670件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

滝沢市議会 2021-06-22 06月22日-一般質問-03号

もともとこの法律は立法事実、すなわち法律をつくる必要性がなく、米軍基地や自衛隊の基地、原子力発電所などの周囲1キロメートル以内の土地の売買を規制するという建前で提出されていますが、1キロメートル以内に住居する住民に対して、日頃の日常活動思想信条に対しての情報入手活動ができるような内容になっております。本市で言えば、後や一本木地区の市民が調査の対象になってくるのです。

宮古市議会 2021-03-05 03月05日-04号

食料基地である北海道であったり、県内もそうですけれども、その本州向け本州というか、関東、関西向けの荷物がどういう動きをして、それが宮古港で一時保管であったり、その値段がいいときに出せる保管庫みたいな、そういったようないろいろな考え方といいますか、あらゆる視点でちょっとやっていかないと、確かにこのままいくと厳しいものがあるという危機感を持って臨みたいというふうに思います。

宮古市議会 2021-02-15 02月15日-01号

議案は、平成28年3月16日に議会議決を経た宮古岩手路界中継基地指定管理の期間を令和4年3月31日に1年間延長することについて、地方自治法第244条の2第6項の規定により、議会議決を求めるものでございます。 以上が本議案内容でございますが、議案の朗読は省略させていただきます。 令和3年2月15日提出、宮古市長山本正徳。 理由。

宮古市議会 2020-12-15 12月15日-04号

初めに、携帯電話不感地域の解消に向けた基地局の整備計画についてのご質問にお答えをいたします。 携帯電話整備計画につきましては、宮古総合計画実施計画におきまして令和3年度が長沢八組、令和4年度が長沢七組、令和5年度が大仁田の整備計画をいたしております。市内不感地域につきましては、調査結果を岩手県に報告しており、その情報を基に携帯事業者の参画を得た地域から整備が行われております。

大船渡市議会 2020-12-14 12月14日-03号

2点お聞きしたいと思いますけれども、1つ環境未来都市としてエネルギーの供給基地環境に関する事業に取り組んで、もっと発信してほしいなというふうに思います。今未来かなえネットであるとか、五葉山の太陽光発電はやりましたけれども、環境未来都市というものを標榜するに関しては、まだ事業が少ないのではないかなというふうに感じられるところがあります。  

金ケ崎町議会 2020-12-10 12月10日-05号

こちらにつきましては、事業主体NTT東日本にお願いすることになってございますが、NTT東日本のほうに詳細の事業費を積算していただいたところ、当初は公設民営方式での積算だったということから、通信基地局から各家庭までの光ファイバー整備に係る整備費ということで見込んでいたものですが、今回民設民営方式ということにしたものですから、改めて積算し直した結果、現在整備済み光ファイバーからの延長分のみの整備費となったということから

宮古市議会 2020-09-09 09月09日-01号

これは、災害査定時に予定していたミキサー船基地港に帰港したため手配ができなくなったことが判明したためでございます。 なお、今回の変更内容については、去る7月13日に行われた再調査において、水産庁及び東北財務局と協議をし、災害復旧事業の中で認められたものでございます。 次に、変更の内訳につきましてご説明いたします。 

一関市議会 2020-09-04 第78回定例会 令和 2年 9月(第3号 9月 4日)

それから、通信基地局に同時に接続できる端末の数が大幅にふえまして、スマートフォンやパソコンを初め、私どもの身の回りにあるあらゆる機器がインターネットに接続できるようになる多数同時接続といった性能を有しております。  社会全体に与えるインパクトは極めて大きいものがあると思います。  通信事業者による5Gサービスの提供が3月から開始されて、今後の全国的な展開が期待されているところでございます。  

一関市議会 2020-06-26 第76回定例会 令和 2年 6月(第5号 6月26日)

肥育導入への支援につきましては、まず1つ、県のほうで今回、肥育経営生産基地強化緊急支援事業ということで1頭当たり1万円上限の支援を4月の補正で出してございます。  市では既存の事業としまして、肥育素牛地域内保留対策事業ということで1頭当たり5万円の補助を当初の予算で計上してございます。  

