41件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

滝沢市議会 2019-02-27 02月27日-議案説明・質疑・討論・採決-01号

この案件は、働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律施行に伴い、国家公務員においても時間外勤務時間の上限等を人事院規則で定めることになったことから、国との勤務条件等の均衡原則に基づき、市でも時間外勤務時間の上限等について条例で規定し、その他所要の規定の整備をするため滝沢市職員勤務時間休日及び休暇に関する条例の一部を改正するものであります。 

一関市議会 2019-02-19 第69回定例会 平成31年 3月(第1号 2月19日)

規則で定める上限時間などの内容につきましては、労働基準法の改正、国家公務員人事院規則の改正などの内容を踏まえ、時間外勤務の上限時間を原則として1カ月につき45時間、1年につき360時間とし、法令協議や予算折衝などの業務を行う部署に勤務する職員については、1カ月につき100時間未満、1年につき720時間の範囲内とする改正を予定しているところであります。  

一関市議会 2016-12-16 第59回定例会 平成28年12月(第5号12月16日)

総務部長(佐藤善仁君) このたびの改正については、民間における労働法制でありますとか、あとは国家公務員の服務の関係、そして、それにあわせて地方公務員についても法改正がございました。  この法改正でございますが、地方公務員育児休業等に関する法律などについては、12月2日に公布をされてございました。  

雫石町議会 2015-03-20 03月20日-委員長報告・討論・採決-07号

この平均2%削減することによって、当町の職員給与国家公務員給与と比べた場合のラスパイレス指数というは幾らになるのでしょうか。 ○議長(石亀貢君) 総務課長。 ◎総務課長(米澤稔彦君) お答えいたします。  ラスパイレス指数につきましては、この減じられた額についてのラスパイレス指数はまだ算定されておりません。  参考までに、平成26年4月1日現在では本町は93.6となっております。

一関市議会 2015-02-17 第51回定例会 平成27年 3月(第1号 2月17日)

次に、(2)の初任給調整手当の引き上げについては、国家公務員の改定に準じて、医師及び歯科医師に対する支給月額の限度額を引き上げるものであります。  次に、(3)の通勤手当上限額の引き上げについては、岩手県職員の改定に準じて、交通用具利用者の通勤手当上限額を引き上げるものであります。  

滝沢市議会 2014-03-24 03月24日-委員長報告・質疑・討論・採決-04号

それから、県外へ人事交流等により勤務することとなった職員に対して国家公務員に準拠して地域手当を支給すると。要するに、大都市に行った場合の加算がありますので、市になりましてから国等の機関からそういった要請も出てきておりますので、そういった給料体系にも備えておくというところでございます。 

滝沢市議会 2014-03-05 03月05日-議案説明・質疑・討論・採決・一般質問-02号

改正内容といたしましては、55歳を超える職員の勤務成績が良好である場合は国家公務員に準拠して昇給しないこととすること、岩手県外へ人事交流等により勤務することとなった職員に対して国家公務員に準拠して地域手当を支給すること、任期付職員の初任給決定の特例に関すること、市長会への加入等に伴う給与控除項目の追加、整理に関すること、職務、職責の整理等を目的とした給料表の見直しに関することについて所要の整備を行い

一関市議会 2013-08-19 第44回定例会 平成25年 9月(第1号 8月19日)

3款1項3目、老人福祉費の一関地区広域行政組合分担金及び、少し飛びますが20ページの4款2項1目、清掃総務費の一関地区広域行政組合分担金につきましては、国家公務員給与が臨時特例措置により引き下げられている影響で広域行政組合一般職職員給与水準が国を上回ったことから、広域行政組合一般職職員の給料の特例による減額等に伴う分担金の減額であります。  

一関市議会 2013-06-21 第43回定例会 平成25年 6月(第5号 6月21日)

本案は、国家公務員給与の改定及び臨時特例に関する法律に基づく国家公務員給与の減額支給措置を踏まえ、市長及び副市長、教育長一般職職員、並びに病院事業管理者の給料について減額支給の措置を講じようとするものであります。  なお、企画振興部長から補足説明させます。  次に、議案第80号、平成25年度一関市一般会計補正予算(第3号)について提案理由を申し上げます。  

滝沢市議会 2013-06-21 06月21日-委員長報告・質疑・討論・採決-05号

◆5番(川原清君) ラスパイレス指数が105.3というふうにお聞きしたのですけれども、国家公務員地方公務員を比較すること自体無理があるのです。なぜかというと、国家公務員の場合は、地方公務員にない職種なんかが結構あるのです。ですから、同列で比較するということは、私はナンセンスであるし、暴論であると思っています。それで、滝沢村にはないのですけれども、例えば焼き場で人を焼く職員がいるわけです。

二戸市議会 2013-03-04 03月04日-市長演述並びに教育施政方針説明に対する質問-04号

また、地方公務員給与費の臨時特例といたしまして、平成25年7月から国家公務員と同様の給与削減を実施することを前提といたしまして、地方公務員給与費を削減することとしております。防災減災事業、地域の活性化等の緊急課題へ対応するため、給与削減額に見合った事業費を支出に特別枠を設定し、計上することとしております。 次に、東日本大震災分であります。

一関市議会 2010-11-30 第30回定例会 平成22年12月(第1号11月30日)

議案第94号は、人事院が勧告した国家公務員給与改定に準じて給料表の改定を行うとともに、期末手当及び勤勉手当の支給割合を引き下げるため所要の改正をしようとするものであり、議案第95号は、市長及び副市長の期末手当の支給割合を、年間で3.1カ月から2.95カ月に0.15月分の引き下げを行おうとするものであります。  なお、企画振興部長から補足説明させます。  

一関市議会 2010-09-06 第29回定例会 平成22年 9月(第4号 9月 6日)

これに基づくものでございますけれども、国家公務員にありましては、非常勤職員に対しても通勤手当に相当する額を支給するよう人事院の指針が出されておりますことから、県内他市の状況を見ながら今後検討してまいりたいと思っております。  それから正規職員の関係でございますけれども、いずれクラス担任は原則正規職員ということにさせていただいております。  

一関市議会 2010-06-21 第28回定例会 平成22年 6月(第4号 6月21日)

国家公務員にありましては、再就職後、出身省庁に対して、いわゆる口利きをすることに対し法規制が設けられております。  地方公務員にありましては、そのような規制は現在ございませんが、再就職に関しては市民の皆様から疑惑を持たれないよう、適正に対処していくべき問題であるという認識を持っております。