30件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

一関市議会 2018-12-07 第68回定例会 平成30年12月(第3号12月 7日)

近年、地球温暖影響と見られるゲリラ豪雨、度重なる台風本土上陸、線状降水帯による大雨の甚大災害など、全国的に被害が起きております。  人類は自然に逆らうことはできませんが、災害を未然に防ぐ対策、手だてをとることはできます。  河川の本流はもとより、特にも支流区域の河川機能が整っていないと、一たび大雨が降ると土砂堆積による氾濫、流出等が発生しやすい状況をつくり出します。  

一関市議会 2018-09-03 第67回定例会 平成30年 9月(第4号 9月 3日)

などなど、地球温暖影響が大きいと見られる猛烈な雨が日本全国に降り、土砂災害が深刻化する傾向にあると報道されています。  国士舘大学の山崎登教授は先日のテレビ番組の中で、土砂災害の特徴と対策について、次のように解説されております。  最近の土砂災害の特徴として、3つ挙げられる。  1つ目は、土砂災害は、一たび巻き込まれたら助かることが難しい災害である。  

一関市議会 2018-02-22 第65回定例会 平成30年 3月(第3号 2月22日)

平成27年に樹木の剪定を春に実施したのだそうですが、地球温暖影響もあるのか、夏のころにはたちまち枝が伸びて、飛ぶのに支障を来している状態になっています。  離陸場近くの木が高く茂ると障害になり、風が安定しないため、離陸に支障を来すことや、安全の確保が保持されないことばかりではなく、頂上からの眺望も樹木に遮られ、変化を遂げていると聞いています。  室根山は、県立自然公園に指定されています。  

宮古市議会 2017-12-15 平成29年 12月 定例会-12月15日−02号

最後に、地球温暖影響について伺います。なお、海洋については18日、橋本議員質問しますので、私は主に陸地について質問させていただきます。  私は市議会議員になる前から、県の地球温暖化防止対策推進委員として、さまざまな温暖化防止の啓発活動を行ってきました。そのころから、現在の水害等の気候変動は予想されていました。

大船渡市議会 2017-12-15 平成29年  第4回 定例会-12月15日−市政に対する一般質問−04号

三陸地域で漁獲されるアワビは、大型海藻類の昆布やワカメ、スジメなどを主な餌としていますが、近年三陸沿岸の海域では地球温暖影響による海洋環境の変化や競合生物であるウニの大量発生などにより、これらの大型海藻が消滅し、岩盤がむき出しになる、いわゆる磯焼け状態の海底がふえてきており、各地で問題視されております。   

紫波町議会 2017-09-15 平成29年  9月 予算決算常任委員会(9月会議)(2)-09月15日−01号

将来地球温暖影響を受ける可能性がある小学生、こちらおおむね4年生から6年生を対象としておりますが、家庭でできる身近な省エネルギーの取り組みとしまして、地球温暖化防止に対する意識を高めようとするものでございます。参加する小学生を地球温暖化を防ごう隊員として任命いたしまして、各家庭において地球温暖化対策を任務として遂行してもらうという設定でございます。

大船渡市議会 2017-09-07 平成29年  第3回 定例会-09月07日−市政に対する一般質問−03号

地球温暖影響とされるさまざまな現象に直面しています。今後石油石炭などの化石燃料原子力に依存していくことは、環境の面からも許されなくなってきます。また、遠くの大規模発電所からの受電に依存する都市は、災害時のもろさをさきの大震災が示しました。  原発事故使用済み核燃料の膨大な処理費が転嫁され、今後は高い電力料金も負わされることになりそうです。

花巻市議会 2016-12-07 花巻市議会 会議録 平成28年 12月 定例会(第4回)-12月07日−04号

河川改修事業の進展などにより、豪雨や台風などによる災害防止対策は飛躍的に進んでおりますが、その一方で、地球温暖影響と見られる想定外の災害も多発しています。ことし8月、台風10号の直撃を受けた岩泉町の例が、風水害の恐ろしさを改めて教えてくれました。そこで、この見直しについてどのような検討がなされてきたのか、人命を預かる病院の立地という観点から見解をお尋ねいたします。  

一関市議会 2016-02-29 第56回定例会 平成28年 3月(第4号 2月29日)

