171件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大船渡市議会 2017-12-13 平成29年  第4回 定例会-12月13日−市政に対する一般質問−02号

当市からのJR大船渡線のBRT受け入れに関する活性化要望に対する東日本旅客鉄道株式会社のこれまでの観光振興による地域活性化の取り組みといたしましては、奇跡の一本松と碁石海岸ジオパーク大船渡湾を屋形船で周遊するプランなどの観光商品の造成販売、新幹線座席の冊子「トランヴェール」上での駅旅コーナーの情報掲載や、大船渡線BRTの便利マップ作成など、積極的に当市の観光PRや観光商品の販売に取り組んでいただいてきているところであります

大船渡市議会 2017-09-13 平成29年  決算審査特別委員会-09月13日−各款質疑−02号

◎水産課長鈴木満広君) ごみの処分の関係ですけれども、まず1点目の漁場ごみ等清掃ですけれども、これについては台風など大雨の際に海面に流出したごみの回収作業、これについて漁業協同組合のほうと委託契約を結んでおりまして、漁協の組合員さんにそのごみの回収に当たってもらうということで、その際、昨年度ですと末崎地区で、大船渡湾内末崎地区におきまして2回台風による河川から流入したごみ等を回収してもらったということになります

大船渡市議会 2017-06-16 平成29年  第2回 定例会-06月16日−市政に対する一般質問−04号

また、震災後に大船渡湾西部海域においてホタテガイから貝毒が検出され、継続的に出荷自主規制が行われておりましたが、5月にカキにおいても基準値以上の貝毒が検出されたために出荷自主規制が実施されており、養殖漁家の所得への影響が懸念されているところであります。   次に、(2)の水産業の課題について答弁申し上げます。

大船渡市議会 2017-06-14 平成29年  第2回 定例会-06月14日−市政に対する一般質問−02号

基本設計案を作成しており、具体的なイメージとして、日常においては四季を彩る植栽が印象的に配置された広い起伏のある芝生公園の中に遊具や水場で遊ぶ親子、それを木陰やあずまやで見守る高齢者、バーベキュー道具を持ち込み楽しむ若者たちがいて、その周辺の園路では市民が散歩やジョギングを楽しめるように、また非日常においては芝生広場に設置された仮設ステージイベントと園路上の屋台キッチンカーのにぎわいを楽しみ、夜には大船渡湾

宮古市議会 2017-05-30 平成29年  6月 定例会-05月30日−03号

2009年、平成21年、大船渡湾に注ぐ盛川に2,000万尾のサケの稚魚が放流されました。帰ってきたのは4万503尾で、0.2025%の回帰率でありました。放流したときの湾のpHは9.0であります。盛川上流に50万立方メートルコンクリート使用したダム建設されました。放流された稚魚はpH9のアルカリの海で2カ月、どれほどの稚魚が無事、北の海に向かったのか疑問であります。  

大船渡市議会 2017-03-16 平成29年  第1回 定例会-03月16日−審議決定−05号

(2)、作業用船舶について、海上警報の発表等により長崎漁港から大船渡湾内までの避難曳航に係る変更を行ったものでございます。また、防波堤本体の拡幅に当たり、当初は既設防波堤を港内側に拡幅することとしておりましたが、地元漁業者等からの要望により、港口が狭くならないよう既設防波堤を港外側に拡幅することとし、これに係る変更等を行ったものでございます。   2、変更の内容、292万6,800円の増額。

大船渡市議会 2017-03-09 平成29年  予算審査特別委員会-03月09日−各款質疑−02号

◎水産課長鈴木満広君) 先ほど御説明をしました人工漁礁の関係でございますけれども、これにつきましては震災前にそれぞれ野野前漁場、あるいは大船渡の鶚島地区という大船渡湾口の付近でございますけれども、こういったところに魚礁の整備というものを県が過去に実施をしております。今回は、震災等でそれらが被災を受けているという部分の復旧工事を行いたいという内容というふうに伺っております。   

