておりません。

釜石市議会 2013-12-17 12月17日-02号

2000年前後には、学力低下が問題になり、学力の質についての議論や、同時に、どういう学力を身につけさせるべきかという現場の模索もあったといわれます。しかし、現在は、どういった学力を形成するか学校地域では考えなくなっているといわれ、学力の内実の議論がなくなり、質ではなくて学力テストの点数にだけ目が向いているといわれます。改めて、当市学力の質についてどのような対応をされているのかお聞きします。 

雫石町議会 2013-12-10 12月10日-一般質問-03号

増えたのは、閉塞感不安感、そして借入金、国債、非正規雇用、さらには農山村の荒廃、自殺者空き家屋、ひとり暮らし、独居老人未婚者離婚者単身家庭学校給食費未納者生活保護家庭学力低下、人口の激減だけであります。失われた20年の原因は何でしょうか。真の要因はどこにあるのでしょうか。自治体住民という観点から見れば、戦略が決まらない、誰が戦略を決めるのか。

奥州市議会 2013-12-06 12月06日-05号

ある雑誌に最近、取り上げられておりまして、基本的には教育委員会が大きなウエートを持って進めているわけです、そんな中で、自治体の首長の力は教育を変えられるかというタイトルで、たまたまいじめや不登校学力低下など教育面を巡る深刻な課題と解決を図るため、政府も地方教育行政を大幅に見直す作業を進めているそうであります。

宮古市議会 2012-06-20 06月20日-04号

複式学級のためと断定することはできませんが、学年により学力低下が散見される状況であります。 また、児童成長過程において勉強と並んで大事なのがスポーツであります。各学校のどのクラスを見ても団体競技、例えば野球とかドッジボール、サッカー等ができる人数のクラスがございません。これら団体競技の楽しさやチームワークの大切さを知らずに成長することは、子供たちにとって大変不幸なことです。

宮古市議会 2012-06-18 06月18日-02号

子供の貧困は間接的に不登校、あるいはいじめ学力低下など、さまざまな影響子供たちに及ぼします。さらには、経済的な理由で子供たちが進路変更することがないよう切に願うものであります。市内のある高校は、ことしの卒業生が過去最高の国公立大学への大学進学を決めています。他の高校においてもほぼ100%に近い就職を決めるなど、震災影響を受けることなく、教職員一丸となって進路実現を果たしています。 

雫石町議会 2012-06-11 06月11日-一般質問-02号

本町の児童生徒学力低下は、家に帰って勉強しなくなったからだということであります。確かに教育研究会等現場報告アンケート結果を聞きましても、学校の授業の中で集中力を欠く生徒、あるいは予習、復習の時間が少なく、テレビやゲームに長時間を費やしている、だらだら習慣が影響しているものということを感じております。

北上市議会 2011-12-07 12月07日-03号

続きまして、2項目め1つ目として、昨今はゆとり教育の弊害から全国的に学力低下が何かの折に話題に上ります。それに伴い、学力テストの実施やその結果を公表していない自治体も多く、これからの地域リーダー、もしくは市のリーダーとなる人材を育成していくためにも、私は学力テストは必要と考えますし、またその結果の公表も必要と考えます。