569件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

一関市議会 2019-03-15 第69回定例会 平成31年 3月(第5号 3月15日)

また、動かなければ真の地方はないからだと私は思うところであります。  今回の請願の政府に対する意見書は4項目、その一番に挙げているのは、できるだけ早期に800円を確保し、2020年までに全国平均1,000円を目指すという政府の約束を早期に達成することであります。  

二戸市議会 2019-03-14 03月14日-委員長報告・質疑・討論・採決-07号

地域経済牽引事業計画を知事承認を得た地域の企業に対しまして、地方推進交付金を活用して補助をするものでありますが、30年度に引き続き同じ企業に対しまして31年度も1億円の補助、それによりましてこの事業上限額ぎりぎりの2億円を補助するものであります。7億7,900万円の市の商工予算からすれば、身の丈を超えた大変な補助となります。

二戸市議会 2019-02-20 02月20日-議案説明-01号

本市においては、旧二戸市と旧浄法寺町との合併により新二戸市が誕生するとともに、東北新幹線二戸駅の開業や八戸自動車道の開通など基盤整備が進んだ時代となる一方で、人口減少と少子高齢化は他の地域よりも急速に進行しており、後継者不足に伴う空き店舗や耕作放棄地の増加あるいは学校の統合や公共交通の縮小、税収減など多くの課題が顕在化する中、今まさに地方の取り組みに全力を注いでおります。 

一関市議会 2018-12-14 第68回定例会 平成30年12月(第5号12月14日)

国際的な専門委員会の検討の結果、日本の北上高地が建設候補地として最適であるとの決定を見ており、これが実現されれば、当市のみならず、東日本大震災を乗り越えて新しい地方が推進されることにもつながる。  このことは、科学技術創造立国として日本の将来の発展につながる絶好の機会である。  

釜石市議会 2018-09-18 平成30年  9月 決算特別委員会-09月18日−02号

⑤財源を見ると、国からのお金、地方推進交付金が950万円ほど入っているようだが、4つの事業のうち、どの事業に充当されているのか。 ◎菊池財政課長 ①公会計は国の指導に基づき、平成29年度までに通常単式簿記になっている一般会計を複式簿記のような会計で見て、それをきちんと示せとなって、貸借対照表、行政コストの計算、純資産の変動、資金収支の計算、この4点で公会計をつくっている。

滝沢市議会 2018-09-14 平成30年  9月 予算決算常任委員会-09月14日−決算審査−01号

◆委員(齋藤明君) 同じ22ページの15款2項1目1節でございますが、地方推進交付金、前年度に対比しまして約300万円ほどふえているというふうな状況になっておりますが、これについては予算組みの関係、30年度もあるかと思いますが、そういった面でどういう状況になっているかお伺いします。 ○委員長(遠藤秀鬼君) 木下企画政策課長。

北上市議会 2018-09-13 平成30年度  9月 通常会議(第236回)-09月13日−04号

国の地方の取り組みが進む中、行政、民間による地場産業の振興、移住者の受け入れ、サポート、県外からの受け入れ等さまざまな取り組みにより、移住者の増加を実現している市町村があらわれてきています。2年前、総務常任委員会の視察で行きました千葉県流山市のように定住人口の増加につなげることを目標とし、住民誘致のターゲットを共働きの子育て世代に置いた「母になるなら、流山市。」

釜石市議会 2018-09-12 平成30年  9月 定例会(第3号)-09月12日−03号

こうした状況下において、当市では、国のまち・ひと・しごと創生の動きを踏まえ、2016年3月に釜石市人口ビジョンと釜石市総合戦略を策定し、さまざまな地方事業に取り組むこととし、本年5月には、各施策の進捗状況や社会情勢の変化、国連の定める持続可能な開発目標、SDGsの視点を盛り込む形での総合戦略の改訂を行ったところであります。  

花巻市議会 2018-09-12 花巻市議会 会議録 平成30年  9月 決算特別委員会-09月12日−02号

本市の平成29年度予算は、花巻市まちづくり総合計画に掲げた人口減少対策など、4つの重点戦略を念頭に各種施策の事業化に努め編成するとともに、国の平成28年度補正予算に対応し、地方拠点整備交付金を活用した賃貸工場整備事業や、学校施設環境改善交付金を活用した小中学校施設の耐震化や改築事業など、平成28年度の12月及び3月補正に計上し、平成29年度予算と一体で事業の実施に努めました。

釜石市議会 2018-09-11 平成30年  9月 定例会(第3号)-09月11日−02号

釜石調査班では、総合地域調査のほかにも、復興と地方、震災前後における当市の港湾政策や都市計画などに関して月例で研究会を開催し、調査に必要な情報の収集、整理を行っております。  また、「保守主義と政治の危機」や「未来の自然災害に備えて」など、さまざまなテーマを設定して、危機対応について市民と一緒に考えるトークイベントや公開ワークショップも、これまで6回開催をしているところであります。  

花巻市議会 2018-09-05 花巻市議会 会議録 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月05日−04号

国においては、中長期を見通した持続可能なまちづくりのため、地方に資する、地方自治体による持続可能な開発目標の達成に向けた取り組みを推進していくことが重要であるとし、平成30年6月15日、公募の結果、自治体によるSDGsの達成に向けたすぐれた取り組みを提案する29都市をSDGs未来都市として選定しております。

花巻市議会 2018-09-04 花巻市議会 会議録 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月04日−03号

国が幾ら地方と語ったとしても、実態はそうではなく、いわゆる後継者がいない、売り上げが減少しているとか、さまざまな中小業者をめぐる状況が大変厳しいのです。それにどう対応するかということで、この小規模企業振興基本法が制定されたのだと私はそこに行き着きました。  

一関市議会 2018-09-03 第67回定例会 平成30年 9月(第4号 9月 3日)

今の答弁の内容を見ますと、当市の総合戦略は地方交付金を頂戴するための施策が中心で、なかなか人口減少をどうするかという部分については弱いのではないかという印象を受けております。  そこで、施策の推進、改善に当たっては、内閣府が置いている地方コンシェルジュ制度というのがあるのですけれども、そうした地方コンシェルジュ制度の活用した事例があるのかどうかお伺いします。

一関市議会 2018-08-31 第67回定例会 平成30年 9月(第3号 8月31日)

政府は、東京オリンピックの年には4,000万人の外国人旅行者数、外国人旅行消費額8兆円、地方での延べ宿泊者数7,000万人泊を目指すという数字を挙げ、地方の切り札、成長戦略の柱という考えで観光戦略を推進しています。  また、その目標達成に向け、国立公園の整備や魅力発信などに取り組む考えを示しています。  

一関市議会 2018-08-30 第67回定例会 平成30年 9月(第2号 8月30日)

地方の主役は担い手であります、つまり人であります。  人づくりを中心に据えた取り組みが非常に重要でありますが、創生総合戦略の事業は多彩で多岐にわたります。  それを実行するのは全て人でありますが、先ほど佐々木部長の答弁ではございませんが、人材、人ですね、この戦略の目標を達成させるために、人づくりに一関市としてはどのような取り組みを行っているのかお伺いいたします。

一関市議会 2018-06-22 第66回定例会 平成30年 6月(第5号 6月22日)

次に、施設運営の評価については、施設整備の財源とした国の地方拠点整備交付金に関する施設整備計画におきましても、小学校の総合学習等教育面での利活用件数、渋民市民センター及び民俗資料館の利用者数、これらを指標として設定したところであり、この指標を目標としたサービスの提供を行ってまいりたいと考えております。