2395件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

一関市議会 2019-06-24 第70回定例会 令和元年 6月(第4号 6月24日)

ことしの9月から、矢巾町に岩手医科大学が移転します。  この岩手医大への交通網の形成についてどのような機関で調整しているか、また、当市としてどのような対応を求めているか伺います。  加えて、当市に関係する中で申しますと、岩手県交通の千厩盛岡線という路線がございます。  この路線は、岩手医大に通院する方々の利用が多くあります。  

一関市議会 2019-06-20 第70回定例会 令和元年 6月(第2号 6月20日)

高校生の就職状況は、ある程度把握ができていると思いますが、約6割近い高校生が当地域から大学や専門学校等に進学しています。  私は、以前にも同様の質問をしたことがありますが、専門学校や大学等に進学した学生の就職動向を把握することは、当市にとって重要かつ必要な情報であるという認識から、改めてその調査状況についてお伺いいたします。  次に、広聴・広報に関してお伺いいたします。  

一関市議会 2019-06-01 令和元年第70回定例会 令和元年 6月 質問通告書

(3) しごとの創生は、企業の撤退が続いている当市にとっ   て喫緊の課題と認識するが、米中の貿易戦争を見るまで   もなく、企業の国内回帰の動向が見られる中、現在の企   業誘致の取り組みについて伺う  (4) 高校生の地元就職に対する意識が非常に高いことが   新聞等で紹介されている    当市から大学

二戸市議会 2019-03-14 03月14日-委員長報告・質疑・討論・採決-07号

生活保護世帯、とりわけひとり親世帯の生活実態の調査、さらにはそうした家庭における子供たちの学習の保障、あるいは高等教育、大学進学等の保障はどうなっているのか、必要な手だてこそがとられなければならないと考えているものでございます。 大きく4点について問題、不十分を指摘いたしまして、平成31年度の当初予算に対する反対討論といたします。 ○議長(菅原恒雄)  賛成の方、内沢議員。

一関市議会 2019-02-25 第69回定例会 平成31年 3月(第4号 2月25日)

ほかに、大学から非常勤の医師の応援を受けて診療体制をつくっているというところでございます。  一般的に小児科医が不足している要因としては、時間外診療など過剰な労働環境があるということ、それから医療事故リスクが高いということなどが要因として挙げられているところでございます。  

一関市議会 2019-02-22 第69回定例会 平成31年 3月(第3号 2月22日)

大学、短期大学、高等専門学校などの学生やUターン就職希望者については、中東北就職ガイダンスを開催しておりますが、大学生、高専生を対象とした企業見学バスツアーも実施しております。  そのほか、一関市内の事業所でインターンシップを行う大学生などに交通費や宿泊費を助成する事業を行っているところであります。  

一関市議会 2019-02-21 第69回定例会 平成31年 3月(第2号 2月21日)

次に、スマート農業への取り組みについてでございますが、市としては平成29年8月に設立された民間企業や大学、行政機関などで組織する岩手スマート農業推進研究会に加入をしておりまして、農業の各分野における先端技術に関する情報収集を行い、農家からの問い合わせに対応するなど、当市のスマート農業の普及に取り組んでいるところでございます。  

二戸市議会 2019-02-20 02月20日-議案説明-01号

初めに、学力向上については東京学芸大学との連携事業を初めとする授業改善に向けたさまざまな取り組みにより、ここ数年市内の児童生徒は全国と同レベルまたはそれ以上の学力レベルを維持していると捉えております。 平成31年度は、これまでの学力向上事業に加え、小・中学校が連携した授業改善の取り組みにも力を入れながら、児童生徒の学力の維持向上に努めてまいります。 

一関市議会 2019-02-19 第69回定例会 平成31年 3月(第1号 2月19日)

地元企業への理解促進を図るため、ハローワークやジョブカフェ一関、大学などと連携した企業見学会やインターンシップへの支援、さらには、中学校や高校で地元企業を紹介し、地元で働く魅力を伝える取り組みを進めてまいります。  また、新たに平泉町と連携して、民間法人が行っている給付型奨学金事業に出資するとともに、奨学金返還者への支援を行い、地元就職を促進してまいります。  

一関市議会 2018-12-14 第68回定例会 平成30年12月(第5号12月14日)

慶應義塾大学の井出教授は、消費税増税の影響は、短期ではなく長期的な視点で分析が必要であると指摘しております。  頑張って働いたお金を自分のためではなく、誰かのためにも払う、それが税です。  その根底に、同じ国で同じ時代を同じ社会を生きる方々と痛みを分かち合おうという国民の皆様方の気持ちがなければ成立しない仕組みです。  

一関市議会 2018-12-06 第68回定例会 平成30年12月(第2号12月 6日)

しかし、ここで提案したいのは、例えば首都圏等の大学等を卒業後、自身のスキルアップのために先進医療等を行っている医療機関に何年間か勤務したその後でも、市内の医療機関に勤務すれば返還免除となるように現行制度を緩和する考えがないかお伺いをいたします。  第2点目は、人口減少社会への対応について質問をさせていただきます。  

花巻市議会 2018-12-05 花巻市議会 会議録 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月05日−04号

次に、2点目の18歳からの選挙権を行使する啓発についてのお尋ねでありますが、これまでは市内の高等学校において選挙制度の仕組みや市民と政治のかかわりについて説明した後模擬投票などを行う選挙啓発授業を延べ15回にわたり1,900名余りの高校生に実施してきたほか、平成28年7月執行の参議員選挙からは富士大学に期日前投票所を開設して学生に積極的な投票を呼びかけると同時に、学生自身が期日前投票所の投票管理者や

花巻市議会 2018-12-04 花巻市議会 会議録 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月04日−03号

一方、現在休診しております小児科、皮膚科及び眼科の3つの診療科目は全国的に専門医不足であることから、現段階において医師確保の見込みが立っていないため、引き続き岩手医科大学などへの医師派遣の要請や人材紹介会社を通じての募集などを行っていると伺っております。

花巻市議会 2018-12-03 花巻市議会 会議録 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月03日−02号

実は先週、地域づくり講演会がございまして、その中で講師として慶應義塾大学大学院の山口特任教授がお見えになっていました。そのときにおもしろいことをおっしゃっていました。我々はよく若者を大事にしなくてはいけないという話しましたけれども、山口先生は若者をリスペクトしろ、尊敬しろと言うのです。

滝沢市議会 2018-09-20 平成30年  9月 予算決算常任委員会-09月20日−決算審査−04号

要は、滝沢市と企業さんが地域課題に向けて一緒に共同研究しましょうというものと、あと企業様と大学が共同研究することに対して補助をする、この2種類となっているものでございます。  平成29年度につきましては、後段の企業様と大学の連携、こちらの部分に1件の申請があり、そういう意味で50万円の補助額の2分の1というような制度の中で実施をさせていただいたものでございます。