1069件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

一関市議会 2018-12-07 第68回定例会 平成30年12月(第3号12月 7日)

税の申告時に、身体等に不自由を来しているのに手帳がなかったり、介護保険制度を利用していなかったりして障害者控除を受けられない方が多いのではないでしょうか。  軽い身体的障がいのため家庭家族の方がお世話していて、障がいが重くなったので施設に申し込むために申請したら介護度が4、5だったという話をお聞きしております。  

滝沢市議会 2018-09-19 平成30年  9月 予算決算常任委員会-09月19日−決算審査−03号

具体的な支援に関しましては、包括支援センターの職員、または居宅介護支援事業所に委託を行って担当を決め行っているものですが、介護保険制度基本理念である尊厳の保持と自立支援の視点を大切にした支援を行っているものでございます。  以上です。 ○委員長(遠藤秀鬼君) ほかに質疑ございませんか。            

釜石市議会 2018-09-13 平成30年  9月 定例会(第3号)-09月13日−04号

                  〃   8 (1) 生活環境整備について           13番 細田孝子議員     (2) 教育行政について                  〃     (3) 福祉行政について                  〃     (4) 防災行政について                  〃   9 (1) 教育行政について             12番 坂本良子議員     (2) 介護保険制度

滝沢市議会 2018-06-19 平成30年  6月 定例会-06月19日−一般質問−03号

高齢者地域社会全体で支え合う目的平成12年にスタートしました介護保険制度なのですが、年々の急激な高齢化に伴い、過去に何度も制度の改正が行われてまいりました。平成30年度のことしもまた制度改正が行われ、サービス利用者の約3%の方が自己負担額が2割から3割になるとのことです。  

釜石市議会 2018-06-19 平成30年  6月 定例会(第2号)-06月19日−02号

定例会会議録 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−            平成30年6月19日火曜日 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−  議事日程 第2号    平成30年6月19日(火) 定例会          午後1時会議を開く 第1 本日の会議録署名議員の指名 第2 市政に関する一般質問   1 (1) 介護保険制度

紫波町議会 2018-06-08 平成30年  6月 定例会(6月会議)-06月08日−03号

介護保険制度はこのような場合、境界層措置が設けられておりますけれども、国の制度として整備を求めるとともに、町として減免措置を講じるようにできるか伺うものであります。よろしくお願いいたします。 ○議長(武田平八君) 熊谷町長。      〔町長 熊谷 泉君登壇〕 ◎町長(熊谷泉君) 細川恵一議員のご質問に答弁をしてまいります。  

紫波町議会 2018-06-07 平成30年  6月 定例会(6月会議)-06月07日−02号

今言った、地域孤立しない、地域で声かけ合える環境にするためにはどうしたらいいかということをちょっといろいろ検討しているわけですが、その中で一つ考えていることにつきましては、今、介護保険制度の改正絡みで、地域で自分たち住民主体で、自分たちで生活支援なりそういう介護予防なりをしていくというふうな仕組みをつくっていこうというところがあります。

紫波町議会 2018-03-26 平成30年  3月 定例会(3月会議)-03月26日−05号

国が進める介護保険制度では、町の裁量や努力にも限界があります。関わる職員の皆さんも、困難さを感じて現場をこなしているのではないでしょうか。  第7期の介護保険事業は、介護保険料の引き上げとサービス抑制が盛り込まれ、今までに増して高齢者介護をしている家族に負担を強いるものです。  よって、第31号議案に反対するものです。議員として、国に対してこのことを意見、要望を強めていきたいと思います。  

花巻市議会 2018-03-22 花巻市議会 会議録 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月22日−06号

この保険料軽減法制度は、介護保険制度がこうした公費投入でしか矛盾が解決しないところまで来たことのあらわれであり、制度的限界を示しております。国に国庫負担割合をさらに増やすことを求めると同時に、市もさらに一般会計からの繰り入れを行うべきであります。  また、介護予防・日常生活支援総合事業に対し、地域では人材確保の課題など地域負担を懸念する切実な声が上がっております。

滝沢市議会 2018-03-22 平成30年  3月 定例会-03月22日−委員長報告・質疑・討論・採決−03号

第7期計画は、今後ふえ続ける高齢者に住みなれた地域で暮らし続けるために介護保険制度を利用しやすく、特に予防支援を充実して健康に生きていける施策が求められていると考えております。本市においても軽度の認定者の割合がふえており、早期に利用することで要介護の重症化を防いでいることが実態でございます。  

