274件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

一関市議会 2019-12-09 第72回定例会 令和元年12月(第4号12月 9日)

○14番(岡田もとみ君) 日本共産党の岡田もとみです。  通告に沿って就学援助制度の拡充について、学校給食費の値上げ問題について質問をいたします。  初めに、就学援助制度についてです。  子供貧困家庭経済的困窮が大きく影響します。  一関市市民所得は253万円、県内14市の中でも10番目と低い位置にあることがこの間の菅野議員の一般質問でも明らかになっています。  

一関市議会 2019-12-06 第72回定例会 令和元年12月(第3号12月 6日)

○15番(菅野恒信君) 日本共産党一関市議団の菅野恒信でございます。  ことしも残すところ幾日もなくなりました。  間もなく恒例の京都清水寺の貫首がこの年を一文字で書く漢字が発表されるそうであります。  12月12日だとも聞いております。  森貫首が選ぶ文字は、ことしのどういうことをあらわすのか、私は注目をしているところでございます。  

一関市議会 2019-12-05 第72回定例会 令和元年12月(第2号12月 5日)

○25番(石山健君) 発言順番4番、日本共産党一関市議団の石山健です。  まず最初は、防災対策についてお伺いします。  先ほど前者の質問にもありましたけれども、世界の気象はかなり大きく変化をしております。  テレビでは連日報道されておりますけれども、100年に1度の熱波あるいは洪水が起こることなどを警告しております。  

一関市議会 2019-09-02 第71回定例会 令和元年 9月(第4号 9月 2日)

○15番(菅野恒信君) 日本共産党一関市議団の菅野恒信でございます。  3点にわたって質問いたしますので、よろしくお願いをいたします。  最初は、NECプラットフォーム株式会社一関事業所の土壌汚染についてであります。  8月5日に全員協議会があり、当局から重ねてNECプラットフォーム株式会社一関事業所の工場跡地を取得したいと会社に申し入れしたという報告がありました。  

一関市議会 2019-08-29 第71回定例会 令和元年 9月(第2号 8月29日)

○14番(岡田もとみ君) 日本共産党の岡田もとみです。  通告に沿って、市民の足としての地域公共交通の現状と課題について、ごみ焼却場の余熱活用施設の問題について、高齢者に対する補聴器の必要性について、以上3件について質問を行います。  初めに、地域公共交通についてお聞きします。  私たち日本共産党一関市議団は、8月6日から9日にかけて、全5地区で地域懇談会を開催しました。  

一関市議会 2019-06-24 第70回定例会 令和元年 6月(第4号 6月24日)

○24番(藤野秋男君) 日本共産党の藤野秋男でございます。  私の一般質問を行います。  最初に、公的機関である市役所市民課及び国保年金課の窓口業務や公金を取り扱う徴収業務、さらには水道料金の徴収業務についても民間に委託するということで、公募型プロポーザルの参加申し込みを受け付けております。  窓口業務は、市役所の顔であります。  

一関市議会 2019-06-21 第70回定例会 令和元年 6月(第3号 6月21日)

○14番(岡田もとみ君) 日本共産党の岡田もとみです。  通告に沿って、ごみ削減目標の具体策と新焼却施設の選定状況について、高過ぎる国保税の現状と軽減策について、10月から実施される幼児教育無償化の課題について、以上3件の質問をいたします。  初めに、ごみ減量の具体策と新焼却施設の選定状況についてお聞きします。  

一関市議会 2019-06-20 第70回定例会 令和元年 6月(第2号 6月20日)

○15番(菅野恒信君) 日本共産党一関市議団の菅野恒信です。  通常国会も間もなく会期末を迎えます。  老後は年金だけでは暮らせない、2,000万円、3,000万円の資産なり預貯金がなければ人並みの生活はできないという金融庁報告が大問題になっています。  先日新聞世論調査を見ますと、最近、景気が悪くなっているとの回答は50%を超えております。  

滝沢市議会 2019-04-25 04月25日-議案説明・質疑・討論・採決-01号

◆12番(桜井博義君) 議席番号12番の日本共産党、桜井博義です。私は、議案第1号 平成31年度滝沢市一般会計補正予算(第1号)に反対討論いたします。 まず、この事業は消費税増税に伴う低所得者、子育て世代への負担軽減措置であります。私たちは、消費税増税にそもそも反対しております。仮に増税になった場合の負担軽減対策としても、この方法には問題があると考えております。 

滝沢市議会 2019-03-20 03月20日-委員長報告・質疑・討論・採決-03号

◆12番(桜井博義君) 日本共産党の桜井博義でございます。会派代表しまして、平成31年度国民健康保険特別会計予算に反対の立場で討論いたします。 国民健康保険加入者は、全体的に減少になる中、高齢者の割合は高くなっております。この間の薬価や診療報酬の改定によって、医療給付費については減少気味に推移し、今後とも大きな伸びはないものと考えております。

一関市議会 2019-03-15 第69回定例会 平成31年 3月(第5号 3月15日)

○14番(岡田もとみ君) 日本共産党の岡田もとみでございます。  私は、会派代表して、議案第13号、平成31年度一関市一般会計予算、議案第14号、平成31年度一関市国民健康保険特別会計予算、議案第15号、平成31年度一関市後期高齢者医療特別会計予算、議案第23号、平成31年度一関市水道事業会計予算、以上4件について、反対の立場から討論を行います。  

一関市議会 2019-02-25 第69回定例会 平成31年 3月(第4号 2月25日)

○15番(菅野恒信君) 日本共産党一関市議団の菅野恒信でございます。  通告に沿って、きょうは2つのテーマで質問をいたします。  最初に子供に対する虐待問題について、次に安心して住み続けられる地域づくりについてでございます。  まず最初に、子供への虐待問題であります。  一関市における現状と対策について伺います。  

奥州市議会 2019-02-25 02月25日-06号

日本共産党は昨年11月1日、高過ぎる国民健康保険税を引き下げ、住民と医療保険制度を守りますと題する国民健康保険制度に関する政策を発表いたしました。高過ぎる国民健康保険税の大幅引き下げを提案する政策であります。その最大の眼目は、1兆円の公費負担増により国民健康保険税を協会けんぽ並みに引き下げるという、住民負担の抜本的軽減策を打ち出したことにあります。