運営者 Bitlet 姉妹サービス
3361件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-14 一関市議会 第68回定例会 平成30年12月(第5号12月14日) 指定管理の目的についてでございますが、市民センターを地域協働体が管理運営することによりまして、地域協働体の組織が強化され、地域の個性の創造や人材育成などに中長期的に取り組めるなど、持続的な地域づくりの取り組みが確保されることにあるとしているところでございます。   もっと読む
2018-12-10 一関市議会 第68回定例会 平成30年12月(第4号12月10日) 国税として森林環境税を徴収し、市町村と県に森林環境譲与税として入ってくるというわけですが、森林環境譲与税については平成31年度から自治体へ譲与されると、これにより森林を抱える山間部の市町村にとっては、これまでさまざまな課題で手入れができなかった森林における間伐や路網等の森林整備やこのための意向調査、境界画定、さらに森林整備を担う人材育成や担い手の確保を行うことができ、森林が少ない都市部の市町村では、 もっと読む
2018-12-07 一関市議会 第68回定例会 平成30年12月(第3号12月 7日) このことはまちづくりの原点でもあるとうたい、各分野でのリーダーとなる人材の育成、参画を促進するとしております。  よって、質問2点目でございますが、平成30年度施政方針より人材育成の施策推進について伺うものであります。  まず、1つ目でございますが、若者の地域定着を進めると述べておりますが、現状の認識はどうなっているか。   もっと読む
2018-12-06 一関市議会 第68回定例会 平成30年12月(第2号12月 6日) この森林環境譲与税の使途につきましては、市町村が行う間伐、あるいは人材育成、担い手の確保も含めてでございますが、それから木材利用の促進や普及啓発など、森林整備及びその促進に関する費用に充てるものというようにされております。  市といたしましては、当市の豊かな森林を有効に活用するため、現在、平成31年度の予算編成の中で事業や取り組みを検討しているところでございます。   もっと読む
2018-12-01 一関市議会 平成30年第68回定例会 平成30年12月 質問通告書 9 佐々木久助 (40分) 1 市民の意思表明の一つ、投票について  (1) ここ10年、投票率が下がっている現状をどう捉えている   か  (2) 平成29年3月策定の投票環境改善実施計画取り組み後   の総括は 2 平成30年度施政方針より、人材育成 もっと読む
2018-10-15 釜石市議会 平成30年 10月 臨時会(第4号)-10月15日−01号 このうち、今回1億8500万円ほどを基金の繰り入れということで活用したいというふうに考えておりますけれども、このラグビーこども未来基金につきましては、当初からスタジアムの建設に充てるということだけではなくて、将来の子供たちの人材育成とか国際交流、あるいはインバウンド対策とか、そういったものに活用していくということでいただいておりますので、この全額をこのスタジアム建設に充てるのではなくて、将来的な運営 もっと読む
2018-09-21 一関市議会 第67回定例会 平成30年 9月(第5号 9月21日) しごとづくりについては、新規高卒者を採用した企業の人材育成などに要した経費に対する補助による、若者の就職、職場定着への支援や、新しく事業を起こす女性や若者の起業支援、さらには貸し工場整備の拡充などに努めてこられました。   もっと読む
2018-09-13 釜石市議会 平成30年  9月 定例会(第3号)-09月13日−04号 現在、当市が行っている医療・介護人材の確保策ですが、まず医師の人材確保については、岩手県国民健康保険団体連合会市町村医師養成事業を活用し、医師確保に取り組んでおります。  この事業は、医師を目指す学生に就学資金を貸し付け、医師資格取得後に岩手県内での従事を促すものでございます。この制度を活用した養成医師は、今年度までに101人で、県内の医療機関で42人が勤務をしております。   もっと読む
2018-09-12 釜石市議会 平成30年  9月 定例会(第3号)-09月12日−03号 ただ、特徴的な事業として、取り組みといたしましては、コミュニティー会議独自で、地域の道づくり支援事業として生活道路の舗装ですとか、道路側溝の補修、あと水路の補修なども行っておりますし、広場やゲートボールの設置、あとカーブミラーの設置、ソフト事業といたしましては人材育成としてリーダーの養成事業、そういったものもこの交付金の中で行われているというようなことです。   もっと読む
2018-09-11 釜石市議会 平成30年  9月 定例会(第3号)-09月11日−02号 近隣市町村と比べた場合、当市の優位性は、復興道路及び復興支援道路の結節点に位置している地理的な点、岩手県内唯一のガントリークレーンを有し、外貿コンテナ定期航路が開設されている港湾機能がある点、岩手大学農学部食料生産環境学科水産システム学コース及び大学院総合科学研究科地域創生専攻による三陸水産業の復興を担う人材育成等が当市で行われることから、人材の供給拠点の一つとなる点などが列挙できますが、それらが同時 もっと読む
