417件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

一関市議会 2019-06-20 第70回定例会 令和元年 6月(第2号 6月20日)

今後一関公共職業安定などの関係機関と連携を図りながら、離職予定者の意向の把握に努めるとともに、早期に再就職ができるように、きめ細やかな支援をしてまいります。  また、市内の繊維工業の事業所数、それから従業員数についてお尋ねがございました。  経済産業省平成29年の工業統計調査によりますと、一関市内の繊維工業の事業所数は25社、従業員数は775人となっております。  

一関市議会 2018-12-10 第68回定例会 平成30年12月(第4号12月10日)

○商工労働部長(森本竹広君) 一関公共職業安定管内の主な業種求人数と求職者数についてでありますが、まず、一関公共職業安定が公表しております平成30年10月の産業別の新規求人数について、求人数が多い順に申し上げますと、卸売業、小売業が218人、医療福祉が153人、製造業が120人となっております。  なお、産業別の求職者数については、統計指標として公表されていないところでございます。  

一関市議会 2018-12-06 第68回定例会 平成30年12月(第2号12月 6日)

まず、北上製紙株式会社、NECプラットフォーム株式会社一関事業所の閉鎖についてでございますが、北上製紙株式会社及びその関連会社における離職者の再就職の状況については、一関公共職業安定によりますと、10月末現在で離職予定者126人のうち、一関公共職業安定に求職を申し込みした方は99人、そのうち、再就職が内定した方は71人でございまして、内定した割合は71.7%と聞いているところでございます。  

北上市議会 2018-09-12 平成30年度  9月 通常会議(第236回)-09月12日−03号

次に、当市の外国人労働者雇用状況についてでありますが、岩手労働局によると平成29年10月末現在で、岩手県内では733事業所で3,999人が雇用されており、北上公共職業安定管内では57事業所で311人の外国人労働者雇用されております。管内の外国人労働者の内訳は、在留資格別では技能実習が185人で全体の59.5%と最も高く、産業別では製造業の従事者が237人で全体の76.2%となっております。

一関市議会 2018-08-31 第67回定例会 平成30年 9月(第3号 8月31日)

また、骨太の方針2018によりますと、新たな外国人労働者の受け入れにおいては、きめ細やかな機能的な在留管理、それから雇用管理を実施する入国管理体制を充実強化するとされているところでございますので、市といたしましては、国の体制整備の状況について情報収集を行い、一関公共職業安定など関係機関と連携を図りながら、制度の趣旨に基づく活用がなされるように周知に努めてまいりたいと考えているところでございます。

釜石市議会 2018-06-19 平成30年  6月 定例会(第2号)-06月19日−02号

◆1番(千葉榮君) 昨年の6月議会において、私が釜石へのU・Iターン就職を希望する方と人材を求める企業とのマッチング支援についての質問に対して、当局は、市内各事業所においても、求職者に選ばれる企業に向けた取り組みを進めていただきながら、当市としても労働力確保に向け、釜石公共職業安定と県と連携しつつ、U・Iターンの一層の推進に取り組んでいくとの答弁でしたが、その後どのような取り組みを行ったのか、取り

宮古市議会 2018-06-11 平成30年  6月 定例会議-06月11日−02号

市では、宮古公共職業安定教育機関福祉関係事業所で組織するネットワーク会議に参加し、障害特性に関するセミナー等を実施いたしております。今後も関係機関と連携し、障害者雇用状況の改善に向け、民間企業への啓発に努めてまいります。  法定雇用率引き上げに伴う宮古市役所の対応につきましては、平成30年6月1日現在2.77%となっており、法定雇用率2.5%を上回っております。

花巻市議会 2018-03-15 花巻市議会 会議録 平成30年  3月 予算特別委員会-03月15日−03号

定例会において、人手不足ということがいろいろ話題にもなりましたが、一体この花巻地域の人手不足はどういうふうになっているのかと思っておりますので、職業安定所のことで恐縮なのですが、求人倍率等は花巻公共職業安定管内ではどのようになっているものかお聞きいたします。 ○委員長(照井省三君) 古川商工労政課長。 ◎商工労政課長企業立地推進室長(古川昌君) お答えいたします。  

宮古市議会 2018-03-08 平成30年  3月 定例会-03月08日−05号

本市におきましては、地元就職率向上に向けた取り組みとして、宮古公共職業安定や管内市町村で構成する宮古地域雇用対策議会において、高校生を対象にしごとメッセや事業所見学会を実施いたしております。  また、本年度は、普通高校である宮古高校を訪問し、地域産業についての説明会を実施し、進学後の就職を見据えた取り組みを行っております。  

花巻市議会 2018-03-07 花巻市議会 会議録 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月07日−03号

2点目、雇用対策に関する高校生の地元定着を促進する事業についてのお尋ねについてでありますが、雇用に関する事業の推進に当たりましては、花巻雇用開発協会が実施する事業への参画のほか、岩手県や花巻公共職業安定ジョブカフェはなまきとの定期的な情報交換を行い、雇用確保に向けた事業を推進するなど、高校生の地元定着に向けて関係機関と連携した取り組みを今後とも継続してまいります。  

宮古市議会 2017-12-19 平成29年 12月 定例会-12月19日−04号

岩手労働局から発表されました10月末現在の新規高卒者の就職内定状況につきましては、宮古公共職業安定管内の求職者が193人で、内定者が170人、就職内定率は88.1%となっております。これは、昨年と比べて2.3%増であります。  市内高校の管内企業への就職内定状況につきましては、12月5日現在、求職者が75人、内定者が73人、内定率97.3%となっております。

北上市議会 2017-12-14 平成29年度 12月 通常会議(第227回)-12月14日−04号

まず、人材不足に悩む企業への支援策についてでありますが、北上公共職業安定管内で職を求める方の数は減ってきており、企業にとって人材確保は、喫緊かつ重要な課題と認識しております。北上雇用対策議会では、求職者と求人企業をマッチングする合同就職相談会や求人企業の仕事や従業員への福利厚生などを知ってもらう説明会を開催するなど、求人企業への理解を深め、就業を後押しする事業を実施しております。

宮古市議会 2017-10-12 平成29年  9月 定例会-10月12日−07号

宮古市といたしましては、離職者に対しまして、あす13日に宮古公共職業安定岩手県など関係機関と合同で再就職支援制度について説明会を開催いたします。宮古市では、離職者に混乱が生じないように関係機関と連携し、離職者の希望に沿えるよう速やかな再就職について全力を尽くしてまいります。  また、会社はサンマの漁や市場の状況により、工場を再開できるよう努力したいといたしております。  

滝沢市議会 2017-09-21 平成29年  9月 予算決算常任委員会第3専門委員会-09月21日−決算審査−01号

相談の内容につきましては、職業相談室のほうで公表できないという、個人プライバシーといいますか、どのような相談内容なのかというところは公表されていないところですので、盛岡公共職業安定のほうから情報を得られていないというようなところとなってございます。  

北上市議会 2017-09-13 平成29年度  9月 通常会議(第225回)-09月13日−03号

外国人労働者雇用につきましては、北上公共職業安定管内では、平成28年10月末現在56事業所で244人が就労しており、平成27年と比較して4事業所59人が増加しています。  また、北上市に住民登録している外国人は、平成29年7月末現在502人で、この1年で約100人が増加しており、就労ビザでの転入がほとんどであることから、今後も外国人労働者はふえていくのではないかと予想されます。  

釜石市議会 2017-09-12 平成29年  9月 定例会(第4号)-09月12日−02号

障がいがある方の釜石市公共職業安定への登録は、平成28年度末時点で568人となっており、そのうち438人が就業中となっております。  年度ごとの就業人数の推移を見ますと、東日本大震災当時の平成22年度末は248人、23年度260人、24年度318人、25年度357人、26年度386人、27年度418人となっており、震災後6年間で190人増加しております。