329件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

一関市議会 2019-12-13 第72回定例会 令和元年12月(第5号12月13日)

この閉校施設の指定管理の更新につきましては、閉校施設地域の福利厚生の活動拠点施設になっていること、指定管理者によるこれまでの管理、運営が良好であったこと、引き続き地域が管理し運営することにより、利便性及び地域コミュニティーの醸成が図られることなどの理由から、今後も指定管理を継続することが適切であるとしたところであります。  

一関市議会 2019-12-06 第72回定例会 令和元年12月(第3号12月 6日)

厚生労働省は、肺炎予防に有効な肺炎球菌ワクチンの接種率を高めるため、ことし3月末までの経過措置として70歳以上を対象にしてきた公費助成を5年間延長すると決めました。  国の人口動態統計によると、日本人死因の5位は肺炎で、死亡者の約98%が65歳以上の高齢者であります。  がんや脳血管疾患の患者が肺炎で亡くなるケースも多いとのことであります。  

一関市議会 2019-12-03 第72回定例会 令和元年12月(第1号12月 3日)

唐梅館キャンプ場につきましては、施設の老朽化などにより利用者の安全が確保されないことからこれを廃止し、また東口体育館につきましては柳町地内に設置されております企業の福利厚生施設であった体育館を市が取得し、現在、公共体育館として改修をしております東口体育館を令和2年4月から供用開始することに伴い、所要の改正をしようとするものであります。  議案をごらん願います。  1ページでございます。  

一関市議会 2019-12-01 令和元年第72回定例会 令和元年12月 質問通告書

について   タイムラインは、災害の発生を前提に、防災関係機関が連  携して災害時に発生する状況をあらかじめ共有した上で、  「いつ」、「誰が」、「何をするか」に着目して、防災行動とその  実施主体を時系列で整理した計画であるが、一関市での策  定状況について伺う 3 国民健康保険藤沢病院の統合・再編問題について   厚生労働省

一関市議会 2019-09-26 第71回定例会 令和元年 9月(第5号 9月26日)

厚生労働省では、2022年までは現状の9,419人を概ね維持することを提案しておりますが、以降は定員を減らす方向で検討をしております。  医師の偏在化が問題となり、医師養成の定員の中に地域枠を設け、その数の増員を図ってきました。  地域枠の人数は、2016年の403人から2024年には累計9,676人となる予定であります。  

一関市議会 2019-09-02 第71回定例会 令和元年 9月(第4号 9月 2日)

そのような中で医師充足度が全国最低の岩手県において、平成28年の厚生労働省の調査によれば、10万人当たりの医師数が、一関市は162.4人で全国平均の251.7人の65%、県平均207.5人の82%であるという医師の現状をどう捉えているか。  さらに、市内では東地区は81.1人、西地区は217.1人と2.6倍の医師の数の格差をどう捉えているのか。  

一関市議会 2019-09-01 令和元年第71回定例会 令和元年 9月 質問通告書

  婦人消防協力隊に支給されているのは、はっぴ等である   が、婦人消防協力隊は平時の活動も多岐にわたるため、   作業服を支給する必要があると考えるがいかがか伺う 2 一関市防災指導員の現状について   一関市防災指導員の現状と活動内容について伺う 3 医師確保について   岩手県は、厚生労働省

一関市議会 2019-08-30 第71回定例会 令和元年 9月(第3号 8月30日)

厚生労働省の調査では、地方で働く意思がある20代の勤務医は6割に上るそうでありますし、医師は人命を助けたいと思う気持ちの人が多いと推察いたします。  一関市出身の医師医学生に関する有益な情報を集めて訪問するなど、積極的に働きかけていくべきと考えます。  市民と一緒になって全市を挙げて取り組む姿勢や仕組みを構築すべきであろうと考えますが、いかがでしょうか。 ○議長(槻山隆君) 佐藤保健福祉部長

一関市議会 2019-08-29 第71回定例会 令和元年 9月(第2号 8月29日)

厚生労働省は、今月行われた高齢者介護予防推進に向けた有識者検討会に中間取りまとめ案を示しました。  最大のポイントは、高齢者が集まって運動や会食、趣味などを楽しむ通いの場を中心とした介護予防の取り組みの強化であります。  通いの場に参加している方は、効果はあらわれているが、一方課題では、参加者は65歳以上の高齢者全体の4.9%にとどまっていることであります。  

一関市議会 2019-06-28 第70回定例会 令和元年 6月(第5号 6月28日)

国民年金では、年間290億円、厚生年金210億円、合わせておよそ500億円が市民年金として自分の生活と地域にそれが落とされているということであります。  たしか、三、四年前の私の資料では、一関市市民所得が約3,050億円余りだったと記憶しております。  市民の総所得の15%、地域経済を支えるお金の15%ぐらいが年金のお金だというふうなことが言われております。  

一関市議会 2019-06-18 第70回定例会 令和元年 6月(第1号 6月18日)

本案は、厚生労働省令の改正に伴い、放課後児童健全育成事業に従事する放課後児童支援員の認定資格研修について、指定都市の長が実施する研修を追加するなど、所要の改正をしようとするものであります。  なお、保健福祉部長から補足説明させます。  次に、議案第48号、一関市火災予防条例の一部を改正する条例の制定について、提案理由を申し上げます。  

滝沢市議会 2019-03-20 03月20日-委員長報告・質疑・討論・採決-03号

環境厚生常任委員長報告、議案第15号の質疑、討論、採決 ○議長(長内信平君) 日程第8、議案第15号 滝沢市指定地域密着型サービス、指定居宅介護支援等、指定地域密着型介護予防サービス及び指定介護予防支援等の事業の人員、設備及び運営に関する基準等を定める条例を制定することについてを議題といたします。 

滝沢市議会 2019-02-27 02月27日-議案説明・質疑・討論・採決-01号

条例の新規制定議案であります議案第15号は所管の環境厚生常任委員会に、議案第16号は所管の産業建設常任委員会に付託することといたします。 その他の議案については即決とし、最終日である3月20日に審議することといたします。 請願についてでありますが、最低賃金の改善と中小企業支援の拡充を求める請願は所管の産業建設常任委員会に付託し、審査することといたします。