3058件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

一関市議会 2019-06-28 第70回定例会 令和元年 6月(第5号 6月28日)

従前の経営体育成支援事業であれば、経営規模の拡大なり、付加価値といいますか、収入の拡大なりをすればいいというような中身でございましたが、今回の国の補正による事業については、付加価値額、付加価値額というのは収入額から、人件費を除いた経費で、これを10%以上あげるのがまず必須の条件と、こういうようなことでございました。  

一関市議会 2019-06-24 第70回定例会 令和元年 6月(第4号 6月24日)

タクシー利用もありますが、収入年金のみの高齢者にとっては負担も大きいことから、運転免許証を持ち続けたいとの思いは理解ができます。  政府も自動ブレーキ搭載に補助をする、免許証返納者に対しても支援を検討するとしております。  当市においても早急に対応を検討すべきと思いますが、検討状況があればお伺いをいたします。  

一関市議会 2019-06-21 第70回定例会 令和元年 6月(第3号 6月21日)

市のたばこ税への影響についてでございますが、これについても具体的な予測あるいは分析というものは難しいと捉えているところでございますが、全国的に製造たばこの売り上げ本数が減少傾向にあることや、これまでの市たばこ税収入額の傾向などから見ますと、市たばこ税の収入健康増進法改正の施行にかかわらず、今後も減少していくものと捉えているところであります。  

一関市議会 2019-06-18 第70回定例会 令和元年 6月(第1号 6月18日)

特に最近、均等割については収入もない子供に対して一般と同じように課しているということが社会問題になってきています。  いろいろな世論も出てきて、自治体によっては子供の均等割は免除というところもあるが、そこまではいかなくても、この部分にシフトするという形もとれないことはないと思うのですけれども、できない理由というのはあるのかお伺いします。 ○議長(槻山隆君) 黒川市民環境部長。

二戸市議会 2019-06-03 06月03日-議案説明-01号

20款諸収入、2,052万1,000円、貸付金元利収入、雑入です。 21款市債、410万円です。 歳入合計、補正前の額171億4,349万5,000円、補正額2,383万円、計171億6,732万5,000円です。 3ページをお願いいたします。歳出です。1款議会費、156万1,000円です。 2款総務費、4,401万円、総務管理費、徴税費、戸籍住民基本台帳費、選挙費、監査委員費です。 

一関市議会 2019-06-01 令和元年第70回定例会 令和元年 6月 質問通告書

地元業者がかかわり経済効果が大きかった   しかも、地域循環型の経済効果も期待できた   まさに、市長が目指して取り組むべき施策と認識している  ことから既存事業の拡充策について伺う 3 運転免許証返納者を含めた高齢者への支援策について   高齢者ドライバーによる重大な事故が大きな社会問題と  なっている   特に収入

二戸市議会 2019-03-14 03月14日-委員長報告・質疑・討論・採決-07号

固定資産税については、当初の見込みと実際の建築件数、家屋の価格、課税標準額の差は反映されているが、固定資産税収入見込みを算定する際に収入見込み率を掛けており、調定額掛ける収納見込み率を予算額としている。この率が低目であったことから、収入額がどのように推移するのかを見きわめながら最終の補正で対応している状況である。 

二戸市議会 2019-02-28 02月28日-議案質疑-05号

◆12番(畠中泰子)  市民税に関しましては、所得の伸びということでありますけれども、ただ29年度決算と比べますと、収入見込みを足してもなお29年度よりは全体、市民税での個人市民税の部分ではふえてはいないわけですけれども、市民税の関係では所得の伸びといいますが、市全体の市の所得状況といいますか、その景気動向等を踏まえて、今の言葉どおり収入の伸びという部分でどういうふうに理解すればいいのか、お尋ねしたいと

一関市議会 2019-02-25 第69回定例会 平成31年 3月(第4号 2月25日)

また、就学援助については、毎年度申請手続を行っていただき、直近の世帯収入等を審査した上で認定、不認定の判定を行っているため、次の年度以降の認定が事前に確定しているものではないということから、修学旅行を実施する前の年度に翌年度の認定を見越して支給することは難しい制度となっております。  

一関市議会 2019-02-21 第69回定例会 平成31年 3月(第2号 2月21日)

次に、空き家の利活用策についてでございますが、平成31年度においても引き続き一関市空家等対策計画に掲げる空き家バンクに取り組んでまいりますが、現在、空き家バンクに登録されている物件は、売買価格、賃貸価格が低いものが多く、契約時に仲介を請け負っていただく協力事業者の手間や時間に見合った手数料収入が期待できないという状況にございます。  

一関市議会 2018-12-14 第68回定例会 平成30年12月(第5号12月14日)

なお、剰余金についてでございますけれども、指定管理料から市民センターの管理運営に要する経費を支出した後の残金につきましては、地域協働体の事業収入として会計処理をされておりますので、法人税などの課税対象となるところであります。  既に市民センターの指定管理者となっている地域協働体についても課税されている状況にございます。  

一関市議会 2018-12-10 第68回定例会 平成30年12月(第4号12月10日)

また、収入未済額は、平成29年度決算では5億2,600万円ほどとされていますが、現状と収納率向上のための取り組みについて伺います。  質問の3つ目であります。  市で管理する施設の中に、使用されていない焼却炉があると考えますが、この焼却炉の現状と今後、解体処分をしていかなければならない焼却炉の処理について伺います。  

一関市議会 2018-12-07 第68回定例会 平成30年12月(第3号12月 7日)

そういった意味でも、畜産クラスターは、畜産農家を初め地域の関係事業所が連携、集結し、地域ぐるみで高収入型の畜産を実現するための最も重要な体制づくりだと考えております。  そこで、1点目は、当市における畜産業の状況について、畜産に係る販売金額とその内訳をお伺いいたします。  2点目としては、現在の畜産クラスター事業の取り組み内容についてもお伺いいたします。  

花巻市議会 2018-12-06 花巻市議会 会議録 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月06日−05号

16款財産収入、2項財産売払収入、1目不動産売払収入、3節立木売払1,916万8,000円は、分収林の売却による収益金であります。  17款1項寄附金、3目教育寄附金、1節教育振興150万円は、市内企業及び県外のある方から教育振興に活用願いたいとの申し出があり、採納したものであります。  

花巻市議会 2018-12-03 花巻市議会 会議録 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月03日−02号

国においては、経営所得安定対策の見直しの一環として、米の直接支払交付金は平成26年産から単価を10アール当たり7,500円に削減し、平成29年産米までの時限措置とされ、平成30年産からは米の直接支払交付金は廃止されましたが、交付金の廃止による昨年比の収入減は花巻市全体で4億5,000万円以上になるものと見込んでおります。