紫波町議会 2018-03-20 平成30年  3月 予算決算常任委員会(3月会議)(2)-03月20日−04号

認定率の関係もありますが、いずれ今回の第7期の介護保険制度というのは、報酬改定もありましたし、第1号被保険者の保険料の上昇、あとは、そういったものも含めてですが、町内の介護保険を利用する皆さんの実態をやはりつかみながらやっていかないと、ただ法律で決まっている方という形で、給付費の関係もありますが、負担割合もありますが、その実態をつかんでいかないと、やはり利用されている方の、これから介護保険を利用する

滝沢市議会 2018-03-19 平成30年  3月 予算決算常任委員会-03月19日−予算審査・質疑・討論・採決−05号

健康づくりについては、今言った高齢者、なぜ高齢者と言うか、やはり高齢者が一番重要だと思っていますし、一方で介護保険制度もあって、そういったのとリンクさせながら、健康づくりも一緒になって取り組めればいいのかなと思っていますが、その点について伺います。 ○委員長(遠藤秀鬼君) 加賀谷企画総務部長。

宮古市議会 2018-03-19 平成30年  3月 定例会-03月19日−06号

また、「市内に事業所がなく、新設される可能性も低い事業を条例改正に盛り込む意味はあるのか」との質疑があり、当局からは「市民が本市の介護保険制度を利用して、市外の事業所を利用することもあり得る。そうした際に、条例に規定がなく利用ができないという不利益を被ることがないよう、条例を整備するものである」との答弁がありました。  反対の意見はなく、全会一致で原案可決すべきものと決定したところであります。  

一関市議会 2018-03-15 第65回定例会 平成30年 3月(第5号 3月15日)

議長(槻山隆君) 日程第41、発議第1号、介護保険制度の拡充強化を求める意見書についてを議題とします。  議案の朗読を省略し、提案理由の説明を求めます。  16番、千葉信吉君。 ○16番(千葉信吉君) 発議第1号、介護保険制度の拡充強化を求める意見書について、一関市議会会議規則第14条第1項の規定により、標記の意見書案を別紙のとおり提出いたします。  

紫波町議会 2018-03-12 平成30年  3月 議案審査特別委員会(3月会議)-03月12日−01号

総合的に今いろいろと制度があるわけですけれども、介護保険制度とか、障害者自立支援とか、高齢者、そういったものの制度にのったものでありますけれども、社会福祉事業ということがこの中で、制度の中で実施されているわけですけれども、この第二次の福祉計画というのが補完されるものなのかというものを、まず確認しておきたいと思います。  

紫波町議会 2018-03-09 平成30年  3月 条例審査特別委員会(3月会議)-03月09日−01号

◆及川委員 それでは、ちょっと解釈など質問させていただきたいと思いますが、まず、この基本方針のところなんですけれども、第4条のところ、言葉的なことなんですが、「要介護状態となった場合においても、利用者が可能な限りその居宅において」ということがあるので、第7期の介護保険制度そのままのことになるかなと思いますけれども、なるたけ自宅にいてということがここにちょっと書かれている、基本方針のところに書かれているので

花巻市議会 2018-03-09 花巻市議会 会議録 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月09日−05号

ところが、介護保険制度全体がそういう状況に追いついていかないというよりも、むしろサービスが削減されているということを言わざるを得ませんが、総合事業というのは、要するに介護給付から切り外してその経費を削減するという目的があるわけなのですが、市としてはそれをやらざるを得ないと、好むと好まざるとにかかわらずということはわかりますが、基金の活用などというのはなかったのでしょうか。

雫石町議会 2018-03-08 平成30年  予算特別委員会-03月08日−02号

長寿支援課長(志田透君) ちょっと私、西田委員さんがおっしゃっていることをちょっと正確に把握しかねておりましたが、例えば介護保険制度の中の地域支援事業なんかですと、その中のメニューで個別に国から義務的な取り組みを課せられているものもございますが、この地域包括ケアシステムの構築事業につきましては、繰り返しになりますが、基本的にはそういった国からの義務的な取り組みを、介護保険制度の中で義務的に取り組みを

釜石市議会 2018-03-07 平成30年  3月 定例会(第1号)-03月07日−03号

保健福祉部長千葉敬君登壇〕 ◎保健福祉部長(千葉敬君) 私からは、介護保険制度及び子育て支援についての御質問にお答えします。  まず、当市の現行の介護サービスが今後どのようになっていくのかとの御質問ですが、要介護者の介護サービスにつきましては、従来どおり国の基準に基づく介護サービスが実施されております。