4121件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

金ケ崎町議会 2024-12-09 12月09日-03号

その目安というのは、今金ケ崎町では取り組んでいる基準内繰り入れ等含めては、いわゆる平準化債の借り入れをしている分については考えなければならない分があったというのが今までの現状であります。 ただ、最初に質問されましたように、事業を進めるときに起債償還等については町が負担するのだということについては、検証というよりも、ちょっと確認をいたしましたが、確認が十分できないと。

大船渡市議会 2023-12-11 12月11日-02号

急速に進行している高齢化などを背景に、高齢者障害者など、あらゆる人たち社会活動に参加できるよう、肉体的、精神的に負担なく移動できることを目的として、平成18年に高齢者障害者等移動等円滑化の促進に関する法律、いわゆるバリアフリー法が制定されるとともに、同法に基づく移動等円滑化のために必要な道路構造に関する基準が定められたところであります。  

金ケ崎町議会 2023-12-05 12月05日-01号

また、副食費を国の免除基準を満たさない全ての保護者免除を行った場合、保育園分では約875万円が必要となります。これら合計をいたしますと、およそ年額で5,145万円の一般財源が必要となります。 次に、3歳児から5歳児の副食費助成についてのご質問でございますが、副食費については、国において減免基準を定めており、世帯収入が約360万未満の家庭の児童や、同時入所の第3子以降の児童対象となります。

大船渡市議会 2023-09-11 09月11日-02号

平成30年度環境関連調査では、一般的に水質の汚濁を示す指標であるCODにつきましては、湾内3地点の上層の平均値において、4カ月の調査期間のうち、7月から9月までの3カ月は2.2から3.1ミリグラムパーリットルと、環境基準値である2ミリグラムパーリットルを上回りましたが、平成29年度と比較しますと全体として若干減少したところでございます。  

金ケ崎町議会 2023-06-05 06月05日-01号

基準額は最低基準であり、指定されているこれらを準備しないと事実上入学できないので、学校教育法第19条から見ても配慮する必要があると考える。 (5)、生徒会児童会)費、PTA会費給食費には上限設定されている。その上限を撤廃し、実費支給とすべきでないか。 (6)、実施要綱で、就学援助の申し出が可能な方は、下記①~⑦のようになっている。これに所得基準を明記してはどうか。

大船渡市議会 2021-09-12 09月12日-03号

次に、3、災害時の安否不明者や死者の氏名公表基準について。全国各地で豪雨などによる災害が頻繁に発生しております。国の防災基本計画では、災害時の氏名公表の規定はなく、公表するかどうかは各自治体の判断に委ねられております。東日本大震災を経験した当市では、氏名公表基準がどのようになっているのか伺います。  以上で壇上からの質問を終わります。御清聴ありがとうございました。     

金ケ崎町議会 2021-09-09 09月09日-03号

  議案第 4号 金ケ崎印鑑条例の一部を改正する条例日程第 3  議案第 5号 金ケ崎町立幼稚園設置条例の一部を改正する条例日程第 4  議案第 6号 金ケ崎町立幼稚園預り保育に関する条例の一部を改正する条例日程第 5  議案第 7号 災害弔慰金支給等に関する条例の一部を改正する条例日程第 6  議案第 8号 金ケ崎特定教育保育施設及び特定地域型保育事業運営の              基準

金ケ崎町議会 2021-06-07 06月07日-03号

その場合に、地方消費税に分配する場合に、清算基準というのがあって、例えば東京に本社があって支店が盛岡にあると。それを全部本店経由で出せば、東京都の収入が多くなるわけですよね。そういうことから、不均衡だということで清算基準が決められていると、補正をするというような形になっていると理解しておりますが、それと同じように、交付金についても市町村によって交付の数値が違うのでしょうか。

大船渡市議会 2020-12-17 12月17日-05号

総務課長江刺雄輝君) 再度の任用についてでございますが、制度上でございますけれども、同一の方を年度を越えて継続任用できるかという趣旨だと思いますが、これにつきましては明確な基準というものは示されていないところではありますが、国、県につきましては2回まで更新が可能というような方針を示しているということでございまして、3年間は継続任用が可能というようなことを判断しているということでございます。  