○副市長(長田仁君) 昨年9月の関東東北豪雨で降ったような雨が北上川の流域で降った場合にどうなるのかということなのですけれども、なかなかその流域の中でどの地点でどれくらいの雨が降るかとか、そういった条件にもよりますし、詳細なシミュレーション等はやっておりませんので、実際にどうなるかというようなところまではなかなか申し上げにくいのですけれども、一般論として申し上げますと、近年、地球温暖影響などで

花巻市議会 2015-09-07 花巻市議会 会議録 平成27年  9月 定例会(第3回)-09月07日−02号

近年は地震に加え地球温暖影響による台風の大型化、局地的な集中豪雨の多発が顕著となっており、その被害が年々激甚化しております。地域防災計画の中で年1回の防災訓練が規定されており、ことしは市と地域が合同で土砂災害河川洪水を想定した避難訓練を市内4地域ごとに実施することを計画し、既に6月30日に大迫地域で、7月20日に東和地域でそれぞれ実施したと伺っております。  

紫波町議会 2014-09-08 平成26年  9月 定例会(9月会議)-09月08日−02号

地球温暖影響を受けて、スーパー台風や従来の予想をはるかに超える豪雨が考えられるとき、我が町紫波町の住民の生命財産を守るために、町当局におかれましては日々努力をされているところであります。もちろん我が議会においても積極的に支援を申し上げたいと考えますが、このたびの広島市災害を教訓にして、災害対策の施策推進をさらに積極的に進められるようお願いいたすところであります。  

花巻市議会 2012-09-25 花巻市議会 会議録 平成24年  9月 決算特別委員会-09月25日−03号

◆(櫻井肇君) 地球温暖影響と申しましょうか、非常に見るに忍びない思いでこの被害木を見たりしているわけですが、最後にお聞きしますが、ただいま御答弁ありました平成23年度で終了する補助もあるというお話でございましたが、このことによって大きな影響はあるのでしょうか。 ○委員長(鎌田幸也君) 佐々木農林水産部長

釜石市議会 2011-03-09 平成23年  3月 定例会(第2号)-03月09日−03号

次に、減クルマチャレンジウイークについての御質問ですが、18世紀後半の産業革命以降、二酸化炭素などの温室効果ガスの排出量が増大し、これに起因する異常気象による大干ばつ、大洪水などが世界各地で頻発し、いわゆる地球温暖影響が顕著となってきている中で、国においては、地球温暖化対策推進法の制定やエネルギー使用の合理化に関する法律の改正などを行い、温室効果ガスを2020年までに1990年と比較して25%

大船渡市議会 2009-12-11 平成21年  第4回 定例会-12月11日−市政に対する一般質問−03号

次に、(3)の海抜ゼロメートルに近い地域対策についてでありますが、海面上昇の原因は地球温暖影響で北極や南極の氷床、氷の床と書きます、南極の氷床融解が予想を超えるペースで進んでいるためで、約20年前から右肩上がりでふえ続ける温室効果ガスの排出に歯どめをかけるため、国際交渉が重ねられてきているところであります。

北上市議会 2008-09-10 平成20年  9月 定例会(第148回)-09月10日−03号

地球温暖影響もあるのではないかと言われておりますが、またIPCC第4次報告書の中でも大雨の頻度はほとんど陸域において増加しておる、そのような報告がなされております。今後も引き続き増加する可能性が高いと指摘されております。このたびも中部地方で1時間に130ミリのゲリラ豪雨が発生し、大きな被害をもたらしております。

釜石市議会 2008-06-17 平成20年  6月 定例会(第5号)-06月17日−02号

このたび、平成20年度版の防災白書がまとまり、日本列島地震の活動期に入っている上に、地球温暖影響と考えられる台風の強大化など、風水害の猛威も増しつつあります。私たちは今後、災害に対する関心をさらに高め、それを実際の防災行動につなげていく必要があります。  白書は、防災の自助・共助・公助の三助の促進を重視しております。

雫石町議会 2007-09-04 平成19年  9月 定例会(第5回)-09月04日−議案説明−01号

環境問題が議論され始めてから久しいわけでございますけれども、海水温の上昇、またそれに伴う台風やハリケーンの異常発達集中豪雨など、地球温暖影響がうかがえる異常気象が世界じゅうのどこかで起こっている現状を見ますと、環境破壊は我々が考えている以上に深刻な状況にあるのではないかと憂慮いたしているところでございます。   さて、8月はよしゃれ月間と銘打っていろんなイベントを展開してまいりました。

  • 1
  • 2