13件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

花巻市議会 2018-12-05 花巻市議会 会議録 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月05日−04号

次に、シティプロモーションについてですけれども、一つの言葉では言いあらわせないものがあるということでございましたが、私、東名自動車道、北陸自動車道を回る機会がございまして、上に跨線橋と言ったらいいのでしょうか、一般道が上を通る場合などは、その橋脚のところに、橋のところに神奈川県内でとみに見かけたのですけれども、「日本一の図書館の町 大和」、図書館と言ったから図書館というわけではないですけれども、そういう

宮古市議会 2018-03-06 平成30年  3月 定例会-03月06日−03号

正直、私がストレートに聞いた話の中でも、小田原ではないんですけれども、その近隣の大和というところで生活保護を申請した方から聞きました。そこでも、ある意味親身になって職員の方はお話を聞いてくれたそうなんですけれども、宮古で言う民生委員のような方を通して、もう一度市役所に来てくださいというような、たらい回しのような現状があったそうです。

釜石市議会 2017-03-08 平成29年  3月 定例会(第2号)-03月08日−03号

その中の神奈川県大和では、中学生の入学準備金の支給時期を入学後の8月から入学前の12月に変更し、既に実施しており、保護者からは、年内に制服を注文できるということで画期的なこととして評価されているということですし、当市としても、支給方法の改善策として保護者経済的負担軽減に配慮すべきと思いますが、考えをお聞きいたします。  次に、大震災後の生活再建について質問をいたします。  

紫波町議会 2017-03-03 平成29年  3月 定例会(3月会議)-03月03日−02号

◆9番(及川ひとみ君) 検討というと、ちょっとどのようなことが検討されているのかがちょっとわかりにくいんですけれども、本当に今、各自治体がよくいろんなことを私は考えてくるなというふうに思うんですが、神奈川県大和では入学準備金の前倒し、小学校6年の12月に支給したというふうに新聞に載りまして、もうどんどん子どもたちのためにどうやったらいいのかということを考えて進めてきているところが出てきているんだなというふうに

大船渡市議会 2016-12-16 平成28年  第4回 定例会-12月16日−市政に対する一般質問−04号

神奈川県大和では、今年度から教員事務仕事の負担軽減を図るために全市立小中学校、合計28校に導入され、本格稼働しているそうです。教育委員会でもよい効果が出ているようで、各学校がさらに使いこなせるように取り組む考えとのことでコメントを残しております。教員の負担軽減に効果が出るとのことです。導入に向けて検討委員会を設置され、若手教諭などを含めて検討したらいかがか、お伺いをいたします。   

金ケ崎町議会 2016-06-03 平成28年  6月 定例会(第4回)-06月03日−議案説明・一般質問−01号

あるいは、これは神奈川かな、大和の新しい公共を創造する市民活動推進条例とか、これも参考になるのではないかと。身近な例で言えば、北上市の場合、北上市地域づくり組織条例というようなものをつくって、地区の皆さんに、まちの担当者が出かけていって説明をして理解してもらうという努力をしております。  

一関市議会 2015-02-23 第51回定例会 平成27年 3月(第4号 2月23日)

不育症治療に対する補助制度を設けている自治体は、全国でもまだ数少ない状況ですが、不育症の助成制度を実施している神奈川県大和では、創設当時は保険治療費の自己負担分2分の1、年間30万円の上限を設け助成しており、予算規模は150万円から始めています。  不育症に関しましては、社会的周知や少子化対策にも資するものと考え、まずは制度の創設を訴えるものです。  

北上市議会 2014-09-10 平成26年  9月 定例会(第199回)-09月10日−03号

そこで、他市ではございますけれども、静岡県三島市では、平成22年7月1日からコンビニ、ガソリンスタンド、ファミリーレストラン、24時間あいているところにお願いしてAEDを設置しているということでございますし、神奈川県大和平成23年10月1日から市内のコンビニ全店にお願いしているというような事例がございます。

大船渡市議会 2013-05-20 平成25年  第2回 臨時会-05月20日−議案上程説明、審議決定−01号

神奈川県大和鶴間一丁目31番16号、新沼初子、東京都葛飾区細田五町目7番14号、小佐野孝子、千葉県千葉市美浜区幸町一丁目8番―2―1004号、遊佐光枝、千葉県千葉市緑区古市場町554番地の1、島田由紀枝、大船渡市赤崎町字後ノ入73番地2、新沼榮一、大船渡市大船渡町字野々田22番地20、佐藤正男、盛岡市みたけ三丁目4番10号、片岡ハマ子、釜石市中島町四丁目5番16号―502号、菊池郁子、大船渡市立根町字向田

二戸市議会 2012-02-24 02月24日-一般質問-03号

潟上市、瀬戸内市、能登市、かほく市、笠岡市、大和などで、これらの自治体では1年度について30万までの助成をしているのがほとんどでございます。また、和歌山県などでは、県として1年につき3万円までの助成を始めております。国においても、不育症の検査と治療、特にヘパリン注射への保険適用がことしの1月1日から実施がされました。 そこでお伺いをいたします。

花巻市議会 2002-09-11 花巻市議会 会議録 平成14年  9月 定例会(第3回)-09月11日−04号

参考までに申し上げますが、神奈川県大和は今春、全国で初めて地域通貨の機能を登載したICカードをスタートさせました。ICカードを住民サービスの向上だけでなく、地域コミュニティーの活性化を住民参加のまちづくりなどにも活用しようとする試みとして注目されております。

大船渡市議会 2002-06-12 平成14年  第2回 定例会-06月12日−市政に対する一般質問−02号

神奈川県大和では、庁内合意内容であれば自由に答えてよいというルールを定めているなど、トップダウンで対応を決め、市長決裁も得ずに回答するなど、一気に対応が早まっております。   5点目は、三鷹市では、公民館で行う市民向け講座をインターネット予約できるようにした結果、以前公民館での申し込みに行列ができましたが、行列は消え、しかもネットで初めて講座を知った市民も加わり、利用率が向上しました。

  • 1