129件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

一関市議会 2019-09-02 第71回定例会 令和元年 9月(第4号 9月 2日)

人口減少による労働力不足が続く中で、外国人材労働力として期待する事業者は、農業工業介護といった分野に限らず、多くの分野において今後増加していくものと考えており、市としては外国人材の受け入れ事業所に対する相談支援を行うとともに、地域産業福祉を支える労働者としてのみならず、地域社会のパートナーである生活者の一人として外国を受け入れていく必要があると認識しております。  

一関市議会 2019-09-01 令和元年第71回定例会 令和元年 9月 質問通告書

  ・市内での東地域(81.13人)と西地域(217.17人)で2.6倍    の医師格差があるがどう捉えているのか  (2) 具体的な地域医療確保の取り組みについて伺う   ・医師を初めとする地域医療を担う医療スタッフの確保    にどう取り組んでいるのか   ・自治医科大学との連携にどう取り組んでいるのか 3 外国人材

一関市議会 2019-08-27 第71回定例会 令和元年 9月(第1号 8月27日)

次に、その下から2ページの第4条第4項第3号につきましては、印鑑登録原票への登録事項のうち、氏名について住民票に旧氏の記載がなされている場合は、氏名及び当該旧氏を登録することについての規定を追加するとともに、住民基本台帳法施行令の改正に伴う外国住民の通称住民票への記載等に係る引用条項の改正及び用語の整理に係るものでございます。  

二戸市議会 2019-03-14 03月14日-委員長報告・質疑・討論・採決-07号

外国も入ります。禁治産者も入ります。全てなのです。人間全て、年齢も問わない請願権があります。憲法16条は、基本的人権として明確にこれを規定してあるのです。基本的人権の中では宗教自由なり教育自由なり、あるいは生存権なり、全て書いてありますが、上位にこの請願権が入ってきています。

一関市議会 2019-03-01 平成31年第69回定例会 平成31年 3月 質問通告書

余熱活用施設整備の概  要の具体、新しい時代のエネルギー活用策を一日も早く示す  べきと考えるが、市長の考えを伺う 3 地域資源をみがき生かせる魅力あるまち(商業観光振興)  について  (1) 商業振興は、これまでの取り組みに加え、新たな支援が   必要と考える    インバウンドによる外国観光

二戸市議会 2019-02-28 02月28日-議案質疑-05号

一般質問等でも答弁ありましたが、いわゆる今後外国労働者が入ってくるよという状況の中で、外国に対する支援というのはどうするのかということの質疑がなされたわけです。外国の相談窓口といいますか、それは総務政策部に置くという、こういう答弁だったと思うのです。

一関市議会 2019-02-25 第69回定例会 平成31年 3月(第4号 2月25日)

また、県内でも最大人数である12人のALTを各校に配置することにより、児童生徒には本物の英語を身近に感じ、ALTと生きている英語のやりとりを楽しむ環境を提供し、その中で臆せずに外国コミュニケーションをとろうとする子供育成に努めております。 ○議長(槻山隆君) 鈴木保福祉部長

滝沢市議会 2019-02-07 02月07日-一般質問-02号

毎月勤労統計の不正も、裁量労働制外国労働者データ捏造も、森友文書改ざんも、イラク日報の隠蔽も、その根底にあるのは安倍政権の政治モラルの大崩壊であります。こんな政治に未来はありません。日本共産党は、市民野党の共闘で、うそのない当たり前の政治を実現し、立憲主義を回復し、憲法を守り、生かし、暮らしに希望を取り戻すため、安倍政権の一刻も早い退陣を求めて戦っていきます。

一関市議会 2018-12-10 第68回定例会 平成30年12月(第4号12月10日)

1つ目、外国を含めてもっと多くの方々に来場してもらえるよう、よいイベントをやってほしい、2つ目、ベゴニアの花を地域会社にリースするような取り組みをしてはどうかと、それから3つ目としては、社員のやる気を喚起するような取り組みを期待したい、4つ目に、地域との連携について花泉地域内の方々との取り組みをもう少し考えてほしいといったような御意見を頂戴したところであります。  

一関市議会 2018-12-07 第68回定例会 平成30年12月(第3号12月 7日)

主な成果といたしましては、外国救急要請などに対応する他言語翻訳アプリ、ボイストラの導入や防災情報の提供手段の一つとして防災アプリを活用したいちのせきメールの導入を図ったところであります。  意見発表会の同日開催についてでありますが、消防団員の意見発表会は、消防団の年間行事計画を決定する際に、消防団活動の繁忙期を避けた11月として開催しているものであります。  

一関市議会 2018-09-03 第67回定例会 平成30年 9月(第4号 9月 3日)

教材に関しては、教師用指導書はもちろんのこと、外国が話す英語を再生できるデジタル教材を用いて授業を進めております。  また、教員が共同で利用できるよう、市の校務用パソコンの共有フォルダ内に教材演習プリントや学習指導案の例、児童の活動例を保存し授業準備を支援しております。  

一関市議会 2018-08-31 第67回定例会 平成30年 9月(第3号 8月31日)

さらに、以前は安い労働力を確保するために外国を雇うケースが多かったことから、日本人雇用を脅かす、あるいは地域賃金ベルを下げるなどにより必ずしも歓迎されなかった外国労働者の受け入れも、このように日本人労働者の減少が進む中で、政府が来年から、日本語など一定の水準をクリアした外国の受け入れを拡大する方針の中で、国の新たな方針に対して市内の労働力確保に向けての市としての考え、対応はどうか、この点

一関市議会 2018-03-01 平成30年第65回定例会 平成30年 3月 質問通告書

国際交流の推進について  (1) 市内における国際交流の実態は  (2) 国際姉妹都市オーストラリアセントラルハイランズ市との   交流を今後どのように全市的に事業展開していく考えか  (3) ベトナムとの交流について今後どのように進める考えで   いるのか  (4) 中長期的な国際交流計画の策定の考えは  (5) 外国旅行

一関市議会 2018-02-26 第65回定例会 平成30年 3月(第4号 2月26日)

また、一関市を訪問する外国旅行者はどのくらいか、今後の見通しもあわせてお伺いをいたしたいと思います。  最後に、職員の配置についてお伺いをいたします。  毎年人事計画により職員の配置を行っていると思いますが、現在の職員数と今後5年から10年程度で結構ですので、見込んでいる計画をお聞かせ願います。  さらに、その中で支所職員の今後の配置計画はどのようになっているかお伺いいたします。  

一関市議会 2017-12-11 第64回定例会 平成29年12月(第4号12月11日)

1点目は、インバウンド、外国観光客の誘客を増加させ、市内の活性化を図る取り組みについてであります。  国において、従来の目標である2015年の訪日外国旅行客2,000万人を5年前倒しで達成し、2020年に4,000万人にする目標を掲げ、観光産業革新し、国際競争力を高め、我が国の基幹産業にするとし、平成28年を東北観光復興元年に位置づけ、取り組みを開始しています。  

一関市議会 2017-12-07 第64回定例会 平成29年12月(第2号12月 7日)

先ごろ新聞報道によりますと、インバウンドの観点からも台湾旅行者のセミナーでグルメをテーマにすれば効果が大きいとのアドバイスがあったように報道されておりまして、外国にとってもこの地域の特色あるアピールができるのではないかと考えておりますが、インバウンドの観点からいかがでしょうか。 ○議長(槻山隆君) 森本商工労働部長。