釜石市議会 2020-06-23 06月23日-02号

今の防災の広域連携というのは、これは必要なことでございますし、実際何かあれば、必ず連携とか、自治体同士連携はなくても、具体的な一つ一つ作業の中で、もう既に連携されているところでございますし、県においては、先ほど危機管理監がおっしゃったとおり、特に津波の場合は、後方支援基地として遠野市が大きな役割を果たしているということでございまして、あえて広域連携の協定とか結ばなくても、必要な事項については、

一関市議会 2020-06-22 第76回定例会 令和 2年 6月(第4号 6月22日)

当市においては、照井土地改良区が設置をいたしましたGPS基地局を利用したトラクターや田植機による作業軽減の取り組みのほか、農薬散布用ドローン導入による作業効率化に取り組んでいる法人も出てきているところであります。  また、昨年の11月には、一関地方農林業振興大会において、スマート農業が切り開く新たな農業と題しまして記念講演を開催して、国内取組状況を紹介したところでもあります。  

花巻市議会 2020-06-16 06月16日-03号

次に、2点目のスマート農業についての1つ目、現状及び課題についてのお尋ねでありますが、花巻市では平成28年度にRTKGPS地上基地局を計4基設置しました。市が整備したGPS地上基地局は、市内12経営体経営面積955ヘクタールに利用されており、うち11経営体が、国や市の事業を活用してスマート農業機器導入しております。 

陸前高田市議会 2020-06-16 06月16日-02号

暮らしの安全、安心という観点において、生命の維持に不可欠な食料に着目すると、都市がフローであれば、過疎地域農山漁村はストックに当たり、かつ食料生産基地として大きな役割を果たしています。このことは、農林水産省が公開している都道府県別食料自給率が明確に示しています。  食料自給率平成28年の確定値全国数値で見れば、カロリーベースでは38%、生産額ベースでは66%。

花巻市議会 2020-06-15 06月15日-02号

ややもすると、東北がその電力の供給基地になって首都圏を支えているようなことがありますけれども、一方的に地方だけが支えるということはいかがなものかということで、我々としては花巻市の環境を守りながら進めていただきたいと考えているところでありまして、その観点からは条例の制定、時間かかっておりますけれども、検討作業を進めているところであります。 

花巻市議会 2020-03-04 03月04日-03号

近年、農業現場における労働力不足の進行という課題の新たな解決策として、スマート農業機器導入による農作業省力化軽減化が注目されており、本市においては、平成28年度、平成29年度に市独自でRTK-GPS地上基地局を計4基設置し、ほかの地域に先駆けてスマート農業機器導入しやすい環境整備を行っております。

一関市議会 2020-02-26 第73回定例会 令和 2年 3月(第4号 2月26日)

具体的には、肉用牛については、繁殖農家が生産する優良素牛供給基地としての機能を維持していくため、また肥育農家が生産するブランド牛肉、いわて南牛の生産支援として優良な素牛導入自家保留助成を行っているところでございます。  乳用牛については、改良による乳量乳質改善を目的として、素牛導入助成のほか、優良受精卵購入助成などを実施しているところであります。  

奥州市議会 2020-02-21 02月21日-05号

最後になろうかと思いますが、市長がひとつ決意を持ってということ、これは最後にお聞きしますが、それぞれの先ほど触れました一関、今まであまり沿岸部ではこういうコメントございませんでしたが、大船渡市、ここは港湾になりますから、本当に実現すれば部品の供給、運搬基地になるということで、非常に岩手県を挙げて、それから宮城県も県北は非常に力を入れているということであります。 

滝沢市議会 2020-02-06 02月06日-一般質問-02号

国内においても基地局の設置都市部から、地方からという区分けではなく、5Gが必要とされている場所からエリア展開していくという大手キャリアの方針もあります。スマートフォンなどの通信に限らず、大きな可能性を秘めている国家的な事業になると思います。よって、滝沢市における基地局設置の見込みの時期がいつ頃になりそうなのかお伺いいたします。