2018-09-03 一関市議会 第67回定例会 平成30年 9月(第4号 9月 3日) などあらゆる物事が根底から変わる歴史的な変革がもたらされると予測され、未来を切り開いていく子供たちには、身近なものにコンピュータが内蔵され、プログラミングの働きにより生活の便利さや豊かさがもたらされていることについて理解し、そうしたプログラミングを自分の意図した活動に活用していけるようにすることがますます重要になってくることや、グローバル化する国際社会において競争力を高めるために、ITやデジタル領域に強い人材 もっと読む
2018-09-01 一関市議会 平成30年第67回定例会 平成30年 9月 質問通告書 センター指定管理化について  (1) 市内34 の市民センター中、平成30 年4月1日現在14 の   市民センターが指定管理されているが、指定管理の目的は   何であるか伺う  (2) 職員採用面について     地域協働体が職員を採用することになるか     地域によっては人材 もっと読む
2018-08-31 一関市議会 第67回定例会 平成30年 9月(第3号 8月31日) 保育士の人材及び質の確保の問題については、無償化にかかわらず引き続き子育て支援員の研修や潜在保育士の復職支援の実施によって、保育に必要な人材の育成に努めてまいりたいと思います。   もっと読む
2018-08-30 一関市議会 第67回定例会 平成30年 9月(第2号 8月30日) なお、今回試算されたILCの最先端技術から派生する科学産業分野の発展、あるいは土木建設、物流などの直接的、経済的な波及効果以外にも、科学技術立国としての日本の存在意義やものづくり日本の再生、あるいは次世代人材の育成など、経済面にとどまらない間接的な面においても我が国全体に大きな影響を与えますことから、地元自治体においてもILCを学術のみならず、地域における産業、あるいは情報技術、人材育成などの観点から もっと読む
2018-06-22 一関市議会 第66回定例会 平成30年 6月(第5号 6月22日) まず、学校安全教育総合支援事業費の内容についてでありますが、この事業は文部科学省の委託事業であり、岩手県からの再委託を受け、まちづくり学習や地域防災に関する学習、被災地交流など実践的な活動を行い、地域の課題や防災に取り組む人材を育成しようとするものであります。  本年度は、これまでも地域と連携して防災教育に取り組んできている大原中学校が実践校として指定を受け、事業を実施するものであります。   もっと読む
2018-06-22 釜石市議会 平成30年  6月 定例会(第2号)-06月22日−05号 しかし、基礎資格、例えば高卒以上、教員免許を持っているなどという基礎資格を満たしていないため、受講できない支援員がいるということで、国が一律の基準を義務づけたために人材不足が深刻化されたということです。これを解消するために資格要件を拡大して、支援員不足に対応するという内容になっております。 ○議長(佐々木義昭君) 坂本良子君。 もっと読む
2018-06-21 釜石市議会 平成30年  6月 定例会(第2号)-06月21日−04号 ◎商業観光課長(藤井充彦君) 人材マッチング事業の具体的な内容ということでございます。  平成29年度、昨年度の人材マッチング事業の内容といたしましては、事業者向けと仕事をしていない方、それぞれにセミナーを開催したところでございます。 もっと読む
2018-06-20 釜石市議会 平成30年  6月 定例会(第2号)-06月20日−03号 現在はコンピューターを設置する業者の協力を得ながらさまざまなトラブルに対処しているところですが、迅速に対応するためには、各校に対応できる人材がいることが理想であります。教職員のコンピューターリテラシーの向上、対応できる人材の配置の検討など、可能なところから取り組みたいと考えております。  また、子供たちに身につけさせたい情報活用能力には、情報モラル、情報セキュリティに関する能力も含まれております。 もっと読む
2018-06-19 釜石市議会 平成30年  6月 定例会(第2号)-06月19日−02号 また、本計画では、元気な高齢者を初め住民が担い手として参加する住民主体の活動や、NPO、社会福祉法人、シルバー人材センターなどの多様な主体による多様なサービスの提供体制を構築し、地域づくりを推進するということですが、介護保険制度の改定で、要支援1、2の方が保険給付から外されたことで、そうした方々に対する新たな対応が行われていると思いますが、地域の中でどのような対応が行われているのかお聞きいたします。 もっと読む
2018-06-18 一関市議会 第66回定例会 平成30年 6月(第4号 6月18日) 消防団員の中から防災に関する指導的な役割を担うための指導員を確保、養成すること、自主防災組織の指導的役割を担う方の中から地域で率先して防災活動を実践する人材を育成することを目的に、消防本部が開催する養成講習を修了した方を認定しているものであります。  これまでの認定者数につきましては、平成27年度が16名、平成28年度が19名、平成29年度が35名、3年間で延べ70人を認定しております。   もっと読む