奥州市議会 2020-12-14 02月14日-01号

奥州市部設置条例の一部改正について第15 議案第5号 奥州印鑑条例の一部改正について第16 議案第6号 奥州特別職職員等に対する費用弁償に関する条例の一部改正について第17 議案第7号 奥州特別会計条例の一部改正について第18 議案第8号 奥州手数料条例の一部改正について第19 議案第9号 奥州地区センター条例の一部改正について第20 議案第10号 奥州放課後児童健全育成事業設備及び運営に関する基準

大船渡市議会 2020-12-13 12月13日-04号

(3)番、認定保育所等施設老朽化への査定基準と、その支援についてお伺いをいたします。  最後に、大きい4番目、高齢者のフレイル健診の実施についてお伺いをいたします。厚生労働省は、来年4月から75歳以上の人を対象に新たにフレイル健診を開始します。虚弱を意味するフレイルは、認知機能の低下や鬱などの精神、心理面、閉じこもりや孤立などの社会性も関係します。

大船渡市議会 2020-12-12 12月12日-03号

次に、(3)として、スフィア基準についてお伺いいたします。国際赤十字などが難民被災者対応最低基準を示したものであります。日本各地におけるここ数年の災害により、避難所生活を余儀なくされた方々の生活水準は、難民キャンプにも劣ると言われております。 この基準によると、避難所における1人当たりのスペースは3.5平方メートル、トイレは20人に1つで、トイレ男女比は1対3とされております。

金ケ崎町議会 2020-12-10 12月10日-04号

あと、先ほど言いました他律的業務であれば100時間未満とか、それ以外の業務であれば45時間というこの時間設定でございますけれども、これにつきましては人事院のほうで基準を設けておりまして、その基準に準じた形で町も設定をしようとするものでございます。 ○議長伊藤雅章君) ほかに質疑ございませんか。           〔「なし」と言う人あり〕 ○議長伊藤雅章君) 質疑なしと認めます。

金ケ崎町議会 2020-12-06 12月06日-02号

また、現在の備蓄品は100人の3日分ということですが、もうその基準というものがここ多分10年ぐらいは変えていないのではないかなと思います。頻繁に災害が起こっておりますが、この基準は変わることがないのでしょうか。あるいは町独自として備品を用意するお気持ちはないのでしょうか。 ○議長伊藤雅章君) 生活環境課長。 ◎生活環境課長鈴木敏郎君) お答えいたします。 

大船渡市議会 2020-12-06 12月06日-01号

第3条は、職員給料は職種の区分に応じて一般職給料表を準用し、職務内容並びに複雑、困難及び責任の度に基づいて職務の級に分類するとともに、職務の級の分類の基準となるべき職務内容を別表のとおりとすることを定めるものでございます。  第4条は、職員職務の級及び号級は、別に定める基準に従い任命権者が決定することを定めるものでございます。  

大船渡市議会 2020-09-26 09月26日-05号

年度大船渡国民健康保険特別会計診療施設勘定歳入歳出決算の             認定について日程第11  議案第21号  平成30年度大船渡水道事業会計処分利益剰余金処分について日程第12  認定第11号  平成30年度大船渡水道事業会計決算認定について日程第13  議案第1号  大船渡森林環境譲与税基金条例について日程第14  議案第2号  大船渡放課後児童健全育成事業設備及び運営に関する基準

大船渡市議会 2020-09-13 09月13日-04号

(1)、その対象条件として、住民税非課税世帯とありますが、当市非課税世帯基準日本年金機構との連携方法、これをお伺いいたします。  (2)、市内の対象者は、個人名で恐らく掌握されると思いますが、その対象人数と、大切な年金なので、個々人の手続に漏れがないようにするため、市民サービスをどのように実施されるのかお伺いをいたします。  大きい2番、期日前投票の簡素化について。

金ケ崎町議会 2020-09-10 09月10日-04号

そういう意欲的な地区2名を選出したということなのですが、差し支えなければ、どこの地区なのか教えていただきたいし、その基準というのは何だったのか。あるいは、ほかにも多く公募すれば、防災士の資格を取りたいという人たちもいるのではないかと思うのですが、その辺についてお伺いいたします。 ○議長伊藤雅章君) 保健福祉センター事務長

大船渡市議会 2020-09-06 09月06日-01号

これは赤字がないということでございまして、早期健全化基準財政再生基準というものがございますが、当市の場合は該当しないというものでございます。  次に、②の連結実質赤字比率でございます。これは、普通会計のほか特別会計等も含む全会計についての比率でございます。これにつきましてもそれぞれ基準がございますけれども、当市の場合は赤字がないということで、これも該当なしということでございます。