3653件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

金ケ崎町議会 2026-09-04 09月04日-01号

給水人口1万5,210人、給水戸数5,604戸で190戸増加となり、町全体の普及率は97.7%となっております。また、建設改良工事として西根西地蔵野地区ほか6地区配水管布設工事、三ケ尻十三本塚地区ほか2件で布設替工事を実施したところであります。 次に、日程第11、議案第25号 平成30年度金ケ崎下水道事業会計利益の処分及び決算認定についてであります。

大船渡市議会 2023-12-11 12月11日-02号

そしてまた、少子高齢化社会におきましては、生産年齢人口不足を補うとともに、人口減少対策一つとなり得ることから、健康寿命を延ばすことは重要な政策の柱であります。  一方で、健康づくり重要性は認知しているものの、具体的なアクションを行わない方も多く存在いたします。したがいまして、いかに無理なく健康づくりに誘導できるサービスを構築できるかが重要であります。  

金ケ崎町議会 2023-12-05 12月05日-01号

また、来年度以降の企業に伴う従業員数の増及び下水道利用世帯数の増につきましては、行政区域人口は、近年前年度比100人以上減少いたしております。しかし、世帯数は40戸増と、こういう状態で、世帯人員減少している傾向にありますので、1世帯使用量減少傾向にあります。そのため、従業員世帯の増の影響が大きな使用料増額にはならないと見込んでおるところであります。 

大船渡市議会 2023-09-11 09月11日-02号

私は、一人の候補者支援の中で、気仙地区人口減少について街頭で何回かお話ししております。これは、ともに考える、ともに理解する、ともに相互信頼という、私の一つ基本姿勢でもございます。さかのぼること昭和35年当時の気仙地区人口は9万2,000人程度でございました。昭和55年当時の人口は8万8,000人、35年と55年、20年間の差がございますが、この中で人口は4,000人しか減っておりません。

金ケ崎町議会 2023-06-05 06月05日-01号

3つ目普及計画策定時の予測の町の人口についてでございますが、下水道事業経営計画検討を実施した2016年度、これは平成28年度でございますが、その時点での2019年度町の予測人口は1万5,687人を見込んでいるところでございます。 4つ目下水道料金改定に伴うスケジュールについてでございますが、6月の町民懇談会説明、8月から9月にかけまして、下水道利用者を対象に地区説明会を行う予定でございます。

金ケ崎町議会 2021-09-09 09月09日-03号

この正職員をふやすということについては、どこの自治体も考え方としては人口減少、あるいはいろんな地域経済、あるいは生活状況の変化があると。そういう中で、役場だけではやり得ないという状況にあると。その役場だけというのは、行政サービスあり方について、役場が主体的にという部分と、地域あるいは住民の参加と、こういう時代に入ってきています。

金ケ崎町議会 2021-06-07 06月07日-03号

それで、これは住基人口、就労人口等の割合に応じて市町村に交付されるものでございます。社会保障分につきましても、人口割により算出されてくるものでございます。 以上です。 ○議長伊藤雅章君) 9番、千葉正幸君の質問は、既に3回になりましたが、会議規則第51条の規定により、特に発言を許します。 9番、千葉正幸君。 ◆9番(千葉正幸君) ありがとうございます。 

奥州市議会 2020-12-14 02月14日-01号

1.都市計画公共施設マネジメントについて (1) 都市計画について (2) 公共施設マネジメントについて市長2.指定管理者制度について   指定管理者制度の現状と課題について市長222番  菅原 明1.公共施設等総合管理計画について   公共施設等総合管理計画進捗等について市長2.放射能汚染関連について   放射能汚染とそれに伴う賠償等について市長312番  廣野富男1.医療行政について   人口減少

大船渡市議会 2020-12-12 12月12日-03号

(仮称)防災学習センターにつきましては、災害防災に係る学びの拠点として整備することとし、当市に甚大な被害をもたらした東日本大震災を初め、これまで過去に受けた災害の経験を次世代に語り継ぎ、防災減災に関する多彩な人材育成を図るとともに、被災地域への集客や交流活動を促し、交流人口の拡大を図りながら、地域活性化につなげる施設として整備を考えております。  

金ケ崎町議会 2020-12-06 12月06日-02号

また、業務委託で実施した民間開発事業者アンケート回答によるところの開発意向を踏まえながら、今年度から宅地開発指導要綱に定める宅地開発区域において、都市計画法第29条の規定による開発行為の許可を受けた一戸建ての分譲地開発を促進する目的で、金ケ崎民間宅地開発事業補助金交付要綱を制定し、良好な市街地の開発促進及び定住人口増加を目指しているところでございます。 

大船渡市議会 2020-09-06 09月06日-01号

当年度の事業経営は、給水人口減少などにより収益が減少したものの、震災復興事業進捗に伴い、資産減耗費が大幅に減少したことにより、前年度を上回る純利益を計上していますが、未給水地域解消浄水場施設の新設や施設整備維持管理等に多額の費用が見込まれるとともに、後年度の公営企業債償還等にも伴い、水道事業経営は厳しさを増すものと思われることから、今後の事業運営に当たっては、水道事業中期経営計画基本

滝沢市議会 2020-06-26 06月26日-議案質疑・討論・採決-05号

その中で、3年間ということで今回無償の貸付けの期間を設定させていただきたいと考えておるところでございますけれども、その3年間の中の事業計画につきましては、まずは様々物産特産品開発であったりとか、様々なイベントの企画であったりとか、あとは交流人口であったり、にぎわいといったところを軌道に乗せる期間であろうというふうに思ってございます。 

大船渡市議会 2020-06-25 06月25日-05号

商工課長小松哲君) こちらのほうは、国が東京圏への人口一極集中の是正及び市内中小企業等人手不足解消のための東京圏から市内へ移住し就業した方への経済的負担を軽減するための移住支援金を支給する事業ということで、国が入っております。もちろん岩手県では全市町村がこちらのほうを貸与しますし、全国一律で始まっている事業でございます。今後限定的に6年間実施するものでございます。  以上でございます。