運営者 Bitlet 姉妹サービス
47件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-05-18 雫石町議会 平成30年  5月 臨時会(第3回)-05月18日−議案説明・質疑・討論・採決−01号 ◆12番(大村昭東君) このような住民訴訟が次々と起こる要因、原因、何なのか、その背景、起こることの背景はどういうことなのか、そういったことも当然調査、分析しなければならないと思っておりますが、その辺のところはどうなっておりますか。 ○議長(前田隆雄君) 副町長。 ◎副町長(米澤誠君) お答えいたします。    もっと読む
2018-03-07 雫石町議会 平成30年  予算特別委員会-03月07日−01号 この弁護士報償金につきましては、現在裁判の継続中でございます網張温泉に係る住民訴訟の部分の成功報酬の部分を計上させていただいております。 ○委員長(横手寿明君) 4番。 ◆4番(岩持清美君) こういうふうに予算を一般会計当初予算に計上するということは、今年度中に決着がつくものと予想してのことでしょうか。 ○委員長(横手寿明君) 総務課長。 ◎総務課長(吉田留美子君) お答えいたします。    もっと読む
2018-03-06 雫石町議会 平成30年  3月 定例会(第2回)-03月06日−議案質疑・討論・採決−05号 今後再び住民から監査請求が提出されたり、住民訴訟に発展する可能性もあります。この先どのようなてんまつになるかもわからない状況でこの条例を議決することはやるべきではないと考えるものです。しっかりとした結論が出てからしっかり審議し、議決するべきものであります。   以上の理由により、この条例に反対いたします。 もっと読む
2018-03-01 雫石町議会 平成30年  3月 定例会(第2回)-03月01日−一般質問−04号 次に、瑕疵ある行政行為の再発防止策についてですが、網張温泉源泉整備事業に関しては、さまざまな疑義が生じ、住民訴訟に発展したことは非常に残念なところでありますが、補助金交付に関し、適法要件を欠いているかどうかについては、裁判の結果が出ているとおりであります。    もっと読む
2018-02-27 雫石町議会 平成30年  3月 定例会(第2回)-02月27日−一般質問−02号 さて、深谷町政2期目に入ってから次から次へと住民と議会から監査請求が出されたり、住民訴訟が起こされたりしております。これは、何を意味しているのでしょうか。言うまでもありませんが、行政は本来町民の福祉向上が目的のはずであります。 もっと読む
2017-12-11 雫石町議会 平成29年 12月 定例会(第9回)-12月11日−議案質疑・討論・採決−04号 この住民訴訟につきましては、地方自治法242条の2に基づく住民訴訟、第4号訴訟といった位置づけと捉えてございます。これの被告となる部分については、雫石町の執行機関が訴えられているといった訴状の内容でございます。ですので、雫石町長がその当事者になりますけれども、雫石町長が訴えられている訴訟の内容ということでございます。 ○議長(前田隆雄君) 町長。 もっと読む
2017-12-04 雫石町議会 平成29年 12月 定例会(第9回)-12月04日−一般質問−02号 また、網張温泉源泉整備事業に関しては、さまざまな疑義があるような事務の進め方といった部分に関して住民訴訟に発展したところでありますが、適法要件を欠いているかどうかは裁判の結果が出ているとおりであります。    もっと読む
2017-09-13 雫石町議会 平成29年  決算特別委員会-09月13日−01号 ただいまご指摘をいただいた網張温泉源泉整備事業に関しての補助金、反対給付ではないか、あるいは相手方に利益がある事業か、あるいは使途が明確かといった部分のご指摘について、これもさまざまな疑義があった中で住民訴訟に発展したといったところで捉えてはございます。また、私どもの解釈とすれば、それら指摘事項全てにおいて、特に法令に違反するような行為ではないという認識に立って裁判に臨んだわけであります。 もっと読む
2017-09-12 雫石町議会 平成29年  9月 定例会(第7回)-09月12日−議案質疑・討論・採決−05号 今回の裁判につきましては、まず住民訴訟ということでの裁判でございます。この住民訴訟につきましては、被告というものは地方公共団体の執行機関となっておりますので、これは町が負担すべきものと考えております。 ○議長(前田隆雄君) 8番。 もっと読む
2017-06-16 一関市議会 第61回定例会 平成29年 6月(第3号 6月16日) それで、もしも却下されて、次に住民訴訟という問題が出てきます。  そうしますと、ごみ行政の推進が、今現在の計画が、住民訴訟が終わってから、全部終わってから、どちらにしろ推進するのか、それとも住民訴訟が続いているうちに計画はやっていくのか、その点お尋ねしたいのですけれども。 ○議長(千葉大作君) 佐藤副市長。 ○副市長(佐藤善仁君) 繰り返しになりますが、ただいま監査中の事案でございます。   もっと読む