大船渡市議会 2017-03-03 平成29年  第1回 定例会-03月03日−市政に対する一般質問−04号

(市長 戸田公明君登壇) ◎市長(戸田公明君) それでは、ただいまの田中議員の御質問であります、1、大船渡湾海水保全についてのうち、(1)、干潟造成事業の規模と海水浄化の効果について答弁申し上げます。   大船渡湾内においては、古くから天然干潟によるアサリの漁獲が行われてきましたが、東日本大震災により沿岸地盤が沈下し、アサリの生育環境が大幅に低下いたしました。

大船渡市議会 2017-03-02 平成29年  第1回 定例会-03月02日−市政に対する一般質問−03号

しかしながら、下水道と浄化槽をあわせた整備ベースの普及率、いわゆる汚水処理人口普及率は平成27年度末で62%と、全国の90%や岩手県の79%を大きく下回っており、特に大船渡湾等の閉鎖性海域を有する当市においては汚水処理施設の普及、拡大は喫緊の課題となっているところであります。   

大船渡市議会 2017-02-17 平成29年  第1回 定例会-02月17日−議案上程説明−01号

初めに、大船渡湾域の環境対策につきましては、大船渡湾環境保全計画に基づき、下水道の整備を初め、浄化槽の普及、清掃船「さんご丸」の運航、岩手県と連携した事業場に対する適正排水処理指導などに取り組むとともに、湾口防波堤の完成や復興に向けた新たなまちづくりの進展など、取り巻く環境が変化する中で、水質モニタリングを継続して実施し、適時適切な対応が図られるよう努めてまいります。   

宮古市議会 2016-12-16 平成28年 12月 定例会-12月16日−03号

◎市長(山本正徳君) 過去の津波防災に関して、確かに田中議員がおっしゃるように大船渡湾は湾口防波堤釜石湾も湾口防波堤、久慈湾も湾口防波堤を選択いたしました。しかし、宮古湾に関しては、さまざまなその当時の考えから、湾口防波堤ではなくて海岸防波堤というのを選んだというふうに私は聞いております。

大船渡市議会 2016-12-16 平成28年  第4回 定例会-12月16日−市政に対する一般質問−04号

また、同調査の分析結果では、大船渡湾における最大1メートル前後の潮の満ち引きのほか、湾内外の温度差による海水密度の不均衡、ひいては圧力の発生がこの海水流量の大きな要因であることが示唆されております。これは、湾内外の海水の動きが複数の要因が絡む不規則かつ複雑なものであることをあらわしておりますことから、当該地に対して一般的な潮流発電の知見を適用することは極めて困難であるものと推察しております。

大船渡市議会 2016-09-08 平成28年  第3回 定例会-09月08日−市政に対する一般質問−03号

続いて、3の大船渡湾内の養殖ホタテ漁について伺います。大船渡湾内の養殖ホタテ漁は、貝毒の発生で出荷できない状態が続き、ホタテ漁をやめる業者が出ています。8月30日の東海新報の記事によると、大船渡湾の湾口部における海水交流量比は、震災前の平成22年度が22.7だったものが、震災後の23年度には2.3倍の52.9に上昇しました。

大船渡市議会 2016-09-07 平成28年  第3回 定例会-09月07日−市政に対する一般質問−02号

そこで、今市内で至るところで、名所の珊琥島を初め大船渡湾の島々、そしてまた綾里崎等で松くい虫被害とも思われる被害が、山が赤くなっている、非常に多くの面積が散見されるわけでございます。   そこで、この松くい虫対策、非常にこれから駆除、防除するには多大な労力と経費がかかると思われるわけでございます。

大船渡市議会 2016-08-01 平成28年  第5回 臨時会-08月01日−議案上程説明、審議決定−01号

(2)、作業用船舶について、海上警報の発表等により、野野前漁港から大船渡湾内まで避難えい航するために係る費用の変更等を行ったものでございます。   2、変更の内容、673万7,040円の増額。(1)、諸経費の実績に基づく変更分424万6,830円の増額。型枠工、潜水士等の技能労働者延べ558人分の宿泊費用を増額したものでございます。(2)、工事変更による分、249万210円の増額。