5件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

宮古市議会 2020-09-24 09月24日-04号

今、市長さんには、地域バス運行するに当たってのそれぞれ地域弱者等々にも配慮をし、役割が重要だと、だから、公共交通の今後の重要性は認識しているんだと、こういうご答弁をいただいてございますが、私、先ほど登壇して言いました1点、まず、この公共交通地域バスに、今後地域コミュニティバスを一体としてこの地域運行するんだということでございますが、このことについて、若干私、コミュニティバス運行は、今回そもそも

一関市議会 2018-08-30 第67回定例会 平成30年 9月(第2号 8月30日)

もう一つですが、今後の交通体系というか地域公共交通仕組みの中で、今、バスが普通に走っていますけれども、市民センター、あるいは各支所を中心とした地域コミュニティバス運行しながら、その拠点を設けて、拠点拠点中心市街地の幹線を使って走らせるという、そういった中心市街地コミュニティバス運行の形態の仕組みづくりが今、私としては望まれると思うのです。  

奥州市議会 2018-06-07 06月07日-02号

6ページ、左側の下から4分の1のところにあります持続可能な地域公共交通ネットワークの実現に向け、第3次バス交通計画が策定、着手とありますが、第3次バス交通計画方向性とか骨格とか、その中に地域コミュニティバスとかという部分も入るのではないかなと思うのですが、どういう位置づけになるのかということをお聞きします。 ○議長(小野寺隆夫君) 小沢市長

陸前高田市議会 2017-03-14 03月14日-06号

②、多くの人々が高台に住まわれるようになり、高齢化社会が進み、運転免許の取り消し、停止がふえ、交通弱者の足の確保のために高台から病院、市役所、高台とつながる地域コミュニティバス運行のために、ハブ基地として広い場所が必要と思われます。  ③、地球上には、ここは絶対安全な場所などない。災害は、いつどこで起きるかわからないのです。

滝沢市議会 2006-09-26 09月26日-委員長報告・質疑・討論・採決-05号

都市政策担当部長菊池文孝君) 今回の補正におきます148万3,000円の補正予算でございますが、地域コミュニティバス運行実証実験委託料ということで、運行開始時期が変更とありまして、必要額を今回補正するものでありますので、そのバス予算でございます。 それから、巣子駅線のその後の状況でございますけれども、1件、地権者の方が今交渉している最中でございます。

  • 1