2017-03-24 奥州市議会 平成29年  3月 定例会(第1回)-03月24日−09号 今回の補正予算は、中町土地売却に係る住民訴訟の第1審に係る切手代等の実費相当分に要する費用について所要の措置をするものであり、歳入歳出それぞれ6,000円を追加し、補正後の予算総額を616億4,667万2,000円とするものであります。  補正の内容ですが、まず歳入でありますが、18款繰入金は6,000円を追加するものであります。   もっと読む
2017-03-10 雫石町議会 平成29年  3月 定例会(第3回)-03月10日−議案質疑・討論・採決−05号 これにつきましては、補助金返還の住民訴訟の事件の関係ですけれども、それの上告に対する対応ということで、弁護士の着手金という形で計上させていただきました。 ○議長(前田隆雄君) 4番、岩持議員。 ◆4番(岩持清美君) この裁判については、二審のときは私は反対しました。 もっと読む
2017-03-01 奥州市議会 平成29年  3月 定例会(第1回)-03月01日−03号 三大事案とは、奥州市水沢駅駐車場用地住民訴訟と胆沢統合中学校用地住民訴訟、そして今般の奥州万年の森における太陽光発電事業に関する調査特別委員会調査に関する3つの事案であります。   もっと読む
2016-12-12 雫石町議会 平成28年 12月 定例会(第7回)-12月12日−議案質疑・討論・採決−05号 給湯のストップといった部分のご心配でございますけれども、今網張温泉源泉整備事業にかかわっては係争中でございますけれども、その絡みといった関係からのご心配と思いますけれども、いずれ法的には私どもは何ら不具合のない補助金交付といった考えでございますし、あわせてありね山荘への給湯といったものも、それも休暇村協会との過去の取り決め、行政も入りながらの取り決めといった中身から給湯しているものであって、今回の住民訴訟関係 もっと読む
2016-12-12 一関市議会 第59回定例会 平成28年12月(第3号12月12日) ○副市長(田代善久君) 我々の理解でございますが、執行者が、例えば市長とか、そういう機関が訴えられた場合には、例えば、住民訴訟の場合なのですけれども、そういうふうなところに、今回の学院の部分で限定してお話しすると……。 (不規則発言あり) ○副市長(田代善久君) だけれども、なかなかこれは難しいのですね。   もっと読む
2016-12-06 雫石町議会 平成28年 12月 定例会(第7回)-12月06日−一般質問−03号 情報公開と行政の透明性についての2つ目ですが、住民訴訟による網張温泉源泉整備事業の裁判は、2年以上も前に一住民が行政手続の違法性を指摘したことから始まったものです。   二審の裁判費用は、予算として執行されましたが、係争中という一言で町の考えを議会や町民に伝えないのは、私は説明責任を欠いていることにならないかと考えます。 もっと読む
2016-09-26 一関市議会 第58回定例会 平成28年 9月(第5号 9月26日) 地方自治法第96条の第1項、同法第242条の2の解釈を当局は、当局並びに監査委員は、住民訴訟については執行機関、または職員を当事者とするものであるから、地方自治法第96条第1項第12号の規定は該当しないとされており、補助金の支出をめぐり現在係争中となっている住民訴訟については、被告となっているのは市(普通地方公共団体)ではなく、あくまで市長なので、議会の議決は地方自治法上必要ないものとされていると述 もっと読む
2016-09-21 奥州市議会 平成28年  9月 定例会(第3回)-09月21日−07号 また本件は住民訴訟中でもありますし、監査委員の決算審査意見書には、胆沢統合中学校の問題は教育委員会の問題ではなく全庁にかかわる問題として捉えるべきものとして、コンプライアンスの遵守と内部統制システムの確立を強く求めたところであると報告されています。  第2は、障がい者通所授産施設を初めとする社会福祉法人等に対する市有地の有償貸出し問題であります。 もっと読む
2016-09-06 雫石町議会 平成28年  9月 定例会(第5回)-09月06日−一般質問−03号 今回は、住民訴訟で第一審で補助金返還を請求するよう判決を受けた事件で町が控訴したわけですけれども、その際、担当の弁護士を変更したというふうに伺いました。その変更の理由は何か。さらに、最高裁への上告もあり得るのかお伺いしたい。   介護保険制度についてお聞きしたいことがございます。第6期介護保険事業の中で変わりました部分もある中で、次のことについてお答え願います。    もっと読む
2016-09-01 奥州市議会 平成28年  9月 定例会(第3回)-09月01日−04号 万年の森や統合胆沢中学校等の事例に見られる市の持つ課題でありますが、前者の万年の森は奥州万年の森における太陽光発電事業に関する調査特別委員会において調査中であり、後者の統合胆沢中学校の事案は住民訴訟が継続中であります。現段階におきましては、奥州市庁内検証本部による胆沢区統合中学校用地取得に係る事務処理検証結果報告のとおりと認識しております。 